AI関連記事

製造業におけるデータ活用方法

Alibaba Cloudのリアルタイム分析ソリューションを活用することで、これらの課題を解決し、業務効率や生産性を向上させることが可能です。 Alibaba Cloudを活用することで、お客様が持つ多様多種なデータをリアルタイムで連携・収集・処理し、可視化を行うこ…

AIで高精度な需要予測を実現 ~分析ツールの導入プロセス事例~

「AI」や「DX」など、ビジネスシーンではデジタルを活用した変革が求められています。しかし多くの顧客や商材を持つ企業の場合、膨大なデータを分析しきれていない、あるいは分析のために工数をかけている、分析の精度が安定しないなど課題があります。 本ブ…

AI分析の導入事例~属人的な運用から脱却した方法~

「AI」や「DX」のように、デジタルに関するワードがビジネスシーンでトレンドになっていますが、クラウドやデータ分析と比べてAIは多くの企業が活用できていません。 本ブログでは、AIプラットフォーム「DataRobot」を導入した際に直面した2つの課題を例に…

~AIソリューションカンパニーFindability Sciences 創業者が語る~ 海外と日本におけるDX・AIへの考え方の違い

日本では「AI」「DX」への関心が高まっていますが、世界と同じ水準に達しているとは言えません。本記事では、アメリカのAIソリューションカンパニーCEO Anand Mahurkar氏と、Findability Sciences株式会社のCEOである中林真人氏に、海外におけるAIの考え方に…

欧米の大手製造業が中国に設立したスマート工場の事例

ボッシュ、シーメンス、ダンフォス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、ユニリーバなどの欧米の製造業が中国国内に設立したスマート工場「ライトハウス工場(Lighthouse)」の事例を紹介します。

中国古書の文字をAIで解析するアリババDAMOアカデミーの産学連携プロジェクト

アリババグループは四川大学、カリフォルニア大学バークレー校などと協同で中国の古書をデジタル化し、古代文字をAIで解析するプロジェクト「漢典重光プラットフォーム」を開始しました。

スマホ1台でフィットネスを実現する、阿里体育の人体映像認識AIとは

アリババグループでスポーツ関連事業を展開する「阿里体育(AliSports)」では、DAMOアカデミーの人体映像認識AIを活用し、コロナ禍でもスマートフォンやタブレットだけで室内運動が可能な運動サービスを開始しました。

「顔認証」によるバックオフィスの効率化

人手不足や働き方改革など、バックオフィスの課題を解決するソリューションとして注目されているのが、店舗の入口などで来客の温度検知として活用が広まった「顔認証」です。本稿では「顔認証」のバックオフィスでの活用について説明します。

IoT×クラウドで酪農DXを実現した「蒙牛乳業」の事例

大手乳業メーカー「蒙牛乳業」は100万頭の乳業にIoTセンサーを取りつけて乳牛の体調を管理。収集したデータをクラウド上で管理することでに生産量向上&コスト削減に成功しました。

「5G×ロボットアーム」の遠隔操作は、どこまで人の手の繊細さを再現できるのか?

日本でも本格化している5Gの利活用。産業分野では数々のユースケースが生まれている。その先端事例の1つが大成建設とソフトバンクによる「5G×ロボットアームの細胞培養実証実験」である。5Gを利用した遠隔操作がもたらす可能性について、大成建設株式会社 の…

AIを使って、ABテストせずに効果的なクリエイティブを作る

コロナ禍の影響もあり、デジタルマーケティング、Webサイトやクリエイティブデザインの重要性が高まっています。 このブログでは、AI予測分析プラットフォームを提供するFindability SciencesのCEOである中林真人氏に、デジタルマーケティングにおけるクリエ…

自動運転車やドローンを物資輸送に活用した中国の新型コロナ感染対策

中国・広東省広州市は文遠知行(WeRide)、小馬智行(PONY)、京東、美団などのIT企業と協力し、生活用品や医療物資の配送に自動運転車を活用しています。ロボットレストランを運営している碧桂園とはマンション内の物資輸送で協力しています。

画像認識AIをEC運営業務に活用、開発者が語るアリババ発AIの魅力

コロナ禍の外出自粛で実店舗への来客数が落ち込む中、小売業界はECへの投資を拡大しておりますが、ECサイトの運営にはさまざまな課題があり、担当者の業務は増える一方です。 この記事では「ECサイト運営支援画像認識AIソリューション(以下、画像認識AIソリ…

世界最先端「ライトハウス工場」に中国企業が多い理由

第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス工場」。2021年6月時点では世界で69の工場が認定され、そのうち21ヵ所は中国に点在しています。これら中国のライトハウス工場から見えるトレンドをまとめました。

自動車保険の故障判定を画像AIで自動化するアントグループの「定損宝」

アリババのグループ企業、アントグループが提供する「定損宝(ding sun bao)」は自動車事故の故障判定を画像AIで自動化することで、自動車保険業界のコスト削減に貢献するソリューションです。

画像AIを品質検査に活用した太陽光パネル製造「正泰新能源」

中国の太陽光パネル製造大手「正泰新能源(Chint New Energy)」は品質検査工程にAlibaba CloudのAI技術を活用。不良品検知を迅速に行うことに成功しました。

ハイアールのスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステム

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の総合家電メーカー「ハイアール」のスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステムを紹介します。

急成長のレンタルサービス「人人租机」を支える芝麻信用の信用スコアとクラウド技術

デジタル製品のレンタルプラットフォーム「人人租机」は芝麻信用の信用スコアを活用し認証作業が数秒で完了。インフラもAlibaba Cloudを導入し、安定したサービス運営を実現しました。

Alibaba Cloudと提携した啓蒙玩具の「産業インターネット」導入効果

レゴ互換製品の設計、製造から販売まで行う「啓蒙玩具(広東啓夢玩具実業、enlighten)」はAlibaba Cloud(阿里云)と提携し、製造のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践。業務効率化・コスト削減に成功しました。

中国政府が推進する住宅地のスマート化計画と活用されるAI技術

中国政府住建部は2020年7月に「智慧城市建築及居住区建設規範」という住宅地のスマート化に関するドラフト版を発表しました。この記事では正覚智能やAlibaba Cloud(阿里云)が展開するAIを活用した住宅地のスマート化ソリューションを紹介します。

美的集団のスマート工場戦略とIoTプラットフォーム「美擎」

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の家電製造業「美的集団(Midea)」のスマート工場とIoTプラットフォーム「美擎」の事例を紹介します。

フォックスコン(鴻海)のスマート工場戦略とDX人材育成の取り組み

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の電子製品製造業界「フォックスコン(Foxconn Technology Group、鴻海科技集団)の」の深セン、成都工場のスマート工場事例、DX人材育成の取り組みを紹介します。

気象予報や災害予測に活用される中国のAI・クラウド技術

重慶市では気象予報にクラウドやビッグデータやAIを積極的に活用し、「天資」という天気予報システム建設プロジェクトを立ち上げました。 イギリス気象庁とAlibaba Cloudはオープンプラットフォーム「天池(Tianchi )」で、AI専門家や技術者からアイディア…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

10兆種類のカスタマイズが可能な自動車製造「上汽大通」のスマート工場

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の自動車製造業「上汽大通(SAIC Maxus Automotive)」の南京工場が展開するデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを紹介します。

菜鳥網絡(Cainiao)の物流ネットワークを支えるAI・IoT・デジタルツイン技術を解説

アリババグループの物流企業「菜鳥網絡科技有限公司(Cainiao)」は「中国全土24時間、全世界72時間の配送」を目指し、物流業界向けにさまざまなサプライチェーンサービスを提供しています。この記事では菜鳥のサービスを支えるテクノロジーを解説します。

建設業界の人手不足を解消するDXとは

労働人口が減少するなか、市場拡大の傾向しなる建設業界では、いくつもの課題に直面していますが、課題を解決する手段としてはDXへの取り組みが有効です。本稿では建設業界が直面する課題を確認し、解決への取り組みについて事例を交えて考えます。

ラジコンの“Futaba”とソフトバンクが実現する「ドローン前提社会」

双葉電子工業とソフトバンクは、LTE対応の通信モジュールとセンチメートル級の高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応した国産ドローンの共同開発プロジェクトを開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表している。同プロジェクトで開発す…

DXで医療現場はどう変わる?

日本では国民皆保険制度によって必要な人が必要な医療を受けることができますが、一方で少子高齢化を背景にした医療の地域格差、デジタル化の遅れといった問題を抱えています。医療業界の課題や最近の動向を確認したうえで、医療業界におけるDXの可能性を探…

アリババDAMOアカデミー(達摩院)3年間の研究成果を振り返る

2017年10月に設立されたアリババグループの最先端研究機関「アリババDAMOアカデミー(達摩院)」の3年間の研究成果を振り返ります。

【解説】エッジコンピューティングとは?初心者編

分散型アーキテクチャ「エッジコンピューティング」が注目を集めている。低レイテンシ、ネットワーク負荷の軽減、セキュリティ強化などの特性がIoTの課題を解決できると期待され、製造業や農業、小売業など幅広い分野で活用が進んでいる。本稿では、そんなエ…

人材不足解消につながるデジタル技術とは

少子高齢化が進む日本においては、多くの業種で人材不足が大きな課題になっています。今回は5つの業種に着目して、それぞれの現状、人材不足を招いている原因と影響を探り、解決策としてデジタル化の有効性を確認していきます。

アリババグループの物流の要「菜鳥網絡(Cainiao)」の2020年の動向を解説

アリババグループの物流企業「菜鳥網絡科技有限公司(Cainiao)」は「中国全土24時間、全世界72時間の配送」を目指し、物流業界向けにさまざまなサプライチェーンサービスを提供しています。この記事では2020年に菜鳥が行った事業展開を解説します。

アリババDAMOアカデミー(達摩院)の「2021年テクノロジーの発展10大トレンド予想」

アリババグループの技術研究開発機構であるアリババDAMOアカデミー(達摩院)2021年度の「達摩院によるテクノロジーの発展10大トレンド予想」を発表しました。

デジタルシフトでつなぐ未来 -ソフトバンクのSDGs達成への貢献-

「日経SDGsフォーラム」におけるソフトバンク 宮内 謙の講演ダイジェスト。「デジタルシフトでつなぐ未来」と題し「テクノロジーを活用したソフトバンクの企業活動そのものが、SDGs達成への貢献」と述べた。

2020年 中国AI業界の主要トピックまとめ(コロナ/AIチップ/自動運転)

2020年に起こった中国AI業の出来事について、新型コロナウイルス関連、AIチップ、自動運転などを中心にまとめました。

小売業界が抱える課題をDXで解決するには

消費行動が変化しやすいニューノーマル時代において、小売業の企業には、消費者のニーズに合わせた新たなマーケティングや環境整備が求められています。小売業界の現状と課題を確認した上で、DXの導入によってそれらの課題を解決し、生産性を高める方法を考…

SDGsとは。企業はどう取り組むべきか。

SDGs達成に向けた「行動の10年」の始まりと位置づけられた2020年。企業の取り組みへの重要性はますます高まっています。今回は改めてSDGsについて確認するとともに、世界の動き、日本の姿勢、日本企業の事例と、取り組みへのヒントを紹介します。

Meet the Global Tech Leader「デジタル化の先にある未来」|SoftBank World 2020ダイジェスト

デジタル時代を牽引するグローバルリーダーが集結した特別プログラム「Meet the Global Tech Leaderデジタル化の先にある未来」を開催した。登壇した企業は、Microsoft、Google Cloud、IBM、Adobe、Zoom Video Communications、Slack Technologiesだ。グロー…

ソフトバンクのグループ企業CEOが語る、データとテクノロジーによって変革する社会|SoftBank World2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の特別プログラム「SoftBank CEO Summit」では、Zホールディングス、SB C&S、SBテクノロジー、PayPay4社のCEOと、SoftBankの宮内 謙と今井 康之によるパネルディスカッションが行われた。本記事ではセッションの内容をダイジェストで紹介…

アリババのスマート製造「迅犀(シュンシー)デジタル工場」の特徴と狙い

2020年9月16日、アリババグループは新たな製造モデルである「ニュー・マニュファクチャリング」を初めて採用したアパレル工場「迅犀(シュンシー)デジタル工場」(という発表しました。この工場ではアリババのECサイトの購買データ等を活用した需要予測、デ…

【孫正義】AI第三世代の未来図|SoftBank World 2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の孫正義基調講演ダイジェスト。前半は孫正義とNVIDIA(エヌビディア)の創業者/CEOジェンスン フアン氏との対談でAIの未来が語られた。後半ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業によるAI活用最新事例が紹介された。

アリババの最先端のAI技術を提供!「AIプロフェッショナルサービス」とは(技術コラム)

ソフトバンクのAIプロフェッショナルサービスとは

日本でAI予測が普及していない3つの理由

ビッグデータの時代とは、すなわち予測の時代でもある。予測の精度は企業の利益に直結するが、日本ではAI予測はまだまだ普及していない状況だ。AIによる予測分析プラットフォームを提供するFindability SciensesのCEOのアナンド・マフルカル氏とFindability …

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

デジタルツインはIoTやAI、ARなどの技術を用いて仮想空間に物理空間の環境を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することに役立つ新しい技術である。本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を交え分かりやすく解説する。

Withコロナとどう向き合うか。イオンが挑戦する感染症対策のニューノーマル

国内でもいち早く新型コロナウイルスの流行初期から対策を取ってきたイオンでは、商業施設に求められる安全対策のニューノーマルをどのように考えているのか。イオンの取り組みについて、執行役人事・管理担当兼リスクマネジメント管掌の渡邉廣之氏とイオン…

SDGsへの日本の取り組み方と最新テクノロジーとの関係

貧困、環境問題の解決などが盛り込まれた、持続可能な世界を目指すための国際目標「SDGs」。日本政府も「SDGsアクションプラン」を策定し、さまざまな施策を進めています。SDGsの概要、政府や企業の取り組み方、テクノロジーとの関係について紹介します。

アリババ流DX「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」とは何か?

中国ではデジタルトランスフォーメーション(DX)のことを「数字中台(デジタルミドルオフィスプラットフォーム)」と呼ぶようです。この記事ではアリババグループが提唱する「数字中台」について解説します。

【マルチクラウド対応】GCPを使ったゼロから始めるAI活用(後編)

Google Cloud Platform を使ってゼロからのAI活用のステップとさまざまなノウハウをご紹介します。後編では、前編で準備したデータの分析、機械学習と予測、そして可視化の方法をご案内します。

中国製造業のAI利活用事例(業界地図からソリューションまで)

AI(人工知能)は新しいイノベーションエンジンとして、製造業・リテール・ファイナンス・都市管理・教育・カスタマーサービスなど、ありとあらゆる業界に変革をもたらしはじめています。今回は中国の製造業におけるAIの利活用について、最近の状況を紹介い…