テクノロジー関連記事

スターバックスや博物館で展開される中国のAR活用事例

ファーウェイやセンスタイムが中国のスターバックス、博物館、観光地などで展開しているされるARアプリの活用事例を紹介します。

2021年の中国AI業界の動向まとめ

2021年に起きた中国国内のAI業界の主な出来事を振り返り、2022年の展望を解説します。

和歌山県すさみ町の「未来の避難所」が実現する、平時も活用できる防災DXとは?

ソフトバンクのドローンサービス「SoraSolution」。高精度測位サービス「ichimill」との併用によって正確かつ安全な運航が可能な同サービスでは、ドローン物流時代に備えたさまざまなトライアルを実施しています。 その中の1つとして、災害発生時の支援物資…

避難所に空から「温かいごはん」が届く!?和歌山県すさみ町の地域課題をドローンと高精度測位サービスが解決

2021年11月7日に和歌山県すさみ町で展示された「未来の避難所」を想起させる最先端テクノロジーによる災害対策のソリューション群と、同イベントの実施に至ったすさみ町の背景と取り組みをご紹介します。

テンセント直営の老人ホームで活用される高齢者見守りAI

テンセントでは深センに実験的な老人ホーム「深セン養護院」を運営し、AIやIoT技術を利用した高齢者見守りソリューションを提供してます。

中国ユニコーン「iFlytek」がAIで解決する生活習慣病対策

中国のAIユニコーン「iFLYTEK(アイフライテック)」は医療機関向けに生活習慣病対策ソリューションを提供しています。この記事では「界首市人民病院」で行っている事例を紹介します。

AIで欠陥率を10億分の1に削減した中国電池「CATL」のスマート工場

世界経済フォーラムが認定する先進的なスマート工場「ライトハウス工場」に認定された中国の電池メーカー大手「CATL」のDXへの取り組みを紹介します。

杭州スマートシティ「云栖小鎮」で普及するスマート駐車場&消防の事例

Alibaba Cloudの本社がある中国杭州市のスマートシティ「云栖小鎮」で普及するが進んでいるスマート駐車場&スマート消防の事例を紹介します。

中国製鉄大手「攀鋼集団」の職人技術を可視化したAlibaba Cloudのデジタル活用

中国の製鉄大手「攀鋼集団」はAlibaba Cloudの製造ソリューション「工場大脳」を導入し、職人技術のデジタル化に成功しました。

5GとAIで生産性を85%向上させた中国「三一重工」のスマート工場

世界経済フォーラムが認定する先進的なスマート工場「ライトハウス工場」に認定された中国企業「三一重工」の北京工場の取り組みについて紹介します。

河南省大水害の復旧支援に活用された中国IT企業のスマートシティソリューション

2021年8月に発生した中国河南省の大水害でアリババや京東、百度、美団などのIT企業が行った災害復旧支援策からスマートシティやニューリテールの技術が災害時に活かされた事例を紹介します。

鄭州大洪水で企業の支援活動/未成年へのゲーム規制(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年7-8月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は鄭州大洪水で企業の支援活動や未成年へのゲーム規制などを紹介します。

【イベントレポート】SB Tech Night #3 MaaS編

2021年8月6日に、第3回「SB Tech Night」が開催されました。 「SB Tech Night」は、ソフトバンクのエンジニアが、技術のアウトプットを自由にできる場所・輝ける場所を作りたいという思いで始まったイベントです。 今回はイベントレポートをお届けます。

ECのような体験をスマホアプリに取り入れた火鍋チェーン「海底撈」のDX事例

中国各地に展開する火鍋チェーン「海底撈火鍋(ハイディーラオ)」はユーザーごとにカスタマイズしたUIやSNS機能を提供したスマートフォンアプリを新たに提供しました。アプリの開発にはAlibaba Cloudを活用することで開発期間を短縮することにも成功しまし…

【GIGAスクール】学校現場ICT化のリアル。全国自治体が語り合う「情報端末1人1台環境整備」の先にある教育の未来

2021年8月21日にソフトバンクが開催したオンラインイベント「第1回ソフトバンクGIGAスクールサミット」(副題:iPadを活用し『知ろう!楽しもう!想像しよう!』丸ごとGIGAスクールの一日)の内容をご紹介します。

本のニューリテールを実現する「新華書店」のDX化手法

中国最大の書店チェーン「新華書店」では、Alibaba Cloud(アリババクラウド)と提携してUXを向上し、書店のDX化を実現しました。

Google Workspace を使った組織変革のフレームワーク 「チェンジマネジメント」とは?

昨今、生産性の向上やコミュニケーションの活発化を目的としてグループウェアを導入する企業が増加しています。しかし、中には「導入はしたものの成果が出ていない」というケースもあります。当記事では代表的なグループウェアである「 Google Workspace 」…

2023年以降のポストcookie時代に不可欠なデータの収集法

プライベートデータである3rd Party cookieの規制は、法的観点から大手プラットフォーマーの間で強化される方向にあります。 本ブログでは、3rd Party cookie規制後のポストcookie時代において効果的な「ソーシャルログイン」について解説します。

セキュリティは不安を解消するツールから! 失敗しない中小企業の情報漏えい対策

企業を狙うサイバー攻撃が増加の一途を辿っています。こうした攻撃の被害者には大企業が多いと思われがちですが、実際には多くの中小企業が被害に遭遇しています。本ブログでは中小企業特有のサイバーセキュリティ構築の難しさと、導入の敷居が低く効果が分…

~AIソリューションカンパニーFindability Sciences 創業者が語る~ 海外と日本におけるDX・AIへの考え方の違い

日本では「AI」「DX」への関心が高まっていますが、世界と同じ水準に達しているとは言えません。本記事では、アメリカのAIソリューションカンパニーCEO Anand Mahurkar氏と、Findability Sciences株式会社のCEOである中林真人氏に、海外におけるAIの考え方に…

欧米の大手製造業が中国に設立したスマート工場の事例

ボッシュ、シーメンス、ダンフォス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、ユニリーバなどの欧米の製造業が中国国内に設立したスマート工場「ライトハウス工場(Lighthouse)」の事例を紹介します。

位置情報マーケティングで、ニューノーマル時代の店舗売上を向上させる

在宅勤務のように、いまや「毎日出社する」という働き方は古いスタイルになりつつあり、人々の日常にも変化が生じています。生活における行動データを分析・活用するCinarra Systems Japan株式会社のマーケティングコンサルタントに、コロナ禍における行動の…

中国古書の文字をAIで解析するアリババDAMOアカデミーの産学連携プロジェクト

アリババグループは四川大学、カリフォルニア大学バークレー校などと協同で中国の古書をデジタル化し、古代文字をAIで解析するプロジェクト「漢典重光プラットフォーム」を開始しました。

スマホ1台でフィットネスを実現する、阿里体育の人体映像認識AIとは

アリババグループでスポーツ関連事業を展開する「阿里体育(AliSports)」では、DAMOアカデミーの人体映像認識AIを活用し、コロナ禍でもスマートフォンやタブレットだけで室内運動が可能な運動サービスを開始しました。

2021年「618セール」は最も地味という低評価(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年5-6月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は天猫の618セール、ファーウェイの新OS発表、宇宙船「神舟12号」などのニュースを紹介します。

IoT×クラウドで酪農DXを実現した「蒙牛乳業」の事例

大手乳業メーカー「蒙牛乳業」は100万頭の乳業にIoTセンサーを取りつけて乳牛の体調を管理。収集したデータをクラウド上で管理することでに生産量向上&コスト削減に成功しました。

中小企業も狙われている! サイバー攻撃から機密情報を守るためには

近年、機密情報を狙ったサイバー攻撃の被害に遭遇する企業が増加しており、中小企業もターゲットになっています。こちらの記事ではそうした攻撃に備えていただくため、代表的なサイバー攻撃とその主体、また簡単にできるセキュリティ対策をご紹介しています。

自動運転車やドローンを物資輸送に活用した中国の新型コロナ感染対策

中国・広東省広州市は文遠知行(WeRide)、小馬智行(PONY)、京東、美団などのIT企業と協力し、生活用品や医療物資の配送に自動運転車を活用しています。ロボットレストランを運営している碧桂園とはマンション内の物資輸送で協力しています。

世界最先端「ライトハウス工場」に中国企業が多い理由

第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス工場」。2021年6月時点では世界で69の工場が認定され、そのうち21ヵ所は中国に点在しています。これら中国のライトハウス工場から見えるトレンドをまとめました。

御社も危ない?今起きている情報セキュリティ事件とその原因

情報セキュリティ事件の発生は、企業の大切な情報を危険に晒します。本記事では現在起きているセキュリティ問題について、テレワーク環境下という点を加味してご紹介いたします。

自動車保険の故障判定を画像AIで自動化するアントグループの「定損宝」

アリババのグループ企業、アントグループが提供する「定損宝(ding sun bao)」は自動車事故の故障判定を画像AIで自動化することで、自動車保険業界のコスト削減に貢献するソリューションです。

画像AIを品質検査に活用した太陽光パネル製造「正泰新能源」

中国の太陽光パネル製造大手「正泰新能源(Chint New Energy)」は品質検査工程にAlibaba CloudのAI技術を活用。不良品検知を迅速に行うことに成功しました。

ハイアールのスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステム

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の総合家電メーカー「ハイアール」のスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステムを紹介します。

シャオミ、バイドゥらがついに自動車産業に参入(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年3-4月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は中国大手IT企業が自動車産業に参入、顔認証に不安の声、広州の5Gスマート病院などのニュースを紹介します。

総務業務のDXは「目的と進め方」が重要

データとデジタル技術を活用して製品やサービス、ビジネスモデルを変革するDXの取り組みが進んでいます。多くの企業では、デジタル技術を活用した改革を実現できていません。ソフトバンクではDXの一部として、総務業務のデジタル改革を実施しました。その取…

急成長のレンタルサービス「人人租机」を支える芝麻信用の信用スコアとクラウド技術

デジタル製品のレンタルプラットフォーム「人人租机」は芝麻信用の信用スコアを活用し認証作業が数秒で完了。インフラもAlibaba Cloudを導入し、安定したサービス運営を実現しました。

実現すべき“クラウドシフト”に“働き方改革”、そのときネットワークに起きている課題とは

コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いコトずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。

Alibaba Cloudと提携した啓蒙玩具の「産業インターネット」導入効果

レゴ互換製品の設計、製造から販売まで行う「啓蒙玩具(広東啓夢玩具実業、enlighten)」はAlibaba Cloud(阿里云)と提携し、製造のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践。業務効率化・コスト削減に成功しました。

中国政府が推進する住宅地のスマート化計画と活用されるAI技術

中国政府住建部は2020年7月に「智慧城市建築及居住区建設規範」という住宅地のスマート化に関するドラフト版を発表しました。この記事では正覚智能やAlibaba Cloud(阿里云)が展開するAIを活用した住宅地のスマート化ソリューションを紹介します。

【2021年版】GIGAスクール構想とは?文部科学省が目指す新たな教育の姿

2023年度までを目標としていた「GIGAスクール構想」が、新しい生活様式への対応を経て大きく前進し、次のステージへと進みつつある。本稿では、2021年時点のGIGAスクール構想の全体像をわかりやすく解説する。

美的集団のスマート工場戦略とIoTプラットフォーム「美擎」

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の家電製造業「美的集団(Midea)」のスマート工場とIoTプラットフォーム「美擎」の事例を紹介します。

“フルオートメーション化”の教訓を得て、5Gで目指す「コマツのスマートファクトリー」

コマツでは主要工場の1つである石川県小松市の粟津工場で5Gネットワークの実証実験を開始。敷地内にソフトバンクの5Gアンテナを立て、スマートファクトリー化に向けた取り組みをスタートさせた。本記事で同社執行役員の岡本望氏にスマートファクトリーのビ…

フォックスコン(鴻海)のスマート工場戦略とDX人材育成の取り組み

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の電子製品製造業界「フォックスコン(Foxconn Technology Group、鴻海科技集団)の」の深セン、成都工場のスマート工場事例、DX人材育成の取り組みを紹介します。

【鉄道DX】「踏切IoTソリューション」が全国3万の踏切をネットワークでつなぐ

現在日本国内には約3万3000カ所ヵ所の踏切が点在している。踏切の「保守」の効率化は鉄道業界にとっての長年の課題だ。そんな鉄道業界の課題に向き合うべく、ソフトバンクは九州旅客鉄道管轄の踏切で「踏切IoTソリューション」の実証実験を行った。同プロジ…

気象予報や災害予測に活用される中国のAI・クラウド技術

重慶市では気象予報にクラウドやビッグデータやAIを積極的に活用し、「天資」という天気予報システム建設プロジェクトを立ち上げました。 イギリス気象庁とAlibaba Cloudはオープンプラットフォーム「天池(Tianchi )」で、AI専門家や技術者からアイディア…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

【DX塾:医療】2030年の医療を予測する3つのキーワード「多角化」「個別化」「主体化」

AI、IoT、5G、ロボティクス。医療はテクノロジーによって、今、大きく変わろうとしている。「医療4.0」の著者であり、医療DXの最前線で活動する加藤浩晃氏に、医療DXの現在地と未来について伺った。

海賊版配信「字幕組」逮捕/中国のネット利用者10億人目前(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年1-2月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は海賊版配信「字幕組」逮捕、中国のネット利用者10億人目前、バイドゥが車メーカーを立ち上げなどのニュースを紹介します。

10兆種類のカスタマイズが可能な自動車製造「上汽大通」のスマート工場

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の自動車製造業「上汽大通(SAIC Maxus Automotive)」の南京工場が展開するデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを紹介します。

全ての子どもたちに「1人1台の情報端末」と「1人1つの県域公用アカウント」を付与。なぜ、奈良県の教育ICTはここまで進んだのか?

小中学校に1人1台のタブレット端末を提供し、実践的なICT教育を実現する「GIGAスクール構想」。各自治体で本格的に進められているが、自治体ごとに進捗の差が生まれている。 こうした中で先進的な取り組みをしているのが奈良県だ。奈良県教育委員会で学校現…