【鉄道DX】「踏切IoTソリューション」が全国3万の踏切をネットワークでつなぐ

現在日本国内には約3万3000カ所ヵ所の踏切が点在している。踏切の「保守」の効率化は鉄道業界にとっての長年の課題だ。そんな鉄道業界の課題に向き合うべく、ソフトバンクは九州旅客鉄道管轄の踏切で「踏切IoTソリューション」の実証実験を行った。同プロジ…

Azure上に作成した仮想マシンのディスク拡張方法

本記事では、Azure上に構築した仮想マシンのディスク拡張の手順をご紹介します。クラウドサービスの大きな利点の一つであるリソース拡張の容易さを、皆さまに少しでも実感していただけますと幸いです。

ニューノーマルとは?2021年の働き方とビジネスの行方

新しい生活様式「ニューノーマル」が、人々の生活に大きな変化をもたらしている。企業においてもテレワークやDXの推進、オンラインへのシフト、事業継続性の高い経営の重視など、変化を迫られている。本稿では、ニューノーマルで起こったビジネスの変化と、…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

【DX塾:医療】2030年の医療を予測する3つのキーワード「多角化」「個別化」「主体化」

AI、IoT、5G、ロボティクス。医療はテクノロジーによって、今、大きく変わろうとしている。「医療4.0」の著者であり、医療DXの最前線で活動する加藤浩晃氏に、医療DXの現在地と未来について伺った。

企業の成長に不可欠なリスク管理

多様化し激化するサイバー攻撃や地政学的リスクなど、企業活動をするうえでのリスクはさまざま。どのようなリスクがあり、それに対してどう対策すればよいのか。今回は企業が競争力を維持し、成長するためのリスク管理について考えます。

スマートファクトリー国内事例10選 【2021年版】

スマートファクトリーとは、AIやIoTなどのデジタル技術を活用した、生産性が高く効率的な工場のことである。日本でも、企業がものづくりのDXを進めており、生産性の向上や、品質の改善、コスト削減に成功している。本稿では、スマートファクトリーの全貌をあ…

ビジネスアプリケーションの種類やメリット・デメリットを知って、業務効率化に活用しよう

ビジネスアプリケーションを活用して業務効率化につなげるには、機能や使いやすさをよく吟味して、自社に合うものを選ぶことが重要です。ビジネスアプリケーションの概要やメリット・デメリット、主な種類を知った上で、選定のポイントを探りましょう。

サイバー攻撃の種類や事例、有効な対策について解説

サイバー攻撃の手口が多様化し、件数や規模も拡大しています。自社を脅威から守るには、サイバー攻撃とは何かを理解し、有効なセキュリティシステムを導入する必要があります。サイバー攻撃の主な種類や最近の動向を確認したうえで、対策の方法について考え…

全ての子どもたちに「1人1台の情報端末」と「1人1つの県域公用アカウント」を付与。なぜ、奈良県の教育ICTはここまで進んだのか?

小中学校に1人1台のタブレット端末を提供し、実践的なICT教育を実現する「GIGAスクール構想」。各自治体で本格的に進められているが、自治体ごとに進捗の差が生まれている。 こうした中で先進的な取り組みをしているのが奈良県だ。奈良県教育委員会で学校現…

【初心者向け】情報銀行とは? パーソナルデータを預けると何が起こるか

情報銀行とは、パーソナルデータを集中管理しデータを必要とする外部の事業者に対して提供する、という新しい事業である。個人にも企業にもメリットは多いが、リスクや課題も少なくない。新たなパーソナルデータの管理・利用の実態を理解し、安全に利用して…

Azure API Managementを触ってみた!

本稿ではAzure API Managementの紹介と構成例を元にした検証結果をお伝えします。

【2021年最新版】事例に見るIoTの最新情報

新しい時代の生活様式やビジネスモデルの創出という観点で、IoTは重要なキーワードです。多くの企業が取り組みを進め、自社の課題解消を目指しています。政府もあと押しをするなか、加速されるIoTへの取り組み最新情報を確認しておきましょう。

教育業界の課題とそれを解決するDX

人との触れ合い、直接的な対話、経験が人を育て、成長させると考えられてきた日本における教育は、新しい時代に対応する時期を迎えています。教育現場の課題を解決するためのDX導入は、どのような学びと環境を実現するのでしょうか。本稿では現状と事例を交…

GOVTECH国内事例8選【2021年最新版】

GOVTECH(ガブテック)とは、「Government(政府)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語であり、行政サービスの利便性や効率を向上させるためにデジタル技術を活用する取り組みのことを言う。本稿ではGOVTECHの国内事例を紹介し、日本のGOVTECHの現…

建設業界の人手不足を解消するDXとは

労働人口が減少するなか、市場拡大の傾向しなる建設業界では、いくつもの課題に直面していますが、課題を解決する手段としてはDXへの取り組みが有効です。本稿では建設業界が直面する課題を確認し、解決への取り組みについて事例を交えて考えます。

ラジコンの“Futaba”とソフトバンクが実現する「ドローン前提社会」

双葉電子工業とソフトバンクは、LTE対応の通信モジュールとセンチメートル級の高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応した国産ドローンの共同開発プロジェクトを開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表している。同プロジェクトで開発す…

Azure Synapse Analyticsはじめの一歩

本稿では、パブリッククラウド移行理由の一つになることが多い、「データ活用」の一翼を担うAzureサービス「Azure Synapse Analytics」について、サービスの概要やマイクロソフト社のドキュメントを利用した簡単な環境構築方法について説明します。

【事例】先進的なAIサービスを展開するSENSY株式会社のGoogle Cloud 活用方法とは

(2021年3月2日 掲載) 現在、AI開発においてクラウドプラットフォームの存在は不可分となっている。プラットフォームを選択する際には、めまぐるしく変化するビジネス環境に機敏に対応できる柔軟性が鍵を握る。“感性を学習するAI”を提供するSENSY株式会社は…

全ての小中学生に1人1台の端末。GIGAスクール構想の先に愛媛県新居浜市が掲げる「個別最適化」した教育

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」。タブレットやPCを学校教育の場に導入する「学校版DX」がコロナ禍の今、早期実現を求められている。いち早く端末の整備に取り掛かり、端末の配付を完了し、着実に改革のプロセスを進めているのが愛媛県新居浜市…

DXで医療現場はどう変わる?

日本では国民皆保険制度によって必要な人が必要な医療を受けることができますが、一方で少子高齢化を背景にした医療の地域格差、デジタル化の遅れといった問題を抱えています。医療業界の課題や最近の動向を確認したうえで、医療業界におけるDXの可能性を探…

採用担当者必見!オンライン採用に必要な準備と成功させる7つのポイント

多くの企業が活用を始めているオンライン採用。導入するには、そのメリットと成功させるためのポイントを理解することが重要です。オンライン採用の課題や準備について、また、新たにAIを活用した自動面接サービスについても紹介します。

グループウェアリソース管理アプリ「Provii!!」にて、オンプレミスからGCPへの移行事例

株式会社フライトシステムコンサルティング様にてサービス展開されている、オンプレミスで稼働されていたグループウェアリソースの管理アプリケーション”Provii!!”(プロビー)でのGCP への移行事例をご紹介します。

「アジャイル型組織」に必要な人材育成とは?

変化の多いデジタル時代には、迅速な対応ができる「アジャイル型組織」が適しているといわれます。組織変革を図るには、自律的な人材を育成し、チャレンジを促す組織文化を醸成していかなければなりません。アジャイル型組織の概要と必要とされる人材の育成…

DXによる社会課題解決でソフトバンクらしくSDGsに貢献する

ソフトバンクは、「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中を」というコンセプトの下、SDGsの達成に向けた6つのマテリアリティ(重要課題)の1つに『DXによる社会・産業の構築』を掲げている。その取り組みについて、同社の今井康之副社長に聞いた。

【DX塾:人事】「データ」が「目」となり、人事制度は全ての社員に最適化される

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社で組織人事コンサルタントとして活躍する吉田尚秀氏を講師に招きHR領域のDXについて伺った。

中小企業のためのテレワーク導入ガイド

新しい生活様式に適した働き方として、テレワーク導入は早急に実現すべき課題です。一方で、導入はしたいけれど、それを阻む壁があるという声も聞こえます。今回は一般的に導入を阻む壁とその解決策を確認し、活用できる助成金や補助金も紹介します。

「生産プロセス革新」事例:三井住友建設 作業員の位置情報をフル活用 クラウドベースのデータ活用の仕組みで「建設生産革命の実現」を目指す

(2021年2月10日 掲載) あらゆる業界で急務となっているデジタルトランスフォーメーション。建設業界においても、各社が様々な施策を展開している。中でも「建設生産プロセスの変革」を基本方針の1つに掲げる三井住友建設は、先進的な取り組みを進める企業…

【解説】エッジコンピューティングとは?初心者編

分散型アーキテクチャ「エッジコンピューティング」が注目を集めている。低レイテンシ、ネットワーク負荷の軽減、セキュリティ強化などの特性がIoTの課題を解決できると期待され、製造業や農業、小売業など幅広い分野で活用が進んでいる。本稿では、そんなエ…

ゼロトラストとは?2021年に学ぶべき次世代セキュリティモデル

次世代のセキュリティモデルとして「ゼロトラスト」という概念が注目を集めている。クラウドやテレワークの利用が進む現代のビジネス環境において、ゼロトラストモデルの導入はセキュリティの重要なポイントとなる。本稿では、ゼロトラストの概念について、…

ニューノーマル時代におけるコールセンターの役割とは

ニューノーマル時代において、コールセンターはどのような役割を担うべきなのでしょうか。人材不足、業務の煩雑さなど、さまざまな課題を抱えたコールセンターが転換するためのヒントを紹介します。

「VANTIQ」の“リアルタイム”データ処理が、豊かな未来の基盤になる

私たちの思い描く「ビッグデータにより最適化された都市」を実現するには、個別のIoTセンサーやAIによる処理能力はもちろんのこと、あらゆるデータ・システムを連携させ、リアルタイムで処理できるデータプラットフォームの存在が不可欠だ。 竹芝地区のスマ…

コロナ禍で加速した、大正大学のスマートユニバーシティ構想

大正大学では、大学教育、研究活動、キャンパス運営にテクノロジーを活用するスマートユニバーシティを目指し、ソフトバンクとDXに取り組んでいる。 同校のDXプロジェクトについて大正大学とソフトバンクのプロジェクトメンバーに話を聞いた。

和歌山県白浜のリゾートホテルが目指す、デジタルシフトによるニューノーマル

白浜町のリゾートホテル「ホテルシーモア」がコロナ禍をきっかけに導入したソリューションを通じて、総支配人の中峯 宏氏に同ホテルのデジタルシフトへの取り組みについて話を聞いた。

ワーケーション誘致の先にある、和歌山県白浜町の「シラコンバレー」構想

本記事では、和歌山県の主催で「地方DXを考える」というテーマで開催されたソフトバンクによるワークショップの様子を紹介しつつ、白浜町の取り組みから、デジタルシフトによる地方創生の最前線を紹介する。

人材不足解消につながるデジタル技術とは

少子高齢化が進む日本においては、多くの業種で人材不足が大きな課題になっています。今回は5つの業種に着目して、それぞれの現状、人材不足を招いている原因と影響を探り、解決策としてデジタル化の有効性を確認していきます。

ニューノーマル時代に求められるマネージメント層の人材育成とケア

ニューノーマル時代を迎え、組織運営には新たな課題が生じています。課題解決のために、マネジメント改革とそれを担うマネジメント層の育成が求められています。テレワーク下で必要となるスキルや施策を確認しながら、マネジメント層への教育とケアについて…

シェアリングエコノミーとは?その概要と事例について解説

近年、新しいビジネスモデルとして発展してきたシェアリングエコノミーですが、ニューノーマル時代を迎えて、あらためて注目を集めています。シェアリングエコノミーの概要やコロナ禍の影響、事例などを紹介しながら、ビジネスとしての今後の可能性を探りま…

5Gの通信を支える半導体

これから始まる5Gの本格普及に向けては、課題もあるという。通信事業者が半導体に寄せる期待とはどのようなものだろうか。 2020年12月11日よりオンライン開催されたSEMICON® JAPANにおける関和の講演を抜粋し、あらためて考えてみたい。

ニューノーマルに対応する新しいオフィスのあり方を考える

ニューノーマルな時代を迎え、生活様式の変化に伴い、オフィスや工場・製造現場のあり方も大きく変わりました。今回はその変化がどのようなものであるのかを確認し、ニューノーマルな時代に成長できる形を探ります。

「熊野米」への挑戦。6次産業化した新しい米づくりを支えるデジタルシフト 和歌山県田辺市e-kakashi導入事例

和歌山県田辺市で2008年から始まった「熊野米プロジェクト」。熊野地域の食文化を盛り上げたいという思いからはじまったプロジェクトは、農業の6次産業化、農業技術の伝承、デジタルシフトなど、日本の農業が抱えるさまざまな課題への挑戦へとつながっていっ…

【HELPO事例】福岡市11万人のPCR検査を支えるヘルスケアテクノロジーズ

福岡市が市内の医療機関・高齢者施設・障がい者施設の従業員11万人を対象に大規模なPCR検査を実施している。その運営・検査を担うのがヘルスケアテクノロジーズとSB新型ウイルス検査センターの合同チーム。検査目的や検査の流れについて福岡市保健福祉局部長…

やめてしまったテレワークを ポジティブに再開するには

テレワークを実施していない・継続できていない企業の中には、政府の要請を受ける形で在宅勤務を再開する企業やテレワークの再開に不安を感じる企業もあるのではないでしょうか。テレワークしづらい問題を解消するにはどうしたらよいか、考察してみました。…

「固定電話」をアップデートする。クラウド音声サービス最前線

二度目の緊急事態宣言が発令される中、「固定電話」はコロナ禍でテレワークを推進している企業にとっては障害となる可能性がある。本記事では、2020年7月29日に開催されたソフトバンク主催のウェビナー「クラウド型電話サービスで実現するテレワーク」の内容…

【第2回】Windows Virtual Desktopを動画でご紹介します~Why SoftBank?~

テレワーク環境作りの選択肢として注目されている仮想デスクトップサービスWindows Virtual Desktop(以下、「WVD」と表記)について、ソフトバンクから導入いただくメリットを3つご紹介します。

【第1回】Windows Virtual Desktopを動画でご紹介します~WVDとは~

テレワークが普及する中、 セキュアな自宅オフィス環境を検討されていませんか。ソフトバンクが提供するWindows Virtual Desktop(以下、「WVD」と表記)を動画でご紹介します。

デジタルシフトでつなぐ未来 -ソフトバンクのSDGs達成への貢献-

「日経SDGsフォーラム」におけるソフトバンク 宮内 謙の講演ダイジェスト。「デジタルシフトでつなぐ未来」と題し「テクノロジーを活用したソフトバンクの企業活動そのものが、SDGs達成への貢献」と述べた。

小売業界が抱える課題をDXで解決するには

消費行動が変化しやすいニューノーマル時代において、小売業の企業には、消費者のニーズに合わせた新たなマーケティングや環境整備が求められています。小売業界の現状と課題を確認した上で、DXの導入によってそれらの課題を解決し、生産性を高める方法を考…

SDGsとは。企業はどう取り組むべきか。

SDGs達成に向けた「行動の10年」の始まりと位置づけられた2020年。企業の取り組みへの重要性はますます高まっています。今回は改めてSDGsについて確認するとともに、世界の動き、日本の姿勢、日本企業の事例と、取り組みへのヒントを紹介します。

エンタープライズRPAとは。RPAとの違いと導入の重要性

企業の業務効率化、生産性の向上は、働き方改革を推進するうえで重要な課題です。今回は業務を幅広く自動化するためのエンタープライズRPAを活用するために、RPAとの違いや特徴、また、導入する際に専門企業を活用するメリットを紹介します。