テクノロジー関連記事

“フルオートメーション化”の教訓を得て、5Gで目指す「コマツのスマートファクトリー」

コマツでは主要工場の1つである石川県小松市の粟津工場で5Gネットワークの実証実験を開始。敷地内にソフトバンクの5Gアンテナを立て、スマートファクトリー化に向けた取り組みをスタートさせた。本記事で同社執行役員の岡本望氏にスマートファクトリーのビ…

【鉄道DX】「踏切IoTソリューション」が全国3万の踏切をネットワークでつなぐ

現在日本国内には約3万3000カ所ヵ所の踏切が点在している。踏切の「保守」の効率化は鉄道業界にとっての長年の課題だ。そんな鉄道業界の課題に向き合うべく、ソフトバンクは九州旅客鉄道管轄の踏切で「踏切IoTソリューション」の実証実験を行った。同プロジ…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

【DX塾:医療】2030年の医療を予測する3つのキーワード「多角化」「個別化」「主体化」

AI、IoT、5G、ロボティクス。医療はテクノロジーによって、今、大きく変わろうとしている。「医療4.0」の著者であり、医療DXの最前線で活動する加藤浩晃氏に、医療DXの現在地と未来について伺った。

全ての子どもたちに「1人1台の情報端末」と「1人1つの県域公用アカウント」を付与。なぜ、奈良県の教育ICTはここまで進んだのか?

小中学校に1人1台のタブレット端末を提供し、実践的なICT教育を実現する「GIGAスクール構想」。各自治体で本格的に進められているが、自治体ごとに進捗の差が生まれている。 こうした中で先進的な取り組みをしているのが奈良県だ。奈良県教育委員会で学校現…

【初心者向け】情報銀行とは? パーソナルデータを預けると何が起こるか

情報銀行とは、パーソナルデータを集中管理しデータを必要とする外部の事業者に対して提供する、という新しい事業である。個人にも企業にもメリットは多いが、リスクや課題も少なくない。新たなパーソナルデータの管理・利用の実態を理解し、安全に利用して…

GOVTECH国内事例8選【2021年最新版】

GOVTECH(ガブテック)とは、「Government(政府)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語であり、行政サービスの利便性や効率を向上させるためにデジタル技術を活用する取り組みのことを言う。本稿ではGOVTECHの国内事例を紹介し、日本のGOVTECHの現…

全ての小中学生に1人1台の端末。GIGAスクール構想の先に愛媛県新居浜市が掲げる「個別最適化」した教育

文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」。タブレットやPCを学校教育の場に導入する「学校版DX」がコロナ禍の今、早期実現を求められている。いち早く端末の整備に取り掛かり、端末の配付を完了し、着実に改革のプロセスを進めているのが愛媛県新居浜市…

【DX塾:人事】「データ」が「目」となり、人事制度は全ての社員に最適化される

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社で組織人事コンサルタントとして活躍する吉田尚秀氏を講師に招きHR領域のDXについて伺った。

【解説】エッジコンピューティングとは?初心者編

分散型アーキテクチャ「エッジコンピューティング」が注目を集めている。低レイテンシ、ネットワーク負荷の軽減、セキュリティ強化などの特性がIoTの課題を解決できると期待され、製造業や農業、小売業など幅広い分野で活用が進んでいる。本稿では、そんなエ…

ゼロトラストとは?2021年に学ぶべき次世代セキュリティモデル

次世代のセキュリティモデルとして「ゼロトラスト」という概念が注目を集めている。クラウドやテレワークの利用が進む現代のビジネス環境において、ゼロトラストモデルの導入はセキュリティの重要なポイントとなる。本稿では、ゼロトラストの概念について、…

「VANTIQ」の“リアルタイム”データ処理が、豊かな未来の基盤になる

私たちの思い描く「ビッグデータにより最適化された都市」を実現するには、個別のIoTセンサーやAIによる処理能力はもちろんのこと、あらゆるデータ・システムを連携させ、リアルタイムで処理できるデータプラットフォームの存在が不可欠だ。 竹芝地区のスマ…

コロナ禍で加速した、大正大学のスマートユニバーシティ構想

大正大学では、大学教育、研究活動、キャンパス運営にテクノロジーを活用するスマートユニバーシティを目指し、ソフトバンクとDXに取り組んでいる。 同校のDXプロジェクトについて大正大学とソフトバンクのプロジェクトメンバーに話を聞いた。

和歌山県白浜のリゾートホテルが目指す、デジタルシフトによるニューノーマル

白浜町のリゾートホテル「ホテルシーモア」がコロナ禍をきっかけに導入したソリューションを通じて、総支配人の中峯 宏氏に同ホテルのデジタルシフトへの取り組みについて話を聞いた。

ワーケーション誘致の先にある、和歌山県白浜町の「シラコンバレー」構想

本記事では、和歌山県の主催で「地方DXを考える」というテーマで開催されたソフトバンクによるワークショップの様子を紹介しつつ、白浜町の取り組みから、デジタルシフトによる地方創生の最前線を紹介する。

シェアリングエコノミーとは?その概要と事例について解説

近年、新しいビジネスモデルとして発展してきたシェアリングエコノミーですが、ニューノーマル時代を迎えて、あらためて注目を集めています。シェアリングエコノミーの概要やコロナ禍の影響、事例などを紹介しながら、ビジネスとしての今後の可能性を探りま…

5Gの通信を支える半導体

これから始まる5Gの本格普及に向けては、課題もあるという。通信事業者が半導体に寄せる期待とはどのようなものだろうか。 2020年12月11日よりオンライン開催されたSEMICON® JAPANにおける関和の講演を抜粋し、あらためて考えてみたい。

「熊野米」への挑戦。6次産業化した新しい米づくりを支えるデジタルシフト 和歌山県田辺市e-kakashi導入事例

和歌山県田辺市で2008年から始まった「熊野米プロジェクト」。熊野地域の食文化を盛り上げたいという思いからはじまったプロジェクトは、農業の6次産業化、農業技術の伝承、デジタルシフトなど、日本の農業が抱えるさまざまな課題への挑戦へとつながっていっ…

【HELPO事例】福岡市11万人のPCR検査を支えるヘルスケアテクノロジーズ

福岡市が市内の医療機関・高齢者施設・障がい者施設の従業員11万人を対象に大規模なPCR検査を実施している。その運営・検査を担うのがヘルスケアテクノロジーズとSB新型ウイルス検査センターの合同チーム。検査目的や検査の流れについて福岡市保健福祉局部長…

デジタルシフトでつなぐ未来 -ソフトバンクのSDGs達成への貢献-

「日経SDGsフォーラム」におけるソフトバンク 宮内 謙の講演ダイジェスト。「デジタルシフトでつなぐ未来」と題し「テクノロジーを活用したソフトバンクの企業活動そのものが、SDGs達成への貢献」と述べた。

Meet the Global Tech Leader「デジタル化の先にある未来」|SoftBank World 2020ダイジェスト

デジタル時代を牽引するグローバルリーダーが集結した特別プログラム「Meet the Global Tech Leaderデジタル化の先にある未来」を開催した。登壇した企業は、Microsoft、Google Cloud、IBM、Adobe、Zoom Video Communications、Slack Technologiesだ。グロー…

デジタライゼーションがもたらすビジネス変革|SoftBank World 2020 ダイジェスト

SoftBank World 2020の特別プログラム「Cloud Future Conference 」には、日本のクラウドビジネスを牽引する日本マイクロソフト、グーグル・クラウド・ジャパン、日本アイ・ビー・エム、アドビの4社が登壇。クラウド活用がもたらす社会やビジネスの変化とは。

DX推進における課題と成功に導く3つのポイント - DX推進ガイドラインを踏まえ解説

DXを推進する上で立ちはだかる「2025年の崖」問題。それは大きく4つの課題から構成されている。DX推進が急務である今、企業にとってはクリアしなければならない課題である。本稿ではこれら4つの課題を説明しつつ、 DXを推進する上での3つのポイントを解説す…

テレワーク時代に必須のセキュリティ対策|SoftBank World 2020

コロナ禍により必要に迫られて急速に浸透したテレワーク。ニューノーマルな働き方に期待が高まる一方で、セキュリティ対策が追いつかずにいくつかの企業ではすでに不正アクセスなどの被害が起こっている。今後、企業が優先してすべき対策とは何か。

金融、製造、運輸。産業のDXに必要なこと|SoftBank World 2020ダイジェスト

金融や製造、運輸など、これまでデジタル化があまり進んでいなかった業界においてもDXの波はすでに訪れようとしている。本記事では、SoftBank World 2020の講演の中から産業のDXについて語られた3つのセッションをダイジェストで紹介する。

市民ファーストで進める行政サービスのデジタル化|SoftBank World 2020ダイジェスト

産官学民連携による行政サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)が進められている福島県会津若松市。どのようにしてデジタル化を推進してきたのか。そして、このモデルを全国で実装するためにはどうすれば良いか。本記事では、アクセンチュア・イ…

5Gで何ができる?「5G X LAB OSAKA」に展示された最新活用事例11選

多くの企業に5Gを体験・活用する機会を提供することを目指し大阪市の「ソフト産業プラザTEQS」内に2020年10月にオープンした5G X LAB OSAKA。展示・体験スペースには、製造業、建設業、小売業、放送業、地域向けなどの幅広い業界に向けた最新テクノロジーが…

ニューノーマル時代におけるB to B組織の作り方|SoftBank World 2020 ダイジェスト

コロナ禍によって、営業、マーケティング、カスタマーサポートなどの役割は変わりつつある。それぞれの職種の役割を再定義し、組織を再構築することは企業の喫緊の課題だ。 本記事では、SoftBank World 2020で語られた、ニューノーマル時代の営業・マーケテ…

コロナ禍の今、訪れたデジタルシフトのチャンス|SoftBank World 2020ダイジェスト

コロナ禍を乗り越えるために企業は今、何をすべきか。「SoftBank World 2020」の基調講演でソフトバンクCEO宮内 謙は「デジタル化に適応した企業がこの時代を生き残る」と語った。また、COOの今井 康之は「困難を乗り越えるカギとなるのがデジタルトランスフ…

テクノロジーで総務・人事を再定義する|SoftBank World 2020

ソフトバンクでは2017年から「Smart & Fun!」をキャッチフレーズとした「働き方改革」を推進してきた。そして、その取り組みはwithコロナの今、あらためて価値を創出しつつある。本記事では、人事・総務のメンバーによる「オフィス移転・見直し」「テレワー…

ソフトバンクのグループ企業CEOが語る、データとテクノロジーによって変革する社会|SoftBank World2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の特別プログラム「SoftBank CEO Summit」では、Zホールディングス、SB C&S、SBテクノロジー、PayPay4社のCEOと、SoftBankの宮内 謙と今井 康之によるパネルディスカッションが行われた。本記事ではセッションの内容をダイジェストで紹介…

現場発のデジタルシフトによる社会課題解決|SoftBank World 2020ダイジェスト

「人口減少」「高齢化」「人材不足」「生産性の低下」は、長らく日本の社会的課題として顕在化している。これらの課題をテクノロジーでいかに解決していくか。「社内の構造改革」「従業員の健康管理」「深刻な技能者不足に頭を悩ませる建設業・製造業の生産…

実証実験都市、大阪から始まる5Gビジネスの未来

多くの企業に5Gを体験・活用する機会を提供することを目指し大阪市の「ソフト産業プラザTEQS」内に2020年10月にオープンした5G X LAB OSAKA。大阪市、AIDOR共同体、ソフトバンクが官民連携で運営している同施設の狙いとは?大阪市、大阪産業局、ソフトバンク…

【GOVTECH】地方行政のDX、自治体が担うべきは「信頼」の担保

行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第3回は日本の地方行政の現場にフォーカスする。 さいたま市のスマートシティ構想と、市民の個人情報パーソナルデータ を預かり管理する「情報銀行」の取り組みについて、さいたま市長の…

「5G」と「テレワーク」が切り拓く未来|SoftBank World 2020ダイジェスト

ソフトバンクが2021年度中の展開を目指している「5Gスタンドアローン」のサプライヤー・エリクソンが、5Gサービスの国内外の動向について解説した。一方、オンラインストレージサービスを展開するDropboxは、独自の調査をもとに、企業でのテレワーク導入時の…

デジタルナビゲーションが世界を変える|SoftBank World 2020ダイジェスト

コロナ禍でビジネス領域あるいは企業内部のDXに一層の関心が集まっている。本記事では「SoftBank World 2020」の講演の中から、DX推進に不可欠なデジタルナビゲーションに関する3つのセッションをダイジェストで紹介する。

デジタル時代を支えるマーケティング戦略|SoftBank World 2020 ダイジェスト

本記事では、SoftBank World 2020の講演の中からデジタルマーケティングに関する最新情報が語られた講演をダイジェストでまとめた。 マーケターなら誰もが知っておくべきトレンドや事例が語られている。

ニューノーマルの働き方を支える次世代情報システム|SoftBank World 2020ダイジェスト

コロナ禍で働き方が大きく変わった。在宅勤務やオンライン会議が増えたことで、社内外のどこからでも速やかに業務ができる安全なネットワーク環境を整えることは、企業にとって急務だ。 本記事では「SoftBank World 2020」の講演の中から、次世代ネットワー…

【孫正義】AI第三世代の未来図|SoftBank World 2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の孫正義基調講演ダイジェスト。前半は孫正義とNVIDIA(エヌビディア)の創業者/CEOジェンスン フアン氏との対談でAIの未来が語られた。後半ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業によるAI活用最新事例が紹介された。

ニューノーマル時代の働き方を考える|SoftBank World 2020ダイジェスト

新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、人々の生活スタイル・ワークスタイルが変わった。本記事では、SoftBank Worl 2020の講演の中からafterコロナにおいて、我々はもとのスタイルに戻るべきなのか。そして今、企業が取り組んでおくべき課題解決はど…

コロナ禍で進む企業のDX化、5つのヒント|SoftBank World 2020ダイジェスト

コロナ禍の影響を受けて、日本全体でデジタルトランスフォーメーション(以下DX)を推進する機運が高まっている。本記事では「SoftBank World 2020」の講演の中から、DX推進のヒントを得られる5つのセッションをダイジェストで紹介する。

物流業界をDXする「MeeTruck」が生まれるまで。 | ソフトバンクの新規事業開発ストーリー

ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱える物流業界。トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスを提供する「MeeTruck」は、ソフトバンクのデジタルトランスフォーメーション本部の新規事業開発の取り組…

【GOVTECH】日本の電子政府化に向け、霞が関では何が起きているのか?

日本の政府は現状と課題をどのように捉え、電子政府化を推進しようとしているのか。行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第二回は、政府CIO(Chief Information Officer)上席補佐官の平本健二氏に話を伺った。

日本でAI予測が普及していない3つの理由

ビッグデータの時代とは、すなわち予測の時代でもある。予測の精度は企業の利益に直結するが、日本ではAI予測はまだまだ普及していない状況だ。AIによる予測分析プラットフォームを提供するFindability SciensesのCEOのアナンド・マフルカル氏とFindability …

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

デジタルツインはIoTやAI、ARなどの技術を用いて仮想空間に物理空間の環境を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することに役立つ新しい技術である。本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を交え分かりやすく解説する。

【DX塾:物流】「完璧」を目指す日本人と「最適」を目指す欧米人、DXが進むのは?

物流にイノベーションを起こした企業は、DXにより業界の地図を大きくかえようとしているがいずれも日本企業ではない。では日本の物流はどのようにDXしていけば良いのかー。ヨーロッパ最大の戦略コンサルティング会社であるローランド・ベルガーのパートナー…

オンライン健康医療相談サービス「HELPO」が日本の健康をDXする

2020年7月29日、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、法人・自治体向けオンライン健康医療相談サービス「HELPO」をリリースした。社員の健康相談から始まり、日本の医療問題の解決まで見据えているという同社の展…

【DX塾:製造業】日本に年収1億円の「ファクトリーデザイナー」が生まれる日

長く日本の経済成長を支えてきた製造業においてもDXが世界的なトレンドになっている。本記事では、スマートファクトリー事業を手掛ける株式会社FAプロダクツ 代表取締役会長の天野眞也氏に招き、日本の製造業のDXについて伺った。

ソフトバンクがニューノーマル時代の新たな営業スタイルを実現させるまで

対面での営業活動が困難となる中、ソフトバンクは従来より進めてきた営業のデジタル化をさらに加速しつつあるという。失敗や苦労も多かったというその取り組みを、2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnにおける藤長の講演内容から抜粋し、振り…

SDGsへの日本の取り組み方と最新テクノロジーとの関係

貧困、環境問題の解決などが盛り込まれた、持続可能な世界を目指すための国際目標「SDGs」。日本政府も「SDGsアクションプラン」を策定し、さまざまな施策を進めています。SDGsの概要、政府や企業の取り組み方、テクノロジーとの関係について紹介します。