「非表示_DX」記事一覧

金融、製造、運輸。産業のDXに必要なこと|SoftBank World 2020ダイジェスト

金融や製造、運輸など、これまでデジタル化があまり進んでいなかった業界においてもDXの波はすでに訪れようとしている。本記事では、SoftBank World 2020の講演の中から産業のDXについて語られた3つのセッションをダイジェストで紹介する。

DX Conference 市民ファーストで進める行政サービスのデジタル化|SoftBank World 2020ダイジェスト

産官学民連携による行政サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)が進められている福島県会津若松市。どのようにしてデジタル化を推進してきたのか。そして、このモデルを全国で実装するためにはどうすれば良いか。本記事では、アクセンチュア・イ…

【GOVTECH】地方行政のDX、自治体が担うべきは「信頼」の担保

行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第3回は日本の地方行政の現場にフォーカスする。 さいたま市のスマートシティ構想と、市民の個人情報パーソナルデータ を預かり管理する「情報銀行」の取り組みについて、さいたま市長の…

物流業界をDXする「MeeTruck」が生まれるまで。 | ソフトバンクの新規事業開発ストーリー

ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱える物流業界。トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスを提供する「MeeTruck」は、ソフトバンクのデジタルトランスフォーメーション本部の新規事業開発の取り組…

データドリブンを活用した経営で競争力を高めるために

顧客の消費行動が変化し、ニーズの変化も速くなっている時代において、企業が競争力を高め、成長を続けるために注目されているのがデータドリブン(Data Driven)に基づいた経営です。今回はデータドリブンの概要と、必要とされる理由を確認し、どのように取…

【GOVTECH】日本の電子政府化に向け、霞が関では何が起きているのか?

日本の政府は現状と課題をどのように捉え、電子政府化を推進しようとしているのか。行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第二回は、政府CIO(Chief Information Officer)上席補佐官の平本健二氏に話を伺った。

日本でAI予測が普及していない3つの理由

ビッグデータの時代とは、すなわち予測の時代でもある。予測の精度は企業の利益に直結するが、日本ではAI予測はまだまだ普及していない状況だ。AIによる予測分析プラットフォームを提供するFindability SciensesのCEOのアナンド・マフルカル氏とFindability …

【DX塾:物流】「完璧」を目指す日本人と「最適」を目指す欧米人、DXが進むのは?

物流にイノベーションを起こした企業は、DXにより業界の地図を大きくかえようとしているがいずれも日本企業ではない。では日本の物流はどのようにDXしていけば良いのかー。ヨーロッパ最大の戦略コンサルティング会社であるローランド・ベルガーのパートナー…

オンライン健康医療相談サービス「HELPO」が日本の健康をDXする

2020年7月29日、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、法人・自治体向けオンライン健康医療相談サービス「HELPO」をリリースした。社員の健康相談から始まり、日本の医療問題の解決まで見据えているという同社の展…

【DX塾:製造業】日本に年収1億円の「ファクトリーデザイナー」が生まれる日

長く日本の経済成長を支えてきた製造業においてもDXが世界的なトレンドになっている。本記事では、スマートファクトリー事業を手掛ける株式会社FAプロダクツ 代表取締役会長の天野眞也氏に招き、日本の製造業のDXについて伺った。

ソフトバンクがニューノーマル時代の新たな営業スタイルを実現させるまで

対面での営業活動が困難となる中、ソフトバンクは従来より進めてきた営業のデジタル化をさらに加速しつつあるという。失敗や苦労も多かったというその取り組みを、2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnにおける藤長の講演内容から抜粋し、振り…