テクノロジー関連記事

MONETが日本連合で目指す、MaaSプラットフォーム戦略とは|MONETサミット講演レポート 前編

2019年3月28日、東京・六本木のグランドハイアット東京で開催された「MONETサミット」。MONET Tehcnologies関係者のセッションに加え、サービス事業者によるショートセッションの内容をMONETサミットの展示内容とともに紹介する。2019年3月28日、東京・六本…

まだ入れてないの!? キャッシュレス決済に今対応すべき3つの理由

スマホによるキャッシュレス決済市場が過熱している。決済事業者や消費者だけではなく店舗にとっても、キャッシュレス決済の導入は避けては通れない流れだ。決済ソリューションを提供するSBペイメントサービス株式会社の監修を得て、キャッシュレス決済の最…

【図解】IoT社会を支えるネットワークの切り札テクノロジー 「NIDD」とは

IoTインフラのネットワーク最適化するテクノロジーとして注目されるNIDDを図解でわかりやすく紹介します。

【DiDi上陸】ユーザー5.5億人の配車アプリが本気で日本を狙う理由

タクシーの配車から決済までをアプリ上で完結させるDiDiが日本に上陸。ソフトバンクと共同で立ち上げた、DiDiモビリティジャパンの林励(リン・リ)取締役副社長と、菅野圭吾取締役副社長に、同社の強みと日本での今後の展開について聞いた。

データ活用の現在地。マーケと製造の谷に、ビッグデータは橋を架けるか?

デジタルマーケティングで急速に広まった機械学習やディープラーニングは、なぜものづくりの世界でスローダウンしてしまうのか。その課題について、ローランド・ベルガーの長島氏、トレジャーデータの堀内氏、ソフトバンクの金子氏に話を聞いた。

企業の通信にパラダイムシフト。有線不要・高品質の法人向けモバイル回線「SmartVPN Twin アクセス」

ソフトバンクは2019年4月よりSmartVPNの新しいラインナップとして、モバイル回線を活用した法人向けアクセスサービス「Twinアクセス」の受け付けを開始した。通信の安全性と品質の課題を解決し、モバイル回線ならではの導入の手軽さを生かしたアクセスサービ…

ソフトバンクとトレジャーデータの協業が生み出す『データ活用の最適解』とは

2018年8月、ソフトバンクグループ傘下の英・Armがトレジャーデータを買収。そして現在、ソフトバンクとトレジャーデータは協業を加速させ、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援を本格始動するという。その狙いをソフトバンク藤平氏と、トレジ…

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)におけるバス自動運転の技術実証

プレスリリース:「JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」の実施について 実験概要 東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)、先進モビリティ株式会社、愛知製鋼株式会社、京セラ株式会社、ソフトバンク株式会社、日本信号株式会社および日…

導入目的の設定と運用の最適化がロボット活用のカギを握る

激変する経営環境の下、多くの企業が、先端技術の活用による新ビジネス創出を迫られている。JR東日本では、新たな経営ビジョンの下、ソフトバンクの「Pepper」を使った駅構内でのAI案内ロボットの実証実験を実践。その内容と結果から見た、AI、ロボット技術…

リアルで再現できない経験を、技を、仮想現実で継承する

近年ビジネスシーンでも導入が進むVR。JR東日本では東京総合車両センターに社員の安全意識向上を目的とした研修用VRを導入。コンテンツ制作はソフトバンクだ。本記事ではソフトバンクの小沢元氏、JR東日本の岩原照実氏、VRの更なる可能性を探る研究者の玉城…

データは分析せず解釈せよ。未来のECが目指す顧客体験

スマホの登場により、取得できる量も質も向上しているデータを便利で心地良い買い物体験に活用するには、どのようなスキルが必要なのか。ストライプデパートメントの佐藤満氏と、マーケティングやテクノロジーの第一線で活躍する菅原健一氏の対談を通し、「…

中小企業こそ導入したいクラウドバックアップとは

簡単かつ手軽に導入できるSaaS型クラウドバックアップの普及を背景に、中小企業でもバックアップ環境を構築できるようになりました。クラウドバックアップのメリットとデメリットを把握した上でその必要性を冷静に判断し、導入を検討したい手法であるといえ…

導入事例で確認!RPAでできること・できないことの違いとは?

生産性向上に役立つツールとして注目を集めているRPA。RPAで何ができるのか、苦手なことは何なのかを把握した上で、導入を検討する必要があります。本記事では、RPAでできることと苦手なこと、さらにRPAの事例をご紹介します。

情報革命を担う企業が集結、話題のコワーキングスペースやロボットも

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」の展示会場では、参加企業各社の最新ソリューションが多数展示。会場ではAIやIoT関連の先進的な取り組みを行う企業から、SlackやWeWorkといった知られた企業まで、「情報革命」を担う企業の展示が並ん…

世界のトップ企業が集うソフトバンクグループの「群戦略」。 その正体に迫る

本記事では、SoftBank World 2018の講演レポートとして、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の出資企業や合弁会社の講演から、ソフトバンクがもたらす情報革命の未来図を見ていきたい。冒頭ではインターネットの父と言われる村井純氏が語った5G後の社会に…

情報革命はどのように起こる?5G、IoT、AI、それぞれの今

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」。その基調講演で、孫正義は「情報革命=AI革命というような状況が今からやってくる」と語った。情報革命をもたらす鍵となるのが5G×IoTのネットワークだ。まずは、ソフトバンクの5Gに関する取り組み…

ここだけはおさえておきたい!サイバーセキュリティ 3つのポイント

急増するサイバー攻撃、なぜ増えているのか?どう対策すればいいのか?自社はどのような状況なのか?意外と知らない基本を上司に急に聞かれて困ったことはありませんか。本記事では、サイバー攻撃のトレンド、一般的に行われてるセキュリティ対策、対策の進…

パブリッククラウドは部品に過ぎない。Alibaba Cloudが提供する本当の価値

アリババグループは、中国で成功を収め、グローバルの小売業においても圧倒的No.1の地位を築いている。その基盤を支えているのが「Alibaba Cloud(アリババクラウド)」だ。本記事ではSBクラウドのソリューションアーキテクトである奥山朋氏に話を伺い、Alib…

中国・アジアでAlibaba Cloudが選ばれている理由

中国の巨大市場は日本も含めた多くの外国企業にとって魅力的に映るが、インターネット環境の特異性ゆえに、国外企業がWebサービスを提供する難易度はきわめて高い。本記事では、そんな中国でITサービスを展開するときに必要なことと、ビジネス展開において「…

【2020年最新版】パブリッククラウド比較 GCP・Azure・IBM Cloud・Alibaba Cloud・AWS

日本国内のパブリッククラウド市場は近い将来1兆円を超える規模になると言われている。本記事では、パブリッククラウドの特長や導入メリットを整理し、GCP、Microsoft Azure、IBM Cloud、Alibaba Cloud、AWSの主要クラウドサービスを中心に、プライベートク…

【保存版】超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識

本記事はブロックチェーンとはどのようなものか大まかに掴んでもらえるように、ネット上で一番丁寧にわかりやすく解説することを目指して作成しました。技術的なことをなるべく噛み砕いて説明しているので、非エンジニアの読者もブロックチェーンの概要が掴…

地方の子供に一流コーチの指導を。北海道天塩町の「未来への投資」

前編では、北海道天塩町(てしおちょう)における「Pepper 社会貢献プログラム」に着目したが、後編では、同じく天塩町の「ICT部活動支援」に紹介していく。いずれも、ソフトバンク株式会社と連携し、子供たちの可能性を引き出すICT活用プロジェクトである。…

Pepperで子供の可能性を引き出す。北海道天塩町の「未来への投資」

北海道の最北部に位置する人口約3,000人の町、天塩町(てしおちょう)。人口減少や高齢化など、深刻な課題が山積する小さな町で今、それらの解決を目指した革新的なプロジェクトの数々が進んでいる。 仕掛人は、天塩町副町長の齊藤啓輔氏。外務省、首相官邸…

社会問題を解決するためにロボットを活用する

目の前のアプリ開発だけでなく、より将来を見据えた長いビジョンを持ち、未来の社会問題を解決する存在へとロボットを進化させる―。その思いの背景にあるのは、大きな企業グループの一員としての使命感だ。富士通九州システムズが考えるPepperの可能性、ロボ…

テクノロジー定着論 AI、RPAは人と同じ。育てるもの

ソフトバンクでビジネスプロセスの改善・推進を担当し、RPA推進リーダーも務める上永吉聡志氏と、マイクロソフトやグーグルなどを経て、現在は幅広い企業の技術アドバイザーを務める及川卓也氏とともに、RPAの可能性とテクノロジーと人の理想的な共存のカタ…

Pepperに命を吹き込むオンリーワンの開発力の源泉とは

Pepperロボアプリ開発を行う企業としては、特殊な存在ともいえるジーアングル。主力事業はイラストや映像、音楽の制作だが、実は、コンテンツ制作で培った「みせる」ためのノウハウや技術がPepperに大きな価値をもたらしている。本記事ではジーアングル森氏…

最期の瞬間まで「食べる」を楽しむ|摂食嚥下障害と戦う医師の画期的な取組み

日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック院長 菊谷医師に「食べる」という生きるうえで、人生を楽しむうえで欠かせない行為を取り戻してもらおうという取り組みについて話を聞いた。

プログラミングの知識やスキルがなくても簡単自由自在にPepperを使いこなす

Pepperのセリフや動きを簡単な操作で設定できればいいのに…そんな声に応えるPepper動画設定アプリ「Smart at robo for Pepper」。同アプリ開発したM-SOLUTIONS株式会社 植草氏に話を聞いた。

位置情報は新たな武器になり得るか?マーケティングにおける「リアルの逆襲」

スマートフォンの普及、位置情報技術の進化により、ウェブだけの完結から、リアルと融合したデジタルマーケティングが注目を集める。先進的なマーケティングで知られる日本マクドナルドマーケティング本部長足立光氏と、ソフトバンクでデジタルメディア戦略…

「ロボットも最新技術を求めてる」Pepper App Challenge 2017 Autumnレポート

「Pepper App Chalenge 2017 Atutumn」とは、ソフトバンクロボティクス株式会社が主催するPepperロボアプリの最優秀賞を決定するコンテスト。本記事ではIoTやAIとPepperを連携させたロボアプリを募集した本コンテストをレポートします。

北海道帯広市 農業IoTで生育状況の把握や病害発見を実現

ドローンなどを活用したスマート農業ソリューションの実証実験を開始 北海道帯広市は、北海道東部の十勝地方のほぼ中央に位置する。人口は約17万人で、農業を主要産業とする十勝地方の中心地であり、農産物集積地、商業都市としての役割を担っている。また、…

地方創生を後押しする情報誌が持つ、紙媒体ならではの強みとは!?

2008年から始まった人口減少、加速度的に進む少子高齢化、そして歯止めのかからない東京への一極集中。これらの課題に立ち向かうべく、第2次安倍内閣が2014年9月に打ち出した政策が「地方創生」である。それから約3年。全国の自治体では、人口減少に歯止めを…

世界が注目する認知症対策「認知症サポーターキャラバン」

超高齢化社会に向けて突き進む日本。高齢者の加速度的な増加によって、今後、この国は様々な分野で大きな変化に直面することになるだろう。そして現在、国が抱えるリスクのひとつとして特に注目されている課題が、「認知症」への対応策だ。2015年に発表され…

「ロボットに気持ちを伝えたい!」ユーザとPepperをつなぐイサナドットネットのロボアプリ開発

Pepper for Bizのロボアプリ開発を行っているイサナドットネットの強みは、豊富な実績と、新技術や新デバイスを積極的に取り入れる柔軟さである。特に金融や医療領域での経験と実績は評価が高い。同社のロボティクス事業の最前線に立つ谷野氏に、開発の基本…

最新技術と連携したPepperが大集結!ペッパソン2017レポート

「ペッパソン」は「Pepper」を使ったハッカソン。本記事ではその模様をレポートします。参加者の皆さんには、2017年のペッパソンのテーマ「ロボットも最新技術を求めてる」をコンセプトに、IoTやAIなどの最新技術と連携させたロボアプリを開発してもらいまし…

ロボット社会を守る縁の下の力持ち、日立システムズの取り組み

ロボット活用おいてはアプリ ケーションだけでなく、現場で稼働するロボットをトラブルから守ることも必要となる。本記事では、IT機器の保守、サポートに関する経験を生かし、来るべきロボット社会を支える起業として注目されている日立システムズに、ロボッ…

人気ロボアプリ「ペップレ」に学ぶロボアプリ成功の3つの秘訣

「ロボアプリマーケット for Biz」における人気ロボアプリの1つである「ペップレ」。これは、Pepperにプレゼンをさせるためのロボアプリだ。このロボアプリを開発したエクスウェアの代表取締役 滝本氏と開発を担当した鵜口氏に話を聞いた。

お笑い専門のよしもとがマジメにロボットを研究していた!?

よしもとロボット研究所が開発するさまざまなロボアプリ。これらのアプリをいかに長く飽きさせずに使ってもらえるか、お笑いを生む会社「よしもと」ならではの人の感情に訴えかける見識と制作秘話、そして今後のPepperの可能性について高橋 征資氏、青山 貴…

新たな技術が人の働き方を変える|SoftBank World 2017 講演レポート3

「SoftBank World 2017」では、最新のソリューションを提供する企業による講演が多数実施された。本質的な「働き方改革」を可能にするコミュニケーションツール、そして、適用範囲の拡大が進むドローンなど、新しいテクノロジーがビジネスやヒトの働き方をど…

シンギュラリティをビジネスチャンスに変える2つの重要な考え方|SoftBank World 2017 講演レポート2

「SoftBank World 2017」において、大きな注目を集めた有識者による講演。有識者が示す、次世代を見据えたビジネスの考え方や目指すべき社会の方向性などに多くの来場者が耳を傾けた。本記事では東洋大学情報連携学部 各部長 坂村健氏とメディアアーティスト…

感情を持った車!? 近未来を感じる最新IoTソリューション事例|SoftBank World 2017 展示レポート

「SoftBank World 2017」の展示会場レポート。AI、IoT、Pepperを使ってビジネス変革や集客アップを図る、セキュリティを強化して大切なデータを守るなど、次世代のビジネスを形作るさまざまなソリューションが展示された。

AI・ロボット・Pepper for Biz先進事例|SoftBank World 2017 講演レポート1

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2017」では、AIやPepperをはじめとするテクノロジーの最新トレンド、それらを活用したビジネス変革の最新事例が多数紹介された。本記事では、2日間にわたるイベントの中から注目の講演を取り上げ、そのダイ…

自動運転バスに乗ってみよう!レベル4の自動運転 実証実験|SBドライブ 自動運転バス試乗会

2017年7月18日から23日の6日間、SBドライブも参画する「自動運転バス調査委員会」は、自動運転バスの一般向け試乗イベントを兼ねた実証実験を行った。用意された車両は、SBドライブが所有する「NAVYA ARMA」。実験車両として使われるのは国内初ということも…

堀江貴文対談「自動運転で地方を救う!モビリティの未来」|堀江 貴文氏 × SBドライブ 佐治 友基

自動運転の実用化に向け各地で実証実験を行うSBドライブ。国家プロジェクトにも採用され、2021年度の事業化を目指す。実証実験で見えてきた課題、現在地、2020年の予想、その先にある未来を、自動運転に高いビジネスポテンシャルを感じている実業家の堀江貴…

国内初!Pepperでイオンカードの入会手続きができる実証実験

イオンモール幕張新都心では2017年6月13日より、1台のPepperで最大3名までのイオンカード申込受付に対応できるカウンターを設置している。受付業務のデジタル化によるスタッフの負担軽減や待ち時間の削減、ミス防止が狙いだ。国内金融業界では初の試みとなっ…

本のソムリエが選ぶテクノロジーとビジネスの未来を読む3冊

本企画では、「テクノロジーとビジネスの未来を読むことのできる本」を本のソムリエたちが紹介する。3人それぞれの“未来の解釈”の中にこそ、これからのビジネスパーソンの生き方、そして、働き方のヒントがあるかもしれない。

Pepperをビジネス現場の“戦力”に!エコー電子工業が目指す現場のカタチ

早くからPepperのロボアプリ開発に挑戦し、数々の業務支援を行っているエコー電子工業の椋尾 和彦氏に、これまでの実績と今後の可能性を聞いた。

ソフトバンクの自動運転ビジネスとスマートモビリティ最前線

世界的に注目を集めている自動運転。ソフトバンクグループもSBドライブを設立して事業化に向けて日々挑戦している。しかし、その目指すところは、他の自動運転ベンチャーとは大きく異なっているようだ。同社が目指すスマートモビリティの未来について同社代…

【予測】3年後に人とロボットが共存し“心が通う”、その先

ロボットクリエイター高橋智隆氏とソフトバンクロボティクスの吉田健一氏の対談。「人×ロボット」の新たなコミュニケーションの未来予想図を語り合った。

新たな学習方法「アダプティブラーニング」のメリットと導入実例

企業が簡単にアダプティブラーニングを導入できるプラットフォーム「Cerego(セレゴ)」がもたらす学習の変化について、サイバーユニバーシティ株式会社 代表取締役社長の緒方氏に話を聞いた。また、いち早く「Cerego」を導入した西日本旅客鉄道株式会社の平…