「地方創生」記事一覧

ニッポンの観光、復興の鍵は「データ分析」と「ロングテール戦略」

日本政府観光局(JTO)が2020年4月に発表した訪日外国人数は99.9%減と、日本の観光業は大きなダメージを被った。 観光立国の実現に向けインバウンドによる消費拡大を目論んでいる日本にとって、観光業の復興は喫緊の課題だ。 今後、日本の観光業はどのような…

なぜ、農業IoTのデータ活用は上手くいかなかったのか? | 鹿児島県南大隅町e-kakashi導入事例

生産者の経験と勘に基づいたノウハウをデータで伝承していくため、現場では何が行われているのか。鹿児島県南大隅町での実証実験ワークショップの様子をレポートする。

医療MaaS 「医師の乗らない移動診療車」が挑む地域医療問題 | 長野県伊那市実証事業 現地取材

長野県伊那市では医療課題をMaaS(Mobility as a Service)によって解決するべく、モバイルクリニック実証事業を推進している。同市の白鳥孝市長が「医療MaaSが過疎地域の問題を解消する」と期待を寄せる本取り組みを、市長、医療関係者、事業の担当者と各方…

レゴ®️ブロックで「地方創生」「XaaS共創」を体感!ワークショップレポート

地方創生やXaaSをキーワードに共創を目指すビジネスプラットフォーム「ONE SHIP」。その参加企業を対象に実施されたレゴ®シリアスプレイ®を使ったワークショップをレポートします。

農家の「経験と勘」をデータで次世代につなぐ。農業IoT最前線 | 秋田県仙北市実証実験

秋田県仙北市は市内の水稲農家にソフトバンクの農業向けIoTソリューション「e-kakashi」を試験導入。本記事では、IoTの導入により農業がどう変わったのか、関係者への取材を通じて紹介する。

「MaaS経済圏」の誕生。都市のコントローラーは誰の手に?【後編】

「MaaS Tech Japan」代表取締役の日高洋祐氏による、全2回のMaaS講義。後編となる本記事は、日本におけるMaaSの現在地と、これからMaaSと共に生まれる新しい経済圏について紹介していく。

海外事例から学ぶMaaS基礎講座。モビリティ革命がもたらすもの【前編】

「MaaS Tech Japan」代表取締役の日高洋祐氏による、全2回のMaaS講義。前編となる本記事ではMaaSの基本概念と海外の先進事例を紹介し、理解を深めていく。

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)におけるバス自動運転の技術実証

プレスリリース:「JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」の実施について 実験概要 東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)、先進モビリティ株式会社、愛知製鋼株式会社、京セラ株式会社、ソフトバンク株式会社、日本信号株式会社および日…

地方の子供に一流コーチの指導を。北海道天塩町の「未来への投資」

前編では、北海道天塩町(てしおちょう)における「Pepper 社会貢献プログラム」に着目したが、後編では、同じく天塩町の「ICT部活動支援」に紹介していく。いずれも、ソフトバンク株式会社と連携し、子供たちの可能性を引き出すICT活用プロジェクトである。…

Pepperで子供の可能性を引き出す。北海道天塩町の「未来への投資」

北海道の最北部に位置する人口約3,000人の町、天塩町(てしおちょう)。人口減少や高齢化など、深刻な課題が山積する小さな町で今、それらの解決を目指した革新的なプロジェクトの数々が進んでいる。 仕掛人は、天塩町副町長の齊藤啓輔氏。外務省、首相官邸…

ユルさと変化を楽しむ風土がポイント!神山町 企業誘致の裏側

前編にて紹介したSansan株式会社を皮切りとして、神山町にはその後も東京・大阪などの大都市圏から、主にIT関連の企業が続々とサテライトオフィスを開設。現在は16社にまで増えている。この動きは神山町だけに留まらず、徳島県全体に波及。南部海沿いの美波…

希少価値につながる働き方、神山町のサテライトオフィスで働くこと

2017年12月18日、徳島県とソフトバンクは、IoT、ビッグデータ、AI等の利活用により地方課題の解決を図るとともに、新たな産業・サービスの創出を目指す「とくしまインダストリー4.0」の実現に向け、包括連携協定を締結。その徳島県では、過疎化・高齢化が最…

北海道帯広市 農業IoTで生育状況の把握や病害発見を実現

ドローンなどを活用したスマート農業ソリューションの実証実験を開始 北海道帯広市は、北海道東部の十勝地方のほぼ中央に位置する。人口は約17万人で、農業を主要産業とする十勝地方の中心地であり、農産物集積地、商業都市としての役割を担っている。また、…

地方創生を後押しする情報誌が持つ、紙媒体ならではの強みとは!?

2008年から始まった人口減少、加速度的に進む少子高齢化、そして歯止めのかからない東京への一極集中。これらの課題に立ち向かうべく、第2次安倍内閣が2014年9月に打ち出した政策が「地方創生」である。それから約3年。全国の自治体では、人口減少に歯止めを…

世界が注目する認知症対策「認知症サポーターキャラバン」

超高齢化社会に向けて突き進む日本。高齢者の加速度的な増加によって、今後、この国は様々な分野で大きな変化に直面することになるだろう。そして現在、国が抱えるリスクのひとつとして特に注目されている課題が、「認知症」への対応策だ。2015年に発表され…

【特集記事】LOCAL × TECH 変貌する日本の地方 全7回

少子高齢化によって生産人口が減少するなか、すでにさまざまな課題に直面している地方では、先端テクノロジーを使った取り組みが行われている。そういった取り組みを7回に分けて紹介する。

【対談】リアルコミュニティが、IoT社会を実現する

IoTが社会に実装されて本領を発揮するのは、膨大な端末やセンサーが行き渡り、それらを通信させるネットワークが整備されたときである。本記事では、IoTがもたらす地方創生をテーマに元総務大臣補佐官 太田直樹氏と、ソフトバンクの地方創生事業を推進する永…

【対談】東アジアの中心に創出する、次世代テック市場

九州最大の都市・福岡市。スタートアップビジネスを後押しする自治体のサポートも手厚く、起業家たちから熱視線が注がれている。本記事では「ドローンにはどんな可能性があるか」をテーマに関係者による対談をお届けする。

【対談】商店街にIT企業?再生の先にある、新しいコミュニティ

4年前まで典型的なシャッター商店街だった宮崎県日南市にある油津(あぶらつ)商店街が再生のモデルケースとして注目されている。なぜ、わずか4年で再生することができたのか。日南市の﨑田恭平市長と「studio-L」代表の山崎亮氏に、これからの地方創生のあ…

【対談】LPWAは、産業と子育て世代を呼び戻せるか

静岡県藤枝市は近年人口が増加しつつも、進学により市外に転出した若者が戻ってこないことが課題だ。そこで打ち出した新たな施策の一つが、LPWAネットワークによるIoTの活用。本記事では、その取り組みの背景や狙い、今後の展望について、藤枝市副市長の河野…

【対談】シェアサイクルが、郊外都市のデザインを変える

首都圏郊外25km圏の新興住宅地、美園地区はシェアサイクルアービス「エコモビ powerd by HELLOCYCLING」を導入。本記事では、その取り組みの背景や狙い、今後の可能性について、同事業の自治体・協会側のキーマンと、NewsPicksプロピッカーで地方創生の仕掛…

【対談】IoTが切り拓く、農業で“稼ぐ”地方の未来

これからの50年で、日本の総人口は約9000万人まで減少する。生産人口が減り、介護や医療などの問題も深刻化するなか、どう社会を存続させるか。本記事では、士幌高校の近江校長と、営農支援事業を行う「テラスマイル」代表取締役 生駒氏に、アグリテックによ…

【インタビュー】IoT時代の地方の現実。その課題と可能性|元総務大臣補佐官 太田 直樹

これからの50年で、日本の総人口は約9000万人まで減少する。生産人口が減り、介護や医療などの問題も深刻化するなかで、どのように社会を存続させるのか。現在の地方が抱える課題と展望について、総務大臣補佐官として地方創生やIoT活用に取り組んだ経験を持…

地域住民の「やりたい!」が原動力。新しい商店街コミュニティのかたち

シャッター商店街から再生した宮崎県日南市にある「油津商店街」。そこは長年の歴史と、新しいコミュニティが共存する油津商店街は、活気で溢れる素敵な商店街だった。活性化事業の主導者に選ばれた木藤 亮太氏と、対談を終えた崎田 恭平市長の案内のもと、…

「シェアリング×プラットフォーム」でつくる“ショートな移動”とは|根来龍之 氏 × OpenStreet 横井晃 氏

自動車に始まり、家やオフィス、衣類や家具、家電などさまざまなモノがシェアされるようになった。今後どのように変貌を遂げるのか。IT/ネットを活用したビジネスモデルに精通した早稲田大学ビジネススクール教授の根来龍之氏とOpenStreet株式会社の代表取…