株式会社TATERU

全社のPCと一部サーバに「Cybereason」を導入。脅威を可視化し、未知の脅威へ対するセキュリティを強化

お客さま
株式会社TATERU

課題
セキュリティ強化

業界
不動産・住宅

組織の規模
101~500人

導入サービス
Cybereason

株式会社TATERU(以下、TATERU)は不動産に特化したプラットフォームの開発・運営、クラウドサービスの提供をしており、賃貸アパートを中心に、AIを活用したアパート経営プラットフォーム「TATERU Apartment」や賃貸住宅をIoT化する「Apartment kit」の開発、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU Funding」などを展開しています。ユニークな事業内容で業績を伸ばしてきた同社ですが、注目を集める一方で、年々多様化するサイバー攻撃によるリスクが高まっていました。以前よりUTM(Unified Threat Management)機能やファイアウォールなどによるネットワークセキュリティ対策、アンチウィルス製品によるエンドポイント対策など手を打ってきましたが、高度化する攻撃に対応できるセキュリティ体制を目指し、全社のPCと一部サーバへ「Cybereason」を導入しました。マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)も同時に契約することで未知の脅威を即座に発見、対処可能になりました。

課題


高度化するサイバー攻撃の対策にエンドポイントでの検出と対応が可能なソリューション(EDR)の導入を検討していました。

効果


「Cybereason」の導入で、エンドポイントに侵入した未知の攻撃を即座に検知・対処可能になりました。

課題


EDRの中でも、リスク侵害の状況をモニタリングできるソリューションを求めていました。

効果


「Cybereason」の管理画面からエンドポイントの状態を常にモニタリングできるようになり、侵入後の脅威に対する不安が払しょくされました。

事例の続きはPDFダウンロードにてお読みいただけます。

導入のポイントやお客さまの声など、続きはPDFでご覧ください

  • 掲載内容は2018年8月現在のものです。

導入事例のサービスに関するご相談はこちらからお問い合わせください