テクノロジーを活用した事務的業務の効率化・省人化

映像を使ったコミュニケーションでテレフォンオペレータの応対品質を向上させましょう

ソフトバンク株式会社が提供する「VISUAL TALK」は、スマートフォンのカメラを使い、映像でのコミュニケーションを実現するソリューションです。その活用方法や特長についてソフトバンク株式会社 法人事業統括の野代 広司に聞きました。

AIで高精度な需要予測を実現 ~分析ツールの導入プロセス事例~

「AI」や「DX」など、ビジネスシーンではデジタルを活用した変革が求められています。しかし多くの顧客や商材を持つ企業の場合、膨大なデータを分析しきれていない、あるいは分析のために工数をかけている、分析の精度が安定しないなど課題があります。 本ブ…

AI分析の導入事例~属人的な運用から脱却した方法~

「AI」や「DX」のように、デジタルに関するワードがビジネスシーンでトレンドになっていますが、クラウドやデータ分析と比べてAIは多くの企業が活用できていません。 本ブログでは、AIプラットフォーム「DataRobot」を導入した際に直面した2つの課題を例に…

「顔認証」によるバックオフィスの効率化

人手不足や働き方改革など、バックオフィスの課題を解決するソリューションとして注目されているのが、店舗の入口などで来客の温度検知として活用が広まった「顔認証」です。本稿では「顔認証」のバックオフィスでの活用について説明します。

中小企業でのRPA活用、どんな業務を任せられるのか

近年、中小企業では人手不足の影響が顕著になっています。単純作業に多くの時間を取られてしまい、なかなか業務効率が上がらない状況下で、RPAを活用し単純作業を自動化することは人手不足の解決策の1つです。本稿では中小企業においてRPAの活用で何ができ…

アフターコロナに備えるためのコスト最適化とは

闇雲にコスト削減に走り、業務の効率化を悪くさせていませんか?重要なのは「コスト削減」ではなく「コストを最適化」することです。アフターコロナを見据えて、戦略的投資を支えるコスト最適化の注意点と具体例を紹介します

今、中小企業に業務の見直しが求められる理由

少子高齢化による労働人口の減少や、新型コロナウイルス感染症対策など、中小企業を取り巻く状況は一段と厳しいものになっています。そんな中で中小企業は、どのような対応を行うべきなのでしょうか? 本稿では、身近な業務の見直しによって、労働生産性を高…

多様な人材と出会うための採用エンゲージメント ~ソフトバンクの人事統括部長が語る採用戦略~

ソフトバンクの人事統括部長が語る採用戦略のウェビナーから、採用活動が一気にデジタル化した採用市場における候補者体験(CX)と従業員体験(EX)を基本とした採用DX・採用エンゲージメントの考え方を紹介します。

照明のLED化が済んでますか? 予算化せずにまとめてLED化してコスト削減を実現

従来照明が手に入りにくくなる「照明の2020年問題」。あなたのビル・工場・病院のLED化はもう済んでいますか?初期費用が高く、なかなか導入が進まないLED。初期費用をなくし、よりよい照明環境の中で業務ができる「LEDエスコレンタルサービス」を紹介します…

最新の採用市場と考えるべき戦略 ~採用戦略アップデートの鍵は「リソースの最適化」~

ジョブ型雇用やオンライン面接など、採用市場のトレンドを捉えて採用戦略を練ることがより重要になっています。 本記事では、Thinkings株式会社 森田取締役のウェビナーから、採用市場の変化を踏まえた戦略と、テクノロジーを活用したリソース最適化について…

総務業務のDXは「目的と進め方」が重要

データとデジタル技術を活用して製品やサービス、ビジネスモデルを変革するDXの取り組みが進んでいます。多くの企業では、デジタル技術を活用した改革を実現できていません。ソフトバンクではDXの一部として、総務業務のデジタル改革を実施しました。その取…

テレワークの急拡大で伸長した「Windows Virtual Desktop」 ポイントはきめ細やかなフォローとクラウドの柔軟性

マイクロソフトの「 Windows Virtual Desktop(WVD)」が好調だ。Windows OSとの高い親和性やコロナ禍における早期導入が可能な点が受けている。一方でWVDを契機としたクラウド化も進む。Microsoft Azureの最上位パートナープログラムを取得したソフトバンクと…

ビジネスアプリケーションの種類やメリット・デメリットを知って、業務効率化に活用しよう

ビジネスアプリケーションを活用して業務効率化につなげるには、機能や使いやすさをよく吟味して、自社に合うものを選ぶことが重要です。ビジネスアプリケーションの概要やメリット・デメリット、主な種類を知った上で、選定のポイントを探りましょう。

コロナ禍で加速した、大正大学のスマートユニバーシティ構想

大正大学では、大学教育、研究活動、キャンパス運営にテクノロジーを活用するスマートユニバーシティを目指し、ソフトバンクとDXに取り組んでいる。 同校のDXプロジェクトについて大正大学とソフトバンクのプロジェクトメンバーに話を聞いた。

ニューノーマル時代に求められるマネージメント層の人材育成とケア

ニューノーマル時代を迎え、組織運営には新たな課題が生じています。課題解決のために、マネジメント改革とそれを担うマネジメント層の育成が求められています。テレワーク下で必要となるスキルや施策を確認しながら、マネジメント層への教育とケアについて…

ニューノーマルに対応する新しいオフィスのあり方を考える

ニューノーマルな時代を迎え、生活様式の変化に伴い、オフィスや工場・製造現場のあり方も大きく変わりました。今回はその変化がどのようなものであるのかを確認し、ニューノーマルな時代に成長できる形を探ります。

【HELPO事例】福岡市11万人のPCR検査を支えるヘルスケアテクノロジーズ

福岡市が市内の医療機関・高齢者施設・障がい者施設の従業員11万人を対象に大規模なPCR検査を実施している。その運営・検査を担うのがヘルスケアテクノロジーズとSB新型ウイルス検査センターの合同チーム。検査目的や検査の流れについて福岡市保健福祉局部長…

エンタープライズRPAとは。RPAとの違いと導入の重要性

企業の業務効率化、生産性の向上は、働き方改革を推進するうえで重要な課題です。今回は業務を幅広く自動化するためのエンタープライズRPAを活用するために、RPAとの違いや特徴、また、導入する際に専門企業を活用するメリットを紹介します。

DX推進における課題と成功に導く3つのポイント - DX推進ガイドラインを踏まえ解説

DXを推進する上で立ちはだかる「2025年の崖」問題。それは大きく4つの課題から構成されている。DX推進が急務である今、企業にとってはクリアしなければならない課題である。本稿ではこれら4つの課題を説明しつつ、 DXを推進する上での3つのポイントを解説す…

デスクワークの自動化を実現するRPA

デスクワークの自動化を実現するRPAは、働き方改革への注目を背景に中小企業でも急速に導入が進んできました。本記事ではRPAを活用した自動化が求められる背景や、RPAの導入が進む業務内容について解説します。

テクノロジーで総務・人事を再定義する|SoftBank World 2020

ソフトバンクでは2017年から「Smart & Fun!」をキャッチフレーズとした「働き方改革」を推進してきた。そして、その取り組みはwithコロナの今、あらためて価値を創出しつつある。本記事では、人事・総務のメンバーによる「オフィス移転・見直し」「テレワー…

ニューノーマル時代の人事評価と社員教育とは?

ニューノーマルな時代の社会では、テレワークが急増し、働く環境が様変わりしつつあります。多様な働き方の社員一人一人を適切に評価し、スキルアップを促すためには、どんなことに留意すればいいのでしょうか。ニューノーマル時代の人事評価や社員教育のあ…

工数削減による業務効率化の必要性と取り組み方について

日本企業が働き方改革を推進しながら生産性を高め、競争力を維持していくためには、業務効率化への取り組みが不可欠です。業務効率化の必要性をあらためて確認した上で、効率化の具体的な方法や手順、ポイントを紹介します。

【GOVTECH】日本の電子政府化に向け、霞が関では何が起きているのか?

日本の政府は現状と課題をどのように捉え、電子政府化を推進しようとしているのか。行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第二回は、政府CIO(Chief Information Officer)上席補佐官の平本健二氏に話を伺った。

ノンプログラマーがすすめる、はじめてのGASプログラミング

GASとはJavaScriptをベースとしたスクリプト言語で、Gmail やGoogle ドキュメントなど、G Suite のサービスどうしの連携や自動化ができるようになります。本記事では、Google フォームを使って自動でメールを送るGASについて、解説と実装方法を紹介します。

【初心者向け】Society 5.0を徹底解説!定義・技術・事例まで

Society5.0はAIやロボットの力を借りて、我々人間がより快適に活力に満ちた生活を送ることができる社会である。これまでの現実世界に加えて、仮想空間との融合で豊かな社会を実現していこうとしているものだ。本記事ではSociety5.0の定義や利用されている技…

スマートシティ国内事例10選【2021年最新版】

スマートシティとは、「都市の抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)が行われ、全体最適化が図られる持続可能な都市または地区」であると、国土交通省は定義している。本記事ではそんなスマートシティの…

【徹底解説】デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業の変革」という意味のビジネス用語として使われることが一般的です。DXが注目される要因である「2025年の崖」が迫る中、企業はどのようにDX…

経済産業省が定義するデジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?

DXは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念のことを指します。日本では経済産業省が2018年に「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」をまとめ動き始めています。本記事ではその概要…

契約締結は紙+印鑑で本当に万全!?電子契約のトレンドと安全性を知ろう

印鑑を利用して紙で契約を締結するのが日本の文化ですが、その安全性がいま疑問視されています。そこで注目されているのが電子契約です。今回はセキュリティの観点から電子契約のメリットをみてみましょう。

RPA導入で業務の効率化を実現した事例を一挙紹介

RPAを活用することで作業効率を高め、オペレーションミスを無くすことができます。具体的にはどのような作業が効果を生んでいるのか、各業界での事例を見ながら確認してきましょう。

AI-OCRとは?RPAと組み合わせて実現できることとは?

AI-OCRに注目が集まっています。OCRに比べ識字率と項目の識別能力が高いのが特長です。本記事では東京都足立区のRPAとAI-OCRを使った事例からAI-OCRで実現できることを紹介していきます。

RPAを導入するときのポイントとさまざまな支援サービス

働き方改革関連法が施行され、企業では業務の見直しや効率化が課題となっています。本記事では業務効率化の取り組みとして注目されているRPAの導入時のポイントと支援サービスについてご紹介します。

業務フローとは?業務効率向上を実現させるための業務フローの書き方を解説

業務フローとは、仕事の現場で行っている業務プロセスを可視化するために作成するフロー図のことです。業務効率を実現するために、業務フローは重要な役割を果たします。業務フローを組織的に根付かせるためには、統一規格を決めて教育を実施することが効果…

ITツールを使って業務改善を実践する方法とは

働き方改革が注目される昨今、重要度を増している業務効率や生産性を向上は、一般的にはITツールを活用しながら進めることが容易とされています。ここでは、業務改善の概念を解説した上で、その手順や、業務改善に役立つITツールを紹介していきます。

今さら聞けないRPAとAIの違いとは? 具体例を挙げて解説

RPAとAIは混同しやすいですが、今回は分かりやすく「見積書を発行する」という業務を例に出しながら、それぞれの違いを解説していきましょう。それぞれの違いを正しく理解しておけば、今回の見積書発行の例以外にも、さまざまな業務に応用することが可能にな…

RPA導入の手順とは?課題を想定してスムーズに運用するには

人材不足の解消や働き方改革の実現を目指す上で、大きなメリットがあるといわれるRPA。RPAの導入に成功した場合には、作業時間の短縮や働き方改革の実現による人材採用の多様化にもつながります。本記事では、RPAの導入の準備や手順、導入時に起こりうるリス…

導入事例で確認!RPAでできること・できないことの違いとは?

生産性向上に役立つツールとして注目を集めているRPA。RPAで何ができるのか、苦手なことは何なのかを把握した上で、導入を検討する必要があります。本記事では、RPAでできることと苦手なこと、さらにRPAの事例をご紹介します。

業務効率化で働き方改革を実現!10の手法とプロセスを解説

「業務効率化」は少し漠然とした言葉でイメージしづらいですが、企業にとって今後の労働人口の減少の対策になるだけではなく、経費の削減や社会的評価の向上にもつながります。本記事では業務効率化が求められている背景をお伝えするとともに、10の具体的な…

RPAとは何なのか?導入のメリット・デメリットと労働環境の変化

働き方改革が叫ばれる昨今、企業の生産性向上のためにRPA(Robotic Process Automation)という技術が注目を集めています。本記事ではRPA導入のメリット・デメリットと、RPAを導入することによって労働環境がどのように変化していくのかみていきます。

ソフトバンクのRPA活用事例4選

新型コロナウイルス感染症に対する不安が続く中で、RPA(Robotic Process Automation)を本格的に活用しようという動きが出てきているようだ。 本記事ではRPAソリューション「SynchRoid(シンクロイド)」を提供するソフトバンクが、同ソリューションを活用…

RPA×パブリッククラウドで働き方改革を日本全国に

AIを活用した非定型業務の自動化など、RPAの先端領域への投資を積極的に行ってきたソフトバンクの次なる一手。それがパブリッククラウド「Alibaba Cloud(アリババクラウド)」と「SynchRoid」のコラボレーションだ。ソフトバンクの木下 貴士氏にそのメリッ…

テクノロジー定着論 AI、RPAは人と同じ。育てるもの

ソフトバンクでビジネスプロセスの改善・推進を担当し、RPA推進リーダーも務める上永吉聡志氏と、マイクロソフトやグーグルなどを経て、現在は幅広い企業の技術アドバイザーを務める及川卓也氏とともに、RPAの可能性とテクノロジーと人の理想的な共存のカタ…

RPAとAIの融合が描く「働き方」の未来像

働き方改革がなかなか浸透しない中、その課題を解決する施策の1つとして期待されているのが、RPAとAIの導入による生産性の向上だ。本記事ではその2つがコラボレーションした先進事例を取り上げ、「働き方改革」がもたらす労働環境の未来像を検証する。