テクノロジー関連記事

物流業界をDXする「MeeTruck」が生まれるまで。 | ソフトバンクの新規事業開発ストーリー

ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱える物流業界。トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスを提供する「MeeTruck」は、ソフトバンクのデジタルトランスフォーメーション本部の新規事業開発の取り組…

【GOVTECH】日本の電子政府化に向け、霞が関では何が起きているのか?

日本の政府は現状と課題をどのように捉え、電子政府化を推進しようとしているのか。行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第二回は、政府CIO(Chief Information Officer)上席補佐官の平本健二氏に話を伺った。

日本でAI予測が普及していない3つの理由

ビッグデータの時代とは、すなわち予測の時代でもある。予測の精度は企業の利益に直結するが、日本ではAI予測はまだまだ普及していない状況だ。AIによる予測分析プラットフォームを提供するFindability SciensesのCEOのアナンド・マフルカル氏とFindability …

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

デジタルツインはIoTやAI、ARなどの技術を用いて仮想空間に物理空間の環境を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することに役立つ新しい技術である。本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を交え分かりやすく解説する。

【DX塾:物流】「完璧」を目指す日本人と「最適」を目指す欧米人、DXが進むのは?

物流にイノベーションを起こした企業は、DXにより業界の地図を大きくかえようとしているがいずれも日本企業ではない。では日本の物流はどのようにDXしていけば良いのかー。ヨーロッパ最大の戦略コンサルティング会社であるローランド・ベルガーのパートナー…

オンライン健康医療相談サービス「HELPO」が日本の健康をDXする

2020年7月29日、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、法人・自治体向けオンライン健康医療相談サービス「HELPO」をリリースした。社員の健康相談から始まり、日本の医療問題の解決まで見据えているという同社の展…

【DX塾:製造業】日本に年収1億円の「ファクトリーデザイナー」が生まれる日

長く日本の経済成長を支えてきた製造業においてもDXが世界的なトレンドになっている。本記事では、スマートファクトリー事業を手掛ける株式会社FAプロダクツ 代表取締役会長の天野眞也氏に招き、日本の製造業のDXについて伺った。

ソフトバンクがニューノーマル時代の新たな営業スタイルを実現させるまで

対面での営業活動が困難となる中、ソフトバンクは従来より進めてきた営業のデジタル化をさらに加速しつつあるという。失敗や苦労も多かったというその取り組みを、2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnにおける藤長の講演内容から抜粋し、振り…

SDGsへの日本の取り組み方と最新テクノロジーとの関係

貧困、環境問題の解決などが盛り込まれた、持続可能な世界を目指すための国際目標「SDGs」。日本政府も「SDGsアクションプラン」を策定し、さまざまな施策を進めています。SDGsの概要、政府や企業の取り組み方、テクノロジーとの関係について紹介します。

【GOVTECH】日本の給付金はなぜ遅い?エストニアに学ぶ、日本の行政のDX

コロナ禍の中で、多くの日本国民が政府や自治体の対応に厳しい目を向けている。民間企業がニューノーマルに舵を切り、DX(デジタルトランスフォーメーション)しようとしている中では、政府や自治体のDXの進み具合もまた、浮き彫りになる。 行政のDXをテーマ…

ニューノーマル時代の事業継続 ーソフトバンクの新たな営業手法とはー

これからのニューノーマル時代で事業継続していくために、企業はどのように変化していかなければならないのだろうか。ダイヤモンド経営者倶楽部 7月定例会においての、ソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員 兼 COO 今井康之の講演を抜粋し考える。

【DX塾:澤円】ニューノーマルを生き残る組織の7つのスタンダード

コロナ禍による緊急事態宣言下の約1ヵ月。それは日本中で最もDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速したタイミングだったのかもしれない。 さまざまな企業の働き方コンサルティングを手掛ける圓窓代表の澤円氏にニューノーマル時代の働き方、組織の…

ニッポンの観光、復興の鍵は「データ分析」と「ロングテール戦略」

日本政府観光局(JTO)が2020年4月に発表した訪日外国人数は99.9%減と、日本の観光業は大きなダメージを被った。 観光立国の実現に向けインバウンドによる消費拡大を目論んでいる日本にとって、観光業の復興は喫緊の課題だ。 今後、日本の観光業はどのような…

PoCとは?意味・やり方・ポイント・事例10選

PoCとは、新しい技術や理論、原理、手法、アイディア、などに対し、実現可能か、目的の効果や効能が得られるか、などを確認するために実験的に行う検証工程のことである。本記事ではPoCのやり方、失敗しないためのポイント、事例まで、PoCの実施を検討する企…

【初心者向け】Society 5.0を徹底解説!定義・技術・事例まで

Society5.0はAIやロボットの力を借りて、我々人間がより快適に活力に満ちた生活を送ることができる社会である。これまでの現実世界に加えて、仮想空間との融合で豊かな社会を実現していこうとしているものだ。本記事ではSociety5.0の定義や利用されている技…

イノベーション専用プラットフォームで世界中の技術探索や分析、運用管理からイノベーションマーケットプレイスまで。

世界中の発明や技術に関する知財を最適化でき、イノベーションの成長と成功を支援するプラットフォーム「Wellspring」。 そのプラットフォームを日本で提供するWellsping Japanの代表 辻 雅史氏にサービス概要を事例について伺った。

【DX塾:須藤憲司】「DX」と「デジタル化」の違い、わかりますか?

「DXとは顧客体験の向上である」と考えるKaizen Platform代表取締役 須藤憲司氏にDXの基本的な考え方や具体的な導入方法について話を聞いた。

DXを推進する梓設計は「学習データ不足」をどう解決した?

梓設計がリリースした建材・家具の検索アプリ「Pic Archi」は床、家具などを撮影すると類似商品が表示され、BIMと連携したりメーカサイトへアクセスすることができる。画像検索にはSBクラウド提供の「Image Srearch」を利用しているという。本アプリの制作に…

なぜ、農業IoTのデータ活用は上手くいかなかったのか? | 鹿児島県南大隅町e-kakashi導入事例

生産者の経験と勘に基づいたノウハウをデータで伝承していくため、現場では何が行われているのか。鹿児島県南大隅町での実証実験ワークショップの様子をレポートする。

2023年、空飛ぶ携帯基地局「HAPS」実現へ 空からの通信サービスで、世界はどう変わるのか

ソフトバンクの子会社であるHAPSモバイルは、世界中のあらゆる人々、あらゆる場所での通信を可能すべく設立された会社である。成層圏を飛ぶ無人航空機から地上に電波を届ける、というその仕組みと可能性についてソフトバンクの担当者に話を聞いた。

ソフトバンク流、幸福度を高めるスマートシティのつくり方

2020年1月22日、日建グループ主催による「NIKKEN FORUM」が開催された。イベントのテーマは「共創で描くスマートシティ」。 ソフトバンク株式会社 今井康之氏が登壇し、アリババやグーグルなどのテックカンパニーが主導する最新のスマートシティ事例を紹介し…

“量産型”スマートシティで日本が埋め尽くされる、その前に

あらゆるオフライン行動がオンライン化しリアルがデジタルに内包されると提唱した『アフターデジタル—オフラインのない時代に生き残る』の主著者であるビービット・藤井保文氏に、中国の事例をふまえながら、アフターデジタル時代のスマートシティについて話…

スマートシティ海外事例10選【2020年最新版】

スマートシティとは、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると、国土交通省は定義している。本記事ではそんなスマートシティの…

スマートシティ国内事例10選【2020年最新版】

スマートシティとは、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると、国土交通省は定義している。本記事ではそんなスマートシティの…

マーケターのための5分でわかるCDPのキホン -活用例と失敗例

これからのマーケティングに必要不可欠な「顧客理解を深める」という課題の解決策となるのが、マーケターのためのソリューション「CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)」だ。本記事は初心者マーケターのためにCDPの基礎をみていく。

医療MaaS 「医師の乗らない移動診療車」が挑む地域医療問題 | 長野県伊那市実証事業 現地取材

長野県伊那市では医療課題をMaaS(Mobility as a Service)によって解決するべく、モバイルクリニック実証事業を推進している。同市の白鳥孝市長が「医療MaaSが過疎地域の問題を解消する」と期待を寄せる本取り組みを、市長、医療関係者、事業の担当者と各方…

自動運転時代はもうはじまっている。国内初 ハンドルがないバスの公道走行を実現

2019年10月に幕張メッセで開催された「CEATEC 2019」では、SBドライブが仏NAVYA製の自動運転バス「NAVYA ARMA」を使用した実証実験を行った。自律走行バスの存在は自動運転領域の起爆剤となり得るのか。SBドライブの担当者に話を聞いた。

「地図」のユニコーン企業が日本上陸。Mapboxが起こすイノベーションの正体

地図開発プラットフォームを提供するMapboxが2019年11月から日本で事業を開始した。Mapboxのプラットフォーム上で日本企業の保有データと地図インターフェースがつながることで起こるイノベーションとは?副社長のデイブ・コール氏に、日本での事業展開につ…

みずほ銀行の生き残りをかけた「攻めのコスト削減」。実績重視で選んだ「モバイル通信」とは!?

みずほ銀行では、ATMの通信コストを削減するため、ソフトバンクが提供する法人向けモバイルネットワークサービス「Twin(ツイン)アクセス」を採用。順次全国のATMで切り替えを進めている。「Twinアクセス」によって具体的にどのような変化がもたらされたの…

ドローンの「今」の話をしよう。2020年、ドローンに任せられる20の仕事

ソフトバンクでは日常的な業務でのドローン活用をサポートするドローンサービス「SoraSolution」を提供開始。本記事では「SoraSolution」事業を担当するソフトバンク 松田憲史郎氏に「SoraSolution」が提供するサービスと、ドローンビジネスのユースケースを…

デジタルトランスフォーメーションと事業創出を支援する新しい枠組み──新会社「インキュデータ」のビジョンと使命

通信キャリアのソフトバンク、テクノロジー企業のArm、そして広告会社の博報堂がタッグを組んで新たに設立した会社が 「 インキュデータ 」です。企業のデジタルトランスフォーメーション推進を支援することを目的とするこの新会社のビジョンについて、イン…

AIは敵じゃない。ビジネス革新のために今必要なこと|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019でキーテクノロジーとして挙げられたAI。本記事ではAI最新事例やAI活用で経営危機を乗り越えた旭酒造の会長・桜井博志氏の講演などをレポートする。

【まとめ】SoftBank World 2019で語られた「情報革命」のすべて

「テクノロジーコラボレーションで、世界を変えていこう。」をテーマに開催された「SoftBank World 2019」。AI・IoT・5Gに関する講演・展示レポート記事を紹介。

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代、日本企業が打つべき「次なる一手」は? | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019でのDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する講演をレポート。AIやビッグデータを活用し医療、物流などさまざまなジャンルにおけるDXの取り組みを紹介。

ドローン新時代に備えて、知っておきたい「モバイル通信」のはなし

5G実用化で成長が見込まれるドローンの商用利用。本記事ではドローンの商用利用の現在地点を紹介。また、総務省 荻原直彦氏に、通信の側面から見たドローン普及の課題と可能性を伺った。

クラウドサービスとは? 基礎を理解して自社での活用に役立てよう!

多くの企業が利用しているクラウドサービス。気軽で可能性の高いサービスである一方、セキュリティ面などビジネス利用では注意すべき点もあります。本記事ではクラウドサービスの基礎を振り返ります。

【2019年最新版】デジタルシフトがもたらす企業の働き方改革 | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019での働き方改革に関する講演をレポート。AI×RPAやコミュニケーションアプリ、モバイルデバイスのセキュリティ対策などの最新トレンドを紹介。

IoTと5Gがスマートシティを加速する。最新テクノロジー&事例紹介|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019で紹介されたIoTと5Gに関する講演をレポート。スマートシティや農業機械・工業機械の自動運転など社会や産業を大きく変えようとしているテクノロジーを紹介。

今さら聞けない「キャッシュレス決済」。なぜ、PayPayが消費増税10%対策に?

2019年10月からの消費税増税にともない政府はキャッシュレス決済の「ポイント還元」を実施。もう「知らない」では済まされないキャッシュレス決済について、店舗事業者向けにわかりやすく解説する。

事例から学ぶダイナミックプライシング入門講座。AIがもたらす「価格」の未来とは?

ダイナミックプライシングとは需要と供給に応じてAIが動的に価格を変動させることを指す。本記事では、最新の企業事例を通じてダイナミックプライシングの概要と現在の状況を紹介していく。

【AI関連企業編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、AI関連の10のソリューションを紹介する。

【クラウド・IoT・5G関連編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、クラウド・IoT・5G関連の8つのソリューションを紹介する。

ソフトバンクの竹芝新本社がスマートシティの実験場に。展示会場レポート|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019のソフトバンクブースでは竹芝地区開発計画に関する展示の他、社会課題解決の最新ソリューションが多数紹介された。その模様をレポートする。

農家の「経験と勘」をデータで次世代につなぐ。農業IoT最前線 | 秋田県仙北市実証実験

秋田県仙北市は市内の水稲農家にソフトバンクの農業向けIoTソリューション「e-kakashi」を試験導入。本記事では、IoTの導入により農業がどう変わったのか、関係者への取材を通じて紹介する。

孫正義が紹介する、世界のソフトバンク“AIファミリー” | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の孫正義の基調講演をレポート。ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資先企業のCEOの紹介や、海外のAI活用事例と日本企業の進むべき道が語られた。

【ソフトバンクCEO宮内謙】日本企業復活の鍵は「データ活用」にある | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の宮内謙の基調講演では「Digital JAPAN」というビジョンのもと、5G・IoT・AIのキーテクノロジーを活用した社会課題解決の取り組みが紹介された。

知らなければ損をするWi-Fi導入のメリット

Wi-Fiが注目されています。進化し続けている通信システムに柔軟に対応するには、まず情報を正しく把握しておくことが大切です。そこで企業がWi-Fiの導入・運用に失敗しないためのWi-Fiの基礎知識や導入のポイントを解説します。

ブロックチェーン活用事例10選 ― 2019年はブロックチェーン3.0時代へ

ブロックチェーン誕生から約10年が経ち、ようやく各産業でのブロックチェーン活用がはじまった。本記事ではブロックチェーンに関する国内外の事例を紹介していく。

企業のデータの8割は管理できていない!?データをスマート化するストレージ「Cohesity(コヒシティ)」

企業が保有するデータは肥大化・断片化・多重化が進みその管理が課題となっている。その課題をスマート データ マネージメント プラットフォーム「Cohesity」がどう解決するのか。Cohesity Japan担当者と導入したソフトバンク運用担当者に話を聞いた。

情報共有を促進する文書管理システムとは

情報共有環境を提供する文書管理システムは、検索・閲覧機能や強固なセキュリティ機能を提供します。ペーパーレス化やテレワークには欠かせないITツールでもあり、製造業や契約書管理などで多くの実績を持つサービスを導入の検討対象とするとよいでしょう。