非表示_転載_デジタルプラットフォーム進化論

デジタルプラットフォーム進化論

世界がニューノーマルに突入して早1年。ビジネスを取り巻く環境は新型コロナ以前にも増して急激に変化を続ける。変化に柔軟に対応し、次の時代を勝ち抜くDXを推進するためには、ネットワークとクラウドのシームレスな融合が必須だ。双方の第一人者であるソフ…

テレワークの急拡大で伸長した「Windows Virtual Desktop」 ポイントはきめ細やかなフォローとクラウドの柔軟性

マイクロソフトの「 Windows Virtual Desktop(WVD)」が好調だ。Windows OSとの高い親和性やコロナ禍における早期導入が可能な点が受けている。一方でWVDを契機としたクラウド化も進む。Microsoft Azureの最上位パートナープログラムを取得したソフトバンクと…

Microsoft Azureを知り尽くしたソフトバンクが日本の次世代クラウドビジネスを牽引する

(2021年5月26日掲載) ■本記事は日経XTECH Specialに2021年3月31日に掲載されたものです。 長く「 Microsoft Azure 」の販売パートナーを務めてきたソフトバンク。2020年2月には、マイクロソフトから「 Microsoft Azure Expert MSP 」の認定を受け、“ 「 Mi…

ニューノーマルの音声コミュニケーション像を探る

テレワークの浸透により、多くの企業でデジタルツール導入やオフィス移動が検討されているが、意外に盲点なのが「固定電話をどうするか」という課題だ。ソフトバンクとマイクロソフトが開発した「UniTalk」は、そんな課題を解決する次世代の音声コミュニケー…

Microsoft 365 E5×ソフトバンクのセキュリティサービスで実現するニューノーマル時代のセキュリティ対策

戦略的提携によって新たな価値創造を目指し、さまざまな取り組みを進めているソフトバンクとマイクロソフト。今回はセキュリティ支援に関するコラボレーションをテーマに、両社のキーパーソンが対談。いま企業に求められるセキュリティへの視点や提携による…

クラウドとネットワークが切り開く未来、ビッグプレイヤーが手を組んだ理由

「Beyond Carrier」戦略を掲げ、通信事業を基盤として最先端のテクノロジーを活用しながら事業領域の拡大を進めているソフトバンク。新しい価値を提供するために、戦略的なクラウドパートナーとして組んだのがマイクロソフトである。ネットワークとクラウド…

DXを加速させるため、ソフトバンクは「ディスラプター」になる

“ネットワーク×クラウド”のシームレスな連携により、マイクロソフトと新たな価値創造をめざすソフトバンク。クラウドの導入から運用までをトータルで手がけるMSP(Managed Service Provider)サービスを開始し、戦略的提携によって日本におけるDXを推進しよ…