よくあるご質問
仮想サーバ

お問い合わせフォーム

サービス全般について

Q. どのようなサービス提供形態ですか。
A.

ソフトバンクが用意する共用設備を仮想マシン単位でサービス提供いたします。

Q. サービスを運営するデータセンターはどこですか。
サーバはどこに設置されていますか。
A.

ソフトバンクが運営する日本国内のデータセンターにサーバを設置しサービス提供しております。

Q. サービスの提供範囲を教えてください。
A.

仮想マシン(Hypervisor)レイヤより上のゲストOS、ミドルウェア、アプリケーションはお客様側で構築、運用となります。ソフトバンクでは、仮想マシンレイヤまでの運用および保守を行います。ゲストOSについては、ライセンスはソフトバンクからご提供いたしますが、運用および保守はお客様の責任範囲となります。

Q. 「仮想サーバ」に最適なサービスはどのようなものですか。
A.

Webサーバ、メールサーバ、ECサイト、ケータイ向けコンテンツサイト、ゲームアプリケーションサーバなどでの導入実績があります。

契約について

Q. 最低利用期間は?
A.

1ヵ月間となります。(契約月の月額料金は無償となります。)

Q. 契約単位は?
A.

1仮想マシンからのお申し込みとなります。1契約につき最大20台までのお申し込みが可能です。

Q. ラック費用は基本料金に含まれていますか。
A.

基本料金に含まれております。

Q. サービスの利用開始までにどのぐらいかかりますか。
A.

オンラインによるお申し込み手続きの場合:オンライン申し込み完了後、数分~数10分程度で管理者様による設定が可能です。書面によるお申し込み手続きの場合:5~10営業日程度です。(オンラインでのお申し込みが不可のオプションサービスがありますので、ご注意ください。)

Q. 利用規約はありますか。
A.

ソフトバンクのWebサイトにて「データホスティングサービス契約約款」として掲載しております。 契約約款の「第5種データホスティングサービス タイプ2」として記載されております。

導入について

Q. 基本サービスには何が含まれますか。
A.

仮想マシン(CPU、メモリおよびディスク含む)、共用インターネット回線、共有ファイアウォール、グローバルIPアドレスおよび管理ポータルが基本サービスとなります。

Q. ミドルウェア、アプリケーションやシステム・インテグレーションは提供しないのですか。
A.

Webサーバやメールサーバなどのイメージを用意しております。こちらをご利用されると、早期立ち上げが可能となります。また、システム・インテグレーションにつきましては個別の対応となりますのでご相談ください。

Q. 開発環境はありますか。
A.

開発環境はご用意しておりません。
別途、開発環境用途としてご契約のうえ、使い分けをお勧めいたします。

Q. サービストライアルをしてみたいのですが、可能ですか。
A.

現在、トライアルでのご利用は承っておりません。1ヵ月単位でのご利用が可能となっておりますので、ご契約のうえ、動作確認をお願いいたします。

Q. 作成したサーバイメージを仮想マシンにアップロードして使用できますか。
A.

お持ち込みのサーバイメージはご利用いただけません。

仮想マシンについて

Q. リソースの変更は出来ないのですか。
A.

メモリの増設は可能です。メモリ増設の設定は、仮想サーバ停止後にメモリ設定の変更を行い、仮想サーバを再起動することで適用されます。CPUに関しては契約中の変更は承っておりません。

Q. 利用可能なOSは何ですか。
A.

CentOS5.4(64bit)、CentOS5.5(32bit/64bit)、CentOS5.6(64bit)、Cent OS 6.2(64bit)、Ubuntu10.4LTS(64bit)の各ゲストOSがご利用可能です。Windows Server 2008 R2 Standard Edition はオプションでのご提供となります。

Q. Windows OSを利用できますか。
A.

ご利用可能です。オプションによりWindows Server 2008 R2 Standard Edition(初期費用5,000円(税抜)、月額費用5,000円(税抜))をご利用可能です。
ソフトバンクにてゲストOSイメージを用意しておりますので、こちらをご利用ください。

Q. OSのアップデート対応はしてくれますか。
A.

お客様にてアップデート対応が必要となります。

Q. CGIやPHP、IIS、SSL証明書のインストール、RDBMSは利用できますか。
A.

ゲストOS以上のソフトウエアはお客様にて自由に設定変更および追加が可能です。

Q. 参照用DNSには何を設定すればよいですか。
A.

お客様にて任意のDNSサーバを設定してください。
ソフトバンクのDNSサーバを利用する場合は、以下のサーバをご指定ください。
プライマリDNSサーバ:143.90.130.165
セカンダリDNSサーバ:143.90.130.39

Q. 仮想マシンへの接続はどのように行いますか。
A.

仮想マシンへの接続はSSHもしくはRDP(Windowsオプションご利用の場合)がご利用可能です。

ネットワーク、セキュリティについて

Q. ネットワークは何が利用できますか。
A.

1Gbps共有型インターネット回線が基本料金に含まれています。また、閉域接続オプションをお申し込みいただくことで閉域網との接続が可能になります。

Q. 利用可能なネットワークセグメント数は。
A.

標準で1Gbpsの共有型インターネット回線網と対となるセグメントが1つ提供されます。また、閉域接続オプションをお申し込みの場合は、閉域網用のセグメントが1つ追加されます。

Q. 閉域接続オプションで利用可能な閉域種別は何ですか。
A.

「SmartVPN」、「IP-VPN」、「WideEthernet」がご利用可能です。

Q. コロケーションやvCloud DataCenterサービスとの接続はできますか。
A.

閉域接続オプションで構内接続(サーバ接続を前提とする)を利用することでデータセンター上のコロケーション※1および、「VMware vCloud®Datacenter Service」※1と直接物理ケーブル※2で接続することが可能です。

  • ※1
    2013年1月現在。データセンターの収容状況によって変更となる可能性があります。詳細は弊社までご確認ください。
  • ※2
    ソフトバンクのデータセンターサービスのオプションにて「構内接続ケーブル」を別途お申し込みください。
Q. 一つの仮想マシンで複数のグローバルIPを利用することは可能ですか。
A.

可能です。IPベースではなくnameベースでの対応となります。

Q. 仮想NICの帯域は?NIC1つとは1ポートですか。
A.

1Gbpsのベストエフォートとなります。NIC1つとは1ポートです。

Q. ファイアウォールの機能はどうなっていますか。
A.

内部セグメントと外部セグメントとの接続点に設置したファイアウォール機器上で、アクセスコントロール機能をご提供いたします。

  • 送信元アドレス、送信先アドレス、プロトコルの種別により各セグメント間における通信の許可、不許可の制御が可能です。UTM機能はありません。
Q. ファイアウォールはいくつまでどのようなポリシーを設定できますか。
A.

設定できるポリシーは1契約単位に最大5つまでとなっており、以下の中から制御できるプロトコルを指定可能です。

Q. 共有サービスはどのようなセキュリティ対策がとられていますか。
A.

複数の仮想化技術を用いてクラウドサービス基盤を構築し、プロビジョニングシステムにより全設備を集中管理しています。これにより他のお客様の環境から隔離されたセキュアな仮想化環境を実現しています。

  • ネットワーク仮想化
    Cisco社レイヤ2、レイヤ3スイッチにてお客様環境別の仮想LANを構築することにより、他のお客様の環境から隔離されたネットワーク環境を確保しています。
  • サーバ仮想化
    セキュリティ国際評価基準Common CriteriaのLSPP EAL 4+認定を受けたRedHat Enterprise Linuxを仮想化OSとして採用しています。
    また、いくつかのサーバ仮想化技術と比較して強固なセキュリティを実現するKVM(Kernel-based Virtualization Machine)を採用することにより、同一物理サーバ上の他の仮想マシンから隔離された環境を確保しています
Q. Webサーバのトラフィックの負荷分散(ロードバランス)はサービスに含まれますか。
A.

オプションによりロードバランシング機能をご利用可能です

  • 初期費用1,000円(税抜)、月額費用:1,000円(税抜)(1Virtual IPあたり)
Q. ロードバランサの負荷分散方式は。
A.

Least Connectionのみとなっております。

Q. ロードバランサの費用にはVirtual IP用のグローバルIPも含まれていますか。
A.

ロードバランサのオプション費用に含まれています。
Virtual IP用のグローバルIPおよびローカルIPが各1アドレスずつ含まれています。

Q. ロードバランサにSMTPの項目がないのですが。
A.

ロードバランサでのSMTPの対応はサービス仕様上ご利用できません。

Q. root権限はありますか。
A.

あります。

Q. ウィルス対策はどうすればよいですか。
A.

お客様にて実施をお願いいたします。

Q. 機密性のあるデータを伝送時や蓄積時に秘匿(とく)するための暗号化対策はありますか。
A.

仮想マシン上のデータ保護(暗号化対策)はお客様にて実施をお願いいたします。

管理者機能について

Q. 管理ポータルのファイアウォールポリシー設定で選択できるポート以外を選択することはできますか。
A.

管理ポータルで選択可能なポート以外を個別に開放することはできません。
選択可能なポート以外の通信を許可させる場合、ANYを選択してください。

運用、監視について

Q. SLA(Service Level Agreement)はありますか。
A.

SLAは定義しておりませんが、稼働率99%を目標としています。

Q. 運用監視用回線は別途必要ですか。
A.

お客様OS、ミドルウェア、アプリケーションの運用・監視はインターネット経由のみとなりますので、別途用意する必要はありません。

Q. サーバ本体、ディスクなど、物理サーバ・リソースの障害時、復旧目処はどの程度でしょうか。
A.

SLO 99%が目標値です。
計画停止を除き年間で最大3.65日程度までの停止が許容されるレベルです。

Q. 物理サーバ障害(停止含む)が発生した場合、どのように復旧されますか。
A.

物理サーバ設備に障害が発生した場合には、お客様の仮想マシンを停止させていただきます。
お客様は管理ポータルにて仮想マシンの状態をご確認可能です。
停止状態となっていますので、サーバイメージ適用(リストア)を実施ください。
その際に新しい物理サーバが利用されます。
物理サーバ障害時点の仮想マシンイメージファイルは保存されませんので、お客様が管理ポータルにて取得されたバックアップ、または初期OSイメージを適用することになります。

バックアップについて

Q. サーバのイメージバックアップとは何ですか。
A.

お客様が実装した部分も含めて仮想ノードのディスク領域すべてをイメージバックアップいたします。

Q. バックアップ領域に保存したイメージをダウンロードできますか。
A.

バックアップイメージはお客様にお渡ししておりません。

Q. 具体的なバックアップ、リストアの方法を教えてくれますか。
A.

バックアップはお客様にて任意のタイミングで実施可能です。
仮想マシンのバックアップでオフラインでのフルバックアップとなります。
バックアップ実行のため仮想マシンを停止する必要があります。
データは外部バックアップ用ストレージに保管されます。リストアもオフラインで実行されます。
バックアップ用ストレージオプションをご利用ください(初期費用:2,000円(税抜)、月額費用:2,000円(税抜))。

Q. バックアップオペレーションをソフトバンクに委託できますか。
A.

お客様にてお願いいたします。

ご利用に関して

Q. 仮想マシンへSSH接続できません。どうすればよいですか。
A.

    以下をご確認ください。

  1. SSH2に対応したクライアントソフトを利用していますか?
  2. お客様環境からインターネットに対してSSHの通信が制限されていませんか?※1
  3. 管理ポータルサイトのファイアウォールポリシーで許可した外部ネットワーク以外から通信していませんか?※1
  4. 仮想マシンへOSイメージ適用直後ではありませんか?※2
  • ※1
    2、3の確認のためSSH接続確認用のIPアドレス「210.175.78.136」へSSH接続ができることをご確認ください(なお上記、IPアドレスは予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください)。
  • ※2
    管理ポータル上からOSイメージ適用後、仮想マシンへ設定が反映されるまでに少々お時間がかかります。30分程度お待ちいただいてからサーバを起動してください。時間が経っても接続ができない場合は、サーバ停止・起動をお試しください。
Q. 仮想マシンへSSH接続中にシャットダウンしてしまいました。どうやって起動すればよいですか。
A.

管理ポータルサイトから対象サーバを起動することが可能です。

Q. 仮想マシンからインターネットへの通信ができないのですが、どうすればよいですか。
A.

以下をご確認ください。

  • 内部セグメントから外部セグメントへのファイアウォールポリシーは許可されていますか。
  • 仮想マシンに参照用DNSサーバは正しく設定されていますか。
Q. 参照用DNSはどうやって設定すればよいですか。
A.

/etc/resolv.confファイルに参照用のDNSサーバのアドレスを設定してください。(CentOSの場合)

Q. ワンタイムURLの有効期限が切れてしまいました。どうすればいいですか。
A.

ワンタイムURLを再発行しますので、以下よりお問い合わせをお願いいたします。

Q. 管理ポータルサイトにアクセスできません。どうすればよいですか。
A.

以下をご確認ください。

  • お客様ネットワークは正常でしょうか。(他Webサイトへアクセスできますか)
  • ご使用ブラウザは?(推奨はIE6およびFirefox3以上となります)
  • ログインIDは正しいでしょうか。
  • 管理ポータルのアクセスは、SSH~の契約番号が必要となります。
  • オンライン受付サイトで振り出されたIDではログインできません。
    解決できない場合には、お問い合わせください。

ホワイトクラウドオンライン

クレジットカード決済でかんたんお手続き

ホワイトクラウドオンライン

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

サービスパンフレットのダウンロード

資料ダウンロードフォーム

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • SmartVPN
      VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

    • セキュリティ
      ネットワークのセキュリティをトータルにサポートするサービスや、お客様側で設備を用意する必要のないクラウド型サービスなど、お客様のニーズにあわせてご提案いたします。

    • データセンター
      データセンターに直結したソフトバンクの高品質なネットワークサービスが利用できるだけではなく、モバイル接続、クラウドサービス、セキュリティサービスなどとの併用も可能です。

    クラウド関連情報

    よくあるご質問 仮想サーバ

    仮想サーバのよくあるご質問についてご案内しています。