最新の採用市場と考えるべき戦略 ~採用戦略アップデートの鍵は「リソースの最適化」~

ジョブ型雇用やオンライン面接など、採用市場のトレンドを捉えて採用戦略を練ることがより重要になっています。 本記事では、Thinkings株式会社 森田取締役のウェビナーから、採用市場の変化を踏まえた戦略と、テクノロジーを活用したリソース最適化について…

リアル店舗の集客にはデジタル広告×位置情報

新型コロナウイルス感染症の拡大でネットショップの需要が伸びていますが、リアル店舗の売り上げはなかなか回復しません。限られた予算内での施策を検討する上では、ROIの見通しが立つことや効果計測ができることが重要になります。デジタル広告と位置情報を…

すべてのセキュリティチームがランサムウェア対策で実現すべき3つの事項

今やランサムウェア攻撃が急激なペースで増加していると聞いて、ショックを受ける人はほとんどいないでしょう。しかし、より懸念される傾向として、混乱を引き起こしてビジネス活動を麻痺させることに関して、ランサムウェアが高い有効性を持つようになって…

ランサムウェア攻撃について知っておくべき5つのこと

デジタル脅威の状況は、全体的に絶えず変化しており、かつ進化を続けています。このことが、ランサムウェアのような特定の脅威の新たな開発を追跡することを難しくしています。しかし、心配はご無用です。サイバーリーズンが皆様の企業や組織を、そのような…

ランサムウェア対策戦略を構築するための3つのヒント

ランサムウェアの攻撃は、より頻繁でかつよりコストのかかるものになっています。報告によると、2020年におけるランサムウェア攻撃の発生件数は3億400万件であり、2019年のランサムウェア攻撃の総数よりも62%増えたことが明らかになっています。同時期に、…

ビッグデータ×自社データで広告ターゲティングを最適化

デジタル広告配信時のターゲティングで、自社で取得したデータだけに頼っていませんか? 新型コロナウイルス感染症の拡大で、デジタル広告の重要性が増しています。本ブログでは、ビッグデータと自社データを掛けあわせることでターゲティングに活用できるDM…

デジタルプラットフォーム進化論

世界がニューノーマルに突入して早1年。ビジネスを取り巻く環境は新型コロナ以前にも増して急激に変化を続ける。変化に柔軟に対応し、次の時代を勝ち抜くDXを推進するためには、ネットワークとクラウドのシームレスな融合が必須だ。双方の第一人者であるソフ…

攻撃者の視点から読み解くサイバー攻撃手法 ~取るべきセキュリティ対策~

悪意あるハッカーは企業の情報を狙い、そこに企業規模の大小は無関係です。 中小企業も標的になりうるサイバー攻撃の手口やセキュリティ診断について、株式会社CISO 那須慎二氏が2021年5月に登壇したウェビナーからご紹介します。

テレワーク推進担当者が語る「緊急時に強い電話の実現方法」

有事においても事業継続が強く求められる企業があります。そんな企業の一つである株式会社TKCは事業継続計画(BCP)の取り組みの一環として全国58ヵ所か所にある拠点で音声基盤(PBX)のクラウド化を行い、結果、社員ほぼ全員のテレワークが実現されていると…

アフターコロナを見据えた仮想デスクトップに求められる低価格

2020年において各企業を緊急でテレワークを整備している中においても、仮想デスクトップは国内全体に普及しているとは言い難い状況です。本稿では、日本で仮想デスクトップの普及が進まない三つの理由について解説します。

中小企業の社内コミュニケーション。課題を感じる声が多数。

中小企業では、テレワーク中の社内コミュニケーションが課題となっています。テレワーク中に社内コミュニケーションが減ることは軽い問題ではなく、業務効率の低下や離職率の向上など、企業経営に影響を与えかねない問題へ発展してしまいます。

コロナ禍で激変した人流を活用して店舗利益を伸ばす

報道などによって、テレワークの定着によって人々の行動が変化し、交通だけでなく小売業の店舗経営にも大きな影響を与えています。この記事では、店舗の出店計画や運営方針の改善について、コロナ禍以前の人流動向に頼る危険性と、最新の位置情報データの活…

総務業務のDXは「目的と進め方」が重要

データとデジタル技術を活用して製品やサービス、ビジネスモデルを変革するDXの取り組みが進んでいます。多くの企業では、デジタル技術を活用した改革を実現できていません。ソフトバンクではDXの一部として、総務業務のデジタル改革を実施しました。その取…

実現すべき“クラウドシフト”に“働き方改革”、そのときネットワークに起きている課題とは

コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いコトずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。

固定電話対応のために出社していませんか。クラウド型電話システムで実現する働く場所の自由化

テレワークの実現にあたり、固定電話の対応が障壁になっていませんか?固定電話に関するお悩みを全て解決するクラウド型電話システム「Dialpad」のウェビナーを抜粋してご紹介します。

中小企業が標的となるサイバー攻撃とその対策

中小企業が標的となるサイバー攻撃と、中小企業でもすぐに実施するべき対策について、セキュリティコンサルタントの株式会社CISO 那須慎二氏が2020年12月に登壇したウェビナーの中から、かいつまんで解説します。

「電話」のための出社を無くすには

テレワークを導入したのに、固定電話の対応をするために出社が必要となるケースがあります。電話環境を見直すことで「どこでも働ける環境」と「業務効率化」の両立を図りましょう。クラウド音声サービスのメリットと導入のコツをお伝えします。

安全に使えるビジネス版LINEで、積極的な社員交流を

在宅勤務などのテレワークでも電話・メールがメインのツールですが、それだけではコミュニケーションが不足しており、中小企業で特に業務の障害となっています。LINE WORKSをはじめとしたビジネスチャットでは、非対面を意識させずに社員の交流を活性化でき…

【2021年版】GIGAスクール構想とは?文部科学省が目指す新たな教育の姿

2023年度までを目標としていた「GIGAスクール構想」が、新しい生活様式への対応を経て大きく前進し、次のステージへと進みつつある。本稿では、2021年時点のGIGAスクール構想の全体像をわかりやすく解説する。

“フルオートメーション化”の教訓を得て、5Gで目指す「コマツのスマートファクトリー」

コマツでは主要工場の1つである石川県小松市の粟津工場で5Gネットワークの実証実験を開始。敷地内にソフトバンクの5Gアンテナを立て、スマートファクトリー化に向けた取り組みをスタートさせた。本記事で同社執行役員の岡本望氏にスマートファクトリーのビ…

【鉄道DX】「踏切IoTソリューション」が全国3万の踏切をネットワークでつなぐ

現在日本国内には約3万3000カ所ヵ所の踏切が点在している。踏切の「保守」の効率化は鉄道業界にとっての長年の課題だ。そんな鉄道業界の課題に向き合うべく、ソフトバンクは九州旅客鉄道管轄の踏切で「踏切IoTソリューション」の実証実験を行った。同プロジ…

Azure上に作成した仮想マシンのディスク拡張方法

本記事では、Azure上に構築した仮想マシンのディスク拡張の手順をご紹介します。クラウドサービスの大きな利点の一つであるリソース拡張の容易さを、皆さまに少しでも実感していただけますと幸いです。

【在宅勤務時の固定電話のお悩みを全て解決】クラウド型電話システムで実現する働く場所の自由化

テレワークの実現にあたり、固定電話の対応が障壁になっていませんか?固定電話に関するお悩みを全て解決するクラウド型電話システム「Dialpad」の具体的な利用方法を、実際のアプリ画面を見ながら詳細にご説明します。 この記事を読めばDialpadの全てが分か…

Microsoft Azureを知り尽くしたソフトバンクが日本の次世代クラウドビジネスを牽引する

(2021年5月26日掲載) ■本記事は日経XTECH Specialに2021年3月31日に掲載されたものです。 長く「 Microsoft Azure 」の販売パートナーを務めてきたソフトバンク。2020年2月には、マイクロソフトから「 Microsoft Azure Expert MSP 」の認定を受け、“ 「 Mi…

テレワークの急拡大で伸長した「Windows Virtual Desktop」 ポイントはきめ細やかなフォローとクラウドの柔軟性

マイクロソフトの「 Windows Virtual Desktop(WVD)」が好調だ。Windows OSとの高い親和性やコロナ禍における早期導入が可能な点が受けている。一方でWVDを契機としたクラウド化も進む。Microsoft Azureの最上位パートナープログラムを取得したソフトバンクと…

ニューノーマルとは?2021年の働き方とビジネスの行方

新しい生活様式「ニューノーマル」が、人々の生活に大きな変化をもたらしている。企業においてもテレワークやDXの推進、オンラインへのシフト、事業継続性の高い経営の重視など、変化を迫られている。本稿では、ニューノーマルで起こったビジネスの変化と、…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

ニューノーマルの音声コミュニケーション像を探る

テレワークの浸透により、多くの企業でデジタルツール導入やオフィス移動が検討されているが、意外に盲点なのが「固定電話をどうするか」という課題だ。ソフトバンクとマイクロソフトが開発した「UniTalk」は、そんな課題を解決する次世代の音声コミュニケー…

【DX塾:医療】2030年の医療を予測する3つのキーワード「多角化」「個別化」「主体化」

AI、IoT、5G、ロボティクス。医療はテクノロジーによって、今、大きく変わろうとしている。「医療4.0」の著者であり、医療DXの最前線で活動する加藤浩晃氏に、医療DXの現在地と未来について伺った。

企業の成長に不可欠なリスク管理

多様化し激化するサイバー攻撃や地政学的リスクなど、企業活動をするうえでのリスクはさまざま。どのようなリスクがあり、それに対してどう対策すればよいのか。今回は企業が競争力を維持し、成長するためのリスク管理について考えます。

スマートファクトリー国内事例10選 【2021年版】

スマートファクトリーとは、AIやIoTなどのデジタル技術を活用した、生産性が高く効率的な工場のことである。日本でも、企業がものづくりのDXを進めており、生産性の向上や、品質の改善、コスト削減に成功している。本稿では、スマートファクトリーの全貌をあ…

ビジネスアプリケーションの種類やメリット・デメリットを知って、業務効率化に活用しよう

ビジネスアプリケーションを活用して業務効率化につなげるには、機能や使いやすさをよく吟味して、自社に合うものを選ぶことが重要です。ビジネスアプリケーションの概要やメリット・デメリット、主な種類を知った上で、選定のポイントを探りましょう。

サイバー攻撃の種類や事例、有効な対策について解説

サイバー攻撃の手口が多様化し、件数や規模も拡大しています。自社を脅威から守るには、サイバー攻撃とは何かを理解し、有効なセキュリティシステムを導入する必要があります。サイバー攻撃の主な種類や最近の動向を確認したうえで、対策の方法について考え…

全ての子どもたちに「1人1台の情報端末」と「1人1つの県域公用アカウント」を付与。なぜ、奈良県の教育ICTはここまで進んだのか?

小中学校に1人1台のタブレット端末を提供し、実践的なICT教育を実現する「GIGAスクール構想」。各自治体で本格的に進められているが、自治体ごとに進捗の差が生まれている。 こうした中で先進的な取り組みをしているのが奈良県だ。奈良県教育委員会で学校現…

【初心者向け】情報銀行とは? パーソナルデータを預けると何が起こるか

情報銀行とは、パーソナルデータを集中管理しデータを必要とする外部の事業者に対して提供する、という新しい事業である。個人にも企業にもメリットは多いが、リスクや課題も少なくない。新たなパーソナルデータの管理・利用の実態を理解し、安全に利用して…

Microsoft 365 E5×ソフトバンクのセキュリティサービスで実現するニューノーマル時代のセキュリティ対策

戦略的提携によって新たな価値創造を目指し、さまざまな取り組みを進めているソフトバンクとマイクロソフト。今回はセキュリティ支援に関するコラボレーションをテーマに、両社のキーパーソンが対談。いま企業に求められるセキュリティへの視点や提携による…

Azure API Managementを触ってみた!

本稿ではAzure API Managementの紹介と構成例を元にした検証結果をお伝えします。

【2021年最新版】事例に見るIoTの最新情報

新しい時代の生活様式やビジネスモデルの創出という観点で、IoTは重要なキーワードです。多くの企業が取り組みを進め、自社の課題解消を目指しています。政府もあと押しをするなか、加速されるIoTへの取り組み最新情報を確認しておきましょう。

DXを加速させるため、ソフトバンクは「ディスラプター」になる

“ネットワーク×クラウド”のシームレスな連携により、マイクロソフトと新たな価値創造をめざすソフトバンク。クラウドの導入から運用までをトータルで手がけるMSP(Managed Service Provider)サービスを開始し、戦略的提携によって日本におけるDXを推進しよ…

クラウドとネットワークが切り開く未来、ビッグプレイヤーが手を組んだ理由

「Beyond Carrier」戦略を掲げ、通信事業を基盤として最先端のテクノロジーを活用しながら事業領域の拡大を進めているソフトバンク。新しい価値を提供するために、戦略的なクラウドパートナーとして組んだのがマイクロソフトである。ネットワークとクラウド…

教育業界の課題とそれを解決するDX

人との触れ合い、直接的な対話、経験が人を育て、成長させると考えられてきた日本における教育は、新しい時代に対応する時期を迎えています。教育現場の課題を解決するためのDX導入は、どのような学びと環境を実現するのでしょうか。本稿では現状と事例を交…

GOVTECH国内事例8選【2021年最新版】

GOVTECH(ガブテック)とは、「Government(政府)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語であり、行政サービスの利便性や効率を向上させるためにデジタル技術を活用する取り組みのことを言う。本稿ではGOVTECHの国内事例を紹介し、日本のGOVTECHの現…

建設業界の人手不足を解消するDXとは

労働人口が減少するなか、市場拡大の傾向しなる建設業界では、いくつもの課題に直面していますが、課題を解決する手段としてはDXへの取り組みが有効です。本稿では建設業界が直面する課題を確認し、解決への取り組みについて事例を交えて考えます。

ラジコンの“Futaba”とソフトバンクが実現する「ドローン前提社会」

双葉電子工業とソフトバンクは、LTE対応の通信モジュールとセンチメートル級の高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応した国産ドローンの共同開発プロジェクトを開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表している。同プロジェクトで開発す…

Azure Synapse Analyticsはじめの一歩

本稿では、パブリッククラウド移行理由の一つになることが多い、「データ活用」の一翼を担うAzureサービス「Azure Synapse Analytics」について、サービスの概要やマイクロソフト社のドキュメントを利用した簡単な環境構築方法について説明します。

【事例】先進的なAIサービスを展開するSENSY株式会社のGoogle Cloud 活用方法とは

(2021年3月2日 掲載) 現在、AI開発においてクラウドプラットフォームの存在は不可分となっている。プラットフォームを選択する際には、めまぐるしく変化するビジネス環境に機敏に対応できる柔軟性が鍵を握る。“感性を学習するAI”を提供するSENSY株式会社は…

全ての小中学生に1人1台の端末。GIGAスクール構想の先に愛媛県新居浜市が掲げる「個別最適化」した教育

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」。タブレットやPCを学校教育の場に導入する「学校版DX」がコロナ禍の今、早期実現を求められている。いち早く端末の整備に取り掛かり、端末の配付を完了し、着実に改革のプロセスを進めているのが愛媛県新居浜市…

DXで医療現場はどう変わる?

日本では国民皆保険制度によって必要な人が必要な医療を受けることができますが、一方で少子高齢化を背景にした医療の地域格差、デジタル化の遅れといった問題を抱えています。医療業界の課題や最近の動向を確認したうえで、医療業界におけるDXの可能性を探…

採用担当者必見!オンライン採用に必要な準備と成功させる7つのポイント

多くの企業が活用を始めているオンライン採用。導入するには、そのメリットと成功させるためのポイントを理解することが重要です。オンライン採用の課題や準備について、また、新たにAIを活用した自動面接サービスについても紹介します。

グループウェアリソース管理アプリ「Provii!!」にて、オンプレミスからGCPへの移行事例

株式会社フライトシステムコンサルティング様にてサービス展開されている、オンプレミスで稼働されていたグループウェアリソースの管理アプリケーション”Provii!!”(プロビー)でのGCP への移行事例をご紹介します。