「スマートシティ」記事一覧

避難所に空から「温かいごはん」が届く!?和歌山県すさみ町の地域課題をドローンと高精度測位サービスが解決

2021年11月7日に和歌山県すさみ町で展示された「未来の避難所」を想起させる最先端テクノロジーによる災害対策のソリューション群と、同イベントの実施に至ったすさみ町の背景と取り組みをご紹介します。

杭州スマートシティ「云栖小鎮」で普及するスマート駐車場&消防の事例

Alibaba Cloudの本社がある中国杭州市のスマートシティ「云栖小鎮」で普及するが進んでいるスマート駐車場&スマート消防の事例を紹介します。

スマートシティに不可欠な”都市OS”を基盤としたデジタル産業の創出とは?

都市OSとは、交通・ヘルスケア・物流、製造、教育など市民の生活を豊かにするサービスを構築するためのデータ連携基盤を指し、スマートシティに欠かせないものです。 本記事ではソフトバンクのDX本部長である河西の講演から、同社が包括連携協定を締結した東…

AIだからこそ可能になる“心が通う医療” 街の診療所でも気軽に使えるAIを目指す

質の高い医療を維持しつつ、医療従事者の過度な負担を軽減する――。一見矛盾するこの難題の解決を図る「AIホスピタル」構想が、まもなく現実のものになろうとしている。目指しているのは、医療の本質を取り戻すことだ。AIの活用で医療の現場はどう変わるのか…

河南省大水害の復旧支援に活用された中国IT企業のスマートシティソリューション

2021年8月に発生した中国河南省の大水害でアリババや京東、百度、美団などのIT企業が行った災害復旧支援策からスマートシティやニューリテールの技術が災害時に活かされた事例を紹介します。

ひとの動きから、まちを知る

現代において「新しい石油」とも例えられるデータ。様々な分野でデータ活用に向けた取り組みが加速しているが、まちづくりの中でも、その可能性が注目されている。その1つがソフトバンクと社会インフラの計画や設計を行なっているパシフィックコンサルタン…

これからの都市計画にビッグデータが求められる理由

都市計画をはじめとした社会インフラサービスをプロデュースする建設コンサルタント企業 パシフィックコンサルタンツ株式会社の杉本伸之氏と、ソフトバンク株式会社で都市・インフラのDX事業に携わる龍野祐太郎氏に、人流データが都市計画にどのように役立つ…

中国政府が推進する住宅地のスマート化計画と活用されるAI技術

中国政府住建部は2020年7月に「智慧城市建築及居住区建設規範」という住宅地のスマート化に関するドラフト版を発表しました。この記事では正覚智能やAlibaba Cloud(阿里云)が展開するAIを活用した住宅地のスマート化ソリューションを紹介します。

気象予報や災害予測に活用される中国のAI・クラウド技術

重慶市では気象予報にクラウドやビッグデータやAIを積極的に活用し、「天資」という天気予報システム建設プロジェクトを立ち上げました。 イギリス気象庁とAlibaba Cloudはオープンプラットフォーム「天池(Tianchi )」で、AI専門家や技術者からアイディア…

中国の駐車問題を解決する「スマート駐車場」のシステム

中国企業がどのようにテクノロジーを活用してこの深刻な駐車問題を解決しようとしているのか、テンセントやAlibaba Cloudによる、中国の駐車問題へのアプローチなどを紹介します。

「VANTIQ」の“リアルタイム”データ処理が、豊かな未来の基盤になる

私たちの思い描く「ビッグデータにより最適化された都市」を実現するには、個別のIoTセンサーやAIによる処理能力はもちろんのこと、あらゆるデータ・システムを連携させ、リアルタイムで処理できるデータプラットフォームの存在が不可欠だ。 竹芝地区のスマ…

アリババのスマートシティ戦略「城市大脳(シティブレイン)」で今できること

Alibaba Cloud(アリババクラウド) のスマートシティソリューション「城市大脳(シティブレイン)」について解説します。

5G時代。ソフトバンクの取り組みと今後の戦略

いよいよ5G時代がきた。高速・大容量、低遅延、多接続の特長をもつ次世代通信、5Gの本格展開を開始したソフトバンクは、エリアを早期拡大し、2021年度末までに人口カバー率90%超を目指すという。 「人と人をつなぐ」「産業をつなぐ」「世界をつなぐ」最先端…

ハイセンスが推進する「スマート街区(智慧街区)」とは

家電メーカーのハイセンスが推進するスマートインフラ「スマート街区(智慧街区)」について解説します。

北京で進む公園のスマート化の事例

北京で進む公園のスマート化の事例を紹介します。

IoTやQRコードを活用した「ゴミ収集」のスマート化事例

上海などの都市部ではIoTやQRコードを活用した「ゴミの分別・収集」が行われています。

ソフトバンクCEOが語る「5Gはデジタルトランスフォーメーションの“第三の波”」

2020年3月27 日、「SoftBank 5G」の商用サービスが開始した。これから5Gによってどのような情報革命が起こるのか。2019年11月の「Communication Tech CONFERENCE2019」に登壇したソフトバンク代表取締役社長 宮内謙の言葉を再録し、あらためて5Gの可能性を考…

ソフトバンク流、幸福度を高めるスマートシティのつくり方

2020年1月22日、日建グループ主催による「NIKKEN FORUM」が開催された。イベントのテーマは「共創で描くスマートシティ」。 ソフトバンク株式会社 今井康之氏が登壇し、アリババやグーグルなどのテックカンパニーが主導する最新のスマートシティ事例を紹介し…

“量産型”スマートシティで日本が埋め尽くされる、その前に

あらゆるオフライン行動がオンライン化しリアルがデジタルに内包されると提唱した『アフターデジタル—オフラインのない時代に生き残る』の主著者であるビービット・藤井保文氏に、中国の事例をふまえながら、アフターデジタル時代のスマートシティについて話…

スマートシティ海外事例10選【2020年最新版】

スマートシティとは、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると、国土交通省は定義している。本記事ではそんなスマートシティの…

スマートシティ国内事例10選【2021年最新版】

スマートシティとは、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると、国土交通省は定義している。本記事ではそんなスマートシティの…

ドローンの「今」の話をしよう。2020年、ドローンに任せられる20の仕事

ソフトバンクでは日常的な業務でのドローン活用をサポートするドローンサービス「SoraSolution」を提供開始。本記事では「SoraSolution」事業を担当するソフトバンク 松田憲史郎氏に「SoraSolution」が提供するサービスと、ドローンビジネスのユースケースを…

IoTと5Gがスマートシティを加速する。最新テクノロジー&事例紹介|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019で紹介されたIoTと5Gに関する講演をレポート。スマートシティや農業機械・工業機械の自動運転など社会や産業を大きく変えようとしているテクノロジーを紹介。

ソフトバンクの竹芝新本社がスマートシティの実験場に。展示会場レポート|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019のソフトバンクブースでは竹芝地区開発計画に関する展示の他、社会課題解決の最新ソリューションが多数紹介された。その模様をレポートする。