マネージドyarai
ゲートウェイ

マネージドyarai

「マネージドyarai」は、標的型攻撃に特化したプログレッシブ・ヒューリスティック技術で未知の脅威に対抗する日本発の次世代セキュリティ製品です。ソフトバンクは、MSS(マネージドセキュリティサービス)をセットにして月額サービスをご提供いたします。

お問い合わせフォーム

プログレッシブ・ヒューリスティック技術の特長

  • 従来型のパターンマッチングに一切依存しない
  • 攻撃の進化を先読みして進化し続ける先読み技術

マネージド yarai は「完全振る舞い検知型」で標的型攻撃に対抗

  • 純国産技術で開発した製品。官公庁、メーカ、重要インフラ企業などで多数の採用実績
  • 先読み技術により、未知のマルウェア、0-day脆弱性攻撃を防御可能
  • エンドポイントで多層防御を実現する5つのエンジン
  • ランサムウェアに特化した検知ロジックを搭載
  • 豊富なリアルタイムでの防御実績
  • エンドポイント数に応じた月単位でのご利用
  • マネージドセキュリティサービス(MSS)で運用負荷も軽減

マネージドyaraiとは

標的型攻撃で利用される未知の脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化した次世代のエンドポイントセキュリティ

標的型攻撃は、単なるウイルス攻撃ではなく特定の標的を狙ったハッキング行為であり、一般的なウイルス対策技術では防御が困難です。 FFR yarai では、標的型攻撃で最初に狙われる一般のクライアント端末上にある複数の対策ポイントに着目し、それぞれのポイントに最適な検出・防御技術を用いることで攻撃プロセスを遮断し、標的型攻撃の脅威から情報資産を守ります。
また、マネージドセキュリティサービス(MSS)は管理者様の運用負荷を軽減、契約は月額単位で利用したエンドポイント数にてご請求いたします。

  • 個人情報、機密情報を取扱うお客様
  • 標的型攻撃や未知のウイルス攻撃からの情報の漏えいを防ぎたいお客様
  • 端末数の増減があるため、年間での契約が負担になるお客様

これまでの対策とFFR yaraiの違い

標的型攻撃は、単純なウイルス攻撃ではなく、特定の標的を狙ったハッキング行為です。標的型攻撃に対抗するためには、従来型の攻撃ではすり抜けてしまう標的型攻撃に特化した対策を進める必要があります。

これまでの対策とFRR yaraiの違い

アンチウイルスソフト IDS/IPS パッチ管理 FFR yarai
既存のマルウェア ×
既知の脆弱性
未知のマルウェア ×
未知の脆弱性 × ×
  • 一般的なセキュリティソフトを対象としています。

特定の組織団体に対して個別に作成される標的型攻撃マルウェアの場合、攻撃の事実が表面化しにくく、アンチウイルスベンダーの対応も遅れがちです。標的型攻撃対策は後追い型のパターンファイルマッチングに依存しない先読み技術が有効です。

FFR yarai の防御手法

FFR yarai は、従来型のアンチウイルスソフトとは異なります。

FFR yarai の防御手法

FFR yarai の5つの振る舞い防御エンジン

FFR yarai は、パターンファイルに依存せず、5つのエンジンで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析、 既知・未知に関わらず、マルウェアや脆弱性攻撃を高精度で検知・防御します。

yarai の5つの振る舞い防御エンジン

マネージドyarai ランサムウェア対策

国内外でファイルを暗号化して身代金を要求する「ランサムウェア」による被害が急増
感染手口や機能が高度・巧妙化してきている現状を踏まえ、ランサムウェアに特化した検知ロジックを搭載

ランサムウェア対策

  • DLL Infectionの危険性がある「DLL形式マルウェア」を検知
  • 静的解析をすり抜ける「難読化マルウェア」も振る舞い検知
  • 暗号化が実行される前の振る舞いで防御する事で実害発生を阻止

マネージドセキュリティサービス(MSS)

標的型攻撃や脆弱性を利用した攻撃から、お客様のPCを防御する次世代型エンドポイントセキュリティ製品「FFR yarai」の運用管理を代行いたします。
初期導入時のセキュリティポリシー作成を実施いたします。また、yarai管理サーバの運用管理、インシデント発生時におけるお客様へのご連絡や対応、問い合わせ、ポリシー設定変更、レポート(年2回)など、様々なサービスをご提供し、システム管理者様の負担を軽減いたします。

提供するサービス

  • 管理サーバ運用サービス
  • 簡易分析サービス
  • 検知ポリシー修正・配布サービス
  • レポートサービス
  • FFR yaraiバージョンアップサービス
  • ライセンス管理・報告サービス
  • 問い合わせ対応サービス

マネージドセキュリティサービス(MSS)

サービス提供時間

サービス対象 サービス概要
サービス時間帯 受付 メール:24時間365日
電話:平日9時から18時 (土日祝日・年末年始12/30〜1/4を除く)
運用 平日9時から18時
(土日祝日・年末年始12/30〜1/4を除く)
  • 24時間365日対応をご希望のお客様はオプションにてご対応いたします。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

対応OS 32ビット 日本語版 x86アーキテクチャ
Windows 7: Starter, Home Premium, Professional, Enterprise, Ultimate
Windows 8: Core, Pro, Enterprise
Windows 8.1: Core, Pro, Enterprise
Windows 10: Home, Pro, Enterprise, Education
Windows Server 2008: Standard, Enterprise, Datacenter
64ビット 日本語版 x64アーキテクチャ
Windows 7: Starter, Home Premium,Professional, Enterprise, Ultimate
Windows 8: Core, Pro, Enterprise
Windows 8.1: Core, Pro, Enterprise
Windows 10: Home, Pro, Enterprise, Education
Windows Server 2008: Standard, Enterprise, Datacenter
Windows Server 2008 R2: Standard, Enterprise, Datacenter
Windows Server 2012: Standard, Datacenter
Windows Server 2012 R2: Standard, Datacenter
CPU Intel Pentium 4以上のx86/x64互換プロセッサ
搭載メモリ 1GB以上
HDD空き容量 500MB以上
ファイルシステム システムドライブ及びyaraiインストールドライブは NTFS 必須
必要なサービス Workstation サービス、Task Schedule サービス、
Windows Management Insurmentation サービス

料金

ライセンス月額費、別途管理サーバ構築、運用費、初期導入のポリシーチューニング費用がかかります。 詳細は、Webサイトからもしくは弊社営業担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ゲートウェイ

ゲートウェイのカテゴリ

法人サービス > クラウド > ゲートウェイ > マネージドyarai

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • SmartVPN
      VPN設計を簡略化し、お客様のニーズに応じた柔軟な構成を実現。クラウドサービスとシームレスに接続可能です。

    • IP-VPN
      専用線に匹敵する高度なセキュリティを低コストで実現、高い信頼性と豊富なオプションサービス、多彩なアクセス手段を備えた閉域網(IP-VPN)サービスです。

    • IaaS
      ハードウェアやネットワークなどの基盤を、インターネットや閉域ネットワークを経由して利用できるIaaS(Infrastructure as a Service)です。

    クラウド関連情報

    マネージドyarai クラウド ソフトバンク

    「マネージドyarai」は、標的型攻撃に特化したプログレッシブ・ヒューリスティック技術で未知の脅威に対抗する日本発の次世代セキュリティ製品です。