Mapbox

ロケーションデータプラットフォーム

Mapboxは、革新的な人工知能(AI)とデータ分析技術を活用したリアルタイムに更新されるライブロケーションマップです。
世界中のライブロケーションデータをより早く、クールに表現するためのデータビジュアライゼーションの基盤を提供しています。開発者はこのプラットフォームを介し、IoTデータをはじめとした多様なロケーションデータを活用することで、新たなUI・UXをもたらすロケーションサービスの開発が可能となります。

次の時代における地図の重要性

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功には、リアルタイムのデータが重要です。
リアルタイムのデータを可視化し、地図上でビジュアル化することで、自動運転、 AI 配車、災害救護ロボットの自律走行といった5G・IoT時代の新たなソリューションが実現します。

リアルタイムな「位置情報」で、自律走行が可能に

  • 自動運転

  • ドローン飛行のための航空3D地図

  • 災害救護ロボットナビゲーション

「ヒト」「モノ」の情報をビジュアル化しDX基盤に

  • 自動車や建機等のルート・稼働管理を行う

  • 医療・感染状況をビジュアル化し対策を実施する

  • 地図上で消費者の動きをトレースし、販売戦略を策定する


Mapboxの地図開発プラットフォームなら
目的ごとにカスタマイズしたライブロケーションマップを作成できます

ロケーションデータプラットフォーム「Mabox」

MapboxはAPIやSDKを介して、グローバルマップ、リアルタイムでの交通情報・位置検索やナビゲーションなどさまざまなサービスを160万人を超える開発者に提供しています。
2010年の設立以降、CNN、Facebook、General Electric、IBM、Instacart、Lonely Planet、Porsche、Snapchat、Tableau、The Weather Channelなど、多くの企業に採用されています。

Mapboxを利用したサービスプラットフォーム例

企業におけるデータ分析用BIツール
ドローン会社との連携による高架道路情報の公開
互いの位置情報が把握できるSNSサービス
不動産サイトにおける建物の視覚化
衛星会社の雲を除外する画像処理
保険会社による資産把握

関連記事

Mapboxに関するお問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ