AI関連記事

【孫正義】AI第三世代の未来図|SoftBank World 2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の孫正義基調講演ダイジェスト。前半は孫正義とNVIDIA(エヌビディア)の創業者/CEOジェンスン フアン氏との対談でAIの未来が語られた。後半ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業によるAI活用最新事例が紹介された。

日本でAI予測が普及していない3つの理由

ビッグデータの時代とは、すなわち予測の時代でもある。予測の精度は企業の利益に直結するが、日本ではAI予測はまだまだ普及していない状況だ。AIによる予測分析プラットフォームを提供するFindability SciensesのCEOのアナンド・マフルカル氏とFindability …

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

デジタルツインはIoTやAI、ARなどの技術を用いて仮想空間に物理空間の環境を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することに役立つ新しい技術である。本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を交え分かりやすく解説する。

Withコロナとどう向き合うか。イオンが挑戦する感染症対策のニューノーマル

国内でもいち早く新型コロナウイルスの流行初期から対策を取ってきたイオンでは、商業施設に求められる安全対策のニューノーマルをどのように考えているのか。イオンの取り組みについて、執行役人事・管理担当兼リスクマネジメント管掌の渡邉廣之氏とイオン…

SDGsへの日本の取り組み方と最新テクノロジーとの関係

貧困、環境問題の解決などが盛り込まれた、持続可能な世界を目指すための国際目標「SDGs」。日本政府も「SDGsアクションプラン」を策定し、さまざまな施策を進めています。SDGsの概要、政府や企業の取り組み方、テクノロジーとの関係について紹介します。

【マルチクラウド対応】GCPを使ったゼロから始めるAI活用(後編)

Google Cloud Platform を使ってゼロからのAI活用のステップとさまざまなノウハウをご紹介します。後編では、前編で準備したデータの分析、機械学習と予測、そして可視化の方法をご案内します。

わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

日本コンピュータビジョン株式会社は、サーモグラフィカメラによるAI温度検知ソリューション「SenseThunder」の提供を開始した。企業の感染症対策の有効手段となり得るのか。同社の担当者に話を聞いた。

【マルチクラウド対応】GCPを使ったゼロから始めるAI活用(前編)

Google Cloud Platform を使ってゼロからのAI活用のステップとさまざまなノウハウをご紹介します。すでにデータ分析に携わっている方、未経験問わず、クラウドのパワーを体感しましょう。

精度95%の翻訳AI「T-4OO」の技術に迫る

AI自動翻訳「T-4OO」の高い翻訳精度の秘訣は「各専門分野の情報を学習した共通データベース」と「企業ごとの翻訳データから学習した専用データベース」の2つ。これらについて解説します。

顔認証機能が実現する、働く環境の今

AI顔認証サービスを提供する日本コンピュータービジョン。その仕組みと精度を解説します。 さらにAI顔認証技術にサーモグラフィによる検温機能をプラスしたAI検温ソリューション「SenseThunder」についても紹介します。

DXを推進する梓設計は「学習データ不足」をどう解決した?

梓設計がリリースした建材・家具の検索アプリ「Pic Archi」は床、家具などを撮影すると類似商品が表示され、BIMと連携したりメーカサイトへアクセスすることができる。画像検索にはSBクラウド提供の「Image Srearch」を利用しているという。本アプリの制作に…

新卒採用で、AIによる「共通一次面接」がスタンダードになる日

AIがヒトを面接する。そんなSFのような取り組みが現実にサービスリリースされ、話題になっている。世界初となる対話型AI面接サービス「SHaiN(シャイン)」は、面接官であるAIの質問に答えていくことで、応募者の資質を見極めることができるという。AIに本当…

翻訳スピード対決!AI自動翻訳「T-4OO」 vs 人間

AI自動翻訳サービス「T-4OO」とTOEIC880の筆者による翻訳スピード対決!勝利したのはT-4OOでしたが、気になるその翻訳精度は?実際に翻訳した資料でT-4OOの翻訳精度を紹介します。

ITを「ツール」から「インフラ」に変えた、東洋紡のたった1つのアクション

グローバルメーカ東洋紡では、DXの一環としてAI自動翻訳サービス「T-4OO」を導入。 英語圏以外も含めた海外企業からの問い合わせ対応の効率化を実現している。

日経BP総研とソフトバンク特別セミナー Enterprise IT Infrastructure 2020 レビュー ~基調講演~

日経BP総研とソフトバンクが開催したセミナー「Enterprise IT Infrastructure 2020~DX時代に向けたレガシーインフラの刷新と共存~」の基調講演のレポート。AI活用によりDXを進展させ、レガシーインフラから脱却する解決策が提示された。

どこでも“顔パス”時代到来。「顔認証」でスマートになるオフィス

生体認証や1対N認証など世界トップレベルのAI画像認識技術の開発・提供をする日本コンピュータビジョン株式会社の師岡氏に日本における今後の顔認証ビジネスの展望について話を伺った。

企業や行政のAIによる業務改善事例を一挙紹介!

企業や行政においてAIを導入し、業務改善を成功させているケースが増えています。本記事ではその事例をご紹介します。

AIは敵じゃない。ビジネス革新のために今必要なこと|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019でキーテクノロジーとして挙げられたAI。本記事ではAI最新事例やAI活用で経営危機を乗り越えた旭酒造の会長・桜井博志氏の講演などをレポートする。

【まとめ】SoftBank World 2019で語られた「情報革命」のすべて

「テクノロジーコラボレーションで、世界を変えていこう。」をテーマに開催された「SoftBank World 2019」。AI・IoT・5Gに関する講演・展示レポート記事を紹介。

事例から学ぶダイナミックプライシング入門講座。AIがもたらす「価格」の未来とは?

ダイナミックプライシングとは需要と供給に応じてAIが動的に価格を変動させることを指す。本記事では、最新の企業事例を通じてダイナミックプライシングの概要と現在の状況を紹介していく。

【AI関連企業編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、AI関連の10のソリューションを紹介する。

【クラウド・IoT・5G関連編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、クラウド・IoT・5G関連の8つのソリューションを紹介する。

AIによる事故予防の“今”の話をしよう。“不完全”自動運転時代のドラレコ「Nauto(ナウト)」

AIによって移動と交通の安全を守ることをミッションに掲げる「Nauto(ナウト)」。ナウト・ジャパン日本代表の井田氏にサービスの特長、AIによって自動車の運転がどう変わっていくのかについて伺った。

ソフトバンクの竹芝新本社がスマートシティの実験場に。展示会場レポート|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019のソフトバンクブースでは竹芝地区開発計画に関する展示の他、社会課題解決の最新ソリューションが多数紹介された。その模様をレポートする。

孫正義が紹介する、世界のソフトバンク“AIファミリー” | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の孫正義の基調講演をレポート。ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資先企業のCEOの紹介や、海外のAI活用事例と日本企業の進むべき道が語られた。

【ソフトバンクCEO宮内謙】日本企業復活の鍵は「データ活用」にある | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の宮内謙の基調講演では「Digital JAPAN」というビジョンのもと、5G・IoT・AIのキーテクノロジーを活用した社会課題解決の取り組みが紹介された。

AI-OCRとは?RPAと組み合わせて実現できることとは?

AI-OCRに注目が集まっています。OCRに比べ識字率と項目の識別能力が高いのが特長です。本記事では東京都足立区のRPAとAI-OCRを使った事例からAI-OCRで実現できることを紹介していきます。

中堅・中小企業も無関心ではいられない「機械学習」のメリットとは?

ビジネス活用が本格化してきたAIの中核的技術「機械学習」の仕組み、その導入手順、メリットなど「機械学習のビジネス活用基礎知識」を解説します。その上で、ソフトバンクが提供する機械学習のクラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS」をご紹介します。

AIの仕組みとは_ビジネスでの導入事例を踏まえてわかりやすく解説

AIはあらゆる分野で活用でき導入後にすぐ効果が出る、という誤解から、導入後に認識の齟齬が明らかになりAIを活用できていない企業が少なくありません。本記事では、AIの定義や仕組みを確認し、AIができることやビジネスでどのようにAIが活用されているか、…

SoftBank World 2019 開催決定。今年のテーマは「テクノロジーコラボレーションで、世界を変えていこう。」

「SoftBank World 2019」が2019年7月18日(木)、19日(金)にザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)で開催される。その概要を紹介。

「AI Design Workshop」に学ぶ、AI導入を成功に導く3つのこと

AI

AI導入を成功させるには、潜在的な課題を抽出する発想の壁、AI導入の最低限のリテラシーを持つノウハウの壁、プロジェクトに挑む組織の壁という3つの壁がある。ソフトバンクではその解決策として「AI Design Workshop」を提供。その内容とAI導入を成功に導…

ソフトバンクグループが描く“AI群戦略”の現在地

「SoftBank World 2018」のおよそ90の出展企業が並ぶ展示会場の中で、ソフトバンクブースを行くデータサイエンシストのシバタ・アキラ氏の視線を追った。そして、米国スタートアップ企業MapboxのCEOインタビューを紹介する。

もはや「ドライブレコーダー」ではない。次代のドライバー安全システムの正体

ナウト・ジャパン日本代表の井田哲郎氏、ソフトバンク デジタルトランスフォーメーション(DX)本部で本部長を務める河西慎太郎氏、そしてオリックス自動車の竹村成史リスクコンサルティング部長の3人が、Nauto(ナウト)がもたらすドライブ革命を語り合った…

なぜAI導入は失敗する? 失敗事例から学ぶ傾向と対策|企業のAI導入に立ちはだかる「3つの壁」

AI

AI導入を検討する企業が増えつつある。しかしそうしたなかで「AIを導入すれば何でもできる」との誤解から、結果的に計画が頓挫してしまうケースが多い。なぜ企業のAI導入は失敗に終わるのか。いくつかのパターンからその要因を探るとともに、その解決策を考…

副社長直伝。ソフトバンク「新規事業創造」のリアル

ソフトバンクグループ投資先の日本における事業展開や既存事業のDX(デジタルトランスフォーメーション)、新規事業の創出を担う担う同社代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの今井康之氏が、「劇的成長を支える、ソフトバンクの新規事業創造現場」について語…

今さら聞けないRPAとAIの違いとは? 具体例を挙げて解説

RPAとAIは混同しやすいですが、今回は分かりやすく「見積書を発行する」という業務を例に出しながら、それぞれの違いを解説していきましょう。それぞれの違いを正しく理解しておけば、今回の見積書発行の例以外にも、さまざまな業務に応用することが可能にな…

シンギュラリティ時代、法律は企業とAIをどう裁くのか

AI

AIやロボティクス等のテクノロジーが進歩する一方、あらゆるものがAIとつながることで、開発をする企業のリスクが高まっていることも事実だ。本記事では、そんなシンギュラリティ時代の法整備の姿や、企業やロボット開発者たちがどう向き合うべきなのかを中…

【講演動画公開】孫正義が語るソフトバンクグループの「AI×群戦略」

ソフトバンクが毎年7月に開催する「SoftBank World」。ソフトバンクの方向性を孫正義氏自らが示す基調講演は、注目の的だ。本記事では、孫氏の講演内容とともに、孫氏が認めたソフトバンクの群戦略を担う世界の投資先企業を紹介する。

プログラミング知識ゼロで始める機械学習のビジネス活用

人工知能や機械学習の仕組みを理解するのは容易ではない。本記事では、ノンプログラミング機械学習クラウドサービス「MAGELLAN BLOCKS(マゼラングロックス)」を提供するグルーブノーツ社監修の元、ビジネスレイヤの人材による機械学習利用の可能性と展望を…

AIによるソフトバンク流「働き方改革」事例3選

AIソリューションを提供しているソフトバンクでは、社内でAIを活用した働き方改革を実践。本記事ではソフトバンク社内の働き方改革事例をもとに、企業のAI導入に関するノウハウを惜しみなく提供する。

情報革命を担う企業が集結、話題のコワーキングスペースやロボットも

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」の展示会場では、参加企業各社の最新ソリューションが多数展示。会場ではAIやIoT関連の先進的な取り組みを行う企業から、SlackやWeWorkといった知られた企業まで、「情報革命」を担う企業の展示が並ん…

情報革命はどのように起こる?5G、IoT、AI、それぞれの今

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」。その基調講演で、孫正義は「情報革命=AI革命というような状況が今からやってくる」と語った。情報革命をもたらす鍵となるのが5G×IoTのネットワークだ。まずは、ソフトバンクの5Gに関する取り組み…

将棋界で起きたシンギュラリティを、私たち企業も経験する

シンギュラリティとも呼べる現象がすでに起きているのが将棋界だ。2017年の電王戦で将棋プログラム「PONANZA(ポナンザ)」が佐藤 天彦名人に勝利。その開発者 山本氏にシンギュラリティについての考えと、企業が人工知能時代に何をするべきかについて話を伺…

気が利くAIが選ばれる!成功するAIソリューションの共通点

AI

AIを使った一部の製品がスポットライトを浴びている一方で、活用されないAIソリューションも数多くあるようだ。本記事では成功するAIソリューションの共通項を読み解く。

AI市場拡大のカギはパートナーシップに。共生こそが、進化への近道

AI

2018年5月22日、都内ホテルにてIBM Watsonを活用したソリューションパッケージをいち早く提供し、日本のAI市場の活性化に大きく貢献した企業を表彰する「Ecosystem Partner Awards 2017」が行われた。本記事ではその模様をレポートする。

テクノロジー定着論 AI、RPAは人と同じ。育てるもの

ソフトバンクでビジネスプロセスの改善・推進を担当し、RPA推進リーダーも務める上永吉聡志氏と、マイクロソフトやグーグルなどを経て、現在は幅広い企業の技術アドバイザーを務める及川卓也氏とともに、RPAの可能性とテクノロジーと人の理想的な共存のカタ…

RPAとAIの融合が描く「働き方」の未来像

働き方改革がなかなか浸透しない中、その課題を解決する施策の1つとして期待されているのが、RPAとAIの導入による生産性の向上だ。本記事ではその2つがコラボレーションした先進事例を取り上げ、「働き方改革」がもたらす労働環境の未来像を検証する。

セキュリティが“負の投資”から競争力に変わる日

AI、ロボット、IoTといった技術の発展が「3年後のビジネスの現場」に起こす変化について、各領域のキーパーソンがリアルな未来図を展望する。本記事ではラック西本氏とサイバーリーズン・ジャパン ホロヴィッツ氏がセキュリティビジネスについて語り合った。

大手デベロッパーのAI導入事例 ~ITヘルプデスクにAIを活用~

「ライオンズマンション」シリーズなどを提供する大京グループ。同社は社内のITヘルプデスク業務において「IBM Watson」をベースにしたAIチャットボットの活用を開始した。AIに対する可能性と期待について、プロジェクトを統括した同社の中村 謙二氏と主担当…

新たな技術が人の働き方を変える|SoftBank World 2017 講演レポート3

「SoftBank World 2017」では、最新のソリューションを提供する企業による講演が多数実施された。本質的な「働き方改革」を可能にするコミュニケーションツール、そして、適用範囲の拡大が進むドローンなど、新しいテクノロジーがビジネスやヒトの働き方をど…