軽減税率対策補助金について
クラウドPOS

クラウドPOSは複数税率に対応し、中小企業庁による消費税軽減税率対策補助金制度の対象サービスに指定されました。詳しくは専用ページをご確認ください。

軽減税率とは

軽減税率とは、2019年10月から予定される消費税増税に伴い検討されている制度で、一定の対象品目の課税率を他品目に比べて低く設定する事で消費者の税負担を軽くする事を目的とする制度です。
予定されている対象品目は、(1)酒類・外食を除く食料品および(2)週2回以上発行される新聞の大きく2つとなります。詳細は国税庁のホームページをご確認ください。

軽減税率対策補助金とは

軽減税率対策補助金とは、中小企業・小規模事業者等消費税軽減税率対策補助金(以下、補助金)という名称で、消費税軽減税率制度の導入に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者等に対し、複数税率対応レジの導入や改修、受発注システムの改修等に要する経費の一 部を補助することにより、導入準備が円滑に進むよう支援する制度です。詳細は中小企業庁のホームページをご確認下さい。

対象企業様

中小企業支援法に規定する中小企業者等 (詳細は規定を参照)

補助金概要

登録区分:A-3型(タブレットPOSレジ)
補助金
対象別比率 タブレット等: 1/2
付属機器及び対象サービス導入費:2/3
上限金額 1レジシステムあたり:200,000円
1企業あたり:2,000,000円
  • 上記金額以外に機器料金やタブレット購入費用等も対象となります。お客様のご要望構成によって補助金全体金額も異なりますので、ご検討の際はお問合せ下さい。

クラウドPOSと軽減税率対策補助金

クラウドPOSは本補助金の対象サービスとして登録が完了しております。現在対象のプランはLiteプラン、Standardプランとなります。

例)初期費用
Liteプラン 初期費用 60,000円
補助金 40,000円
Standardプラン 初期費用 100,000円
補助金 66,666円

お問い合わせ

軽減税率対策補助金に関するお問い合わせはこちら

補助金申請サポートフォーム

クラウドPOSに関するお問い合わせはこちら

クラウドPOSに関するお問い合わせ

クラウドPOS

クラウドPOSのカテゴリ

法人サービス > クラウド > SaaS > クラウドPOS > 軽減税率対策補助金について

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    クラウド関連情報

    軽減税率対策補助金について POSレジサービス「クラウドPOS」 SaaS

    ソフトバンクのPOSレジサービス、クラウドPOSの軽減税率対策補助金についてご紹介します。