「Alibaba Cloud」記事一覧

製造業におけるデータ活用方法

Alibaba Cloudのリアルタイム分析ソリューションを活用することで、これらの課題を解決し、業務効率や生産性を向上させることが可能です。 Alibaba Cloudを活用することで、お客様が持つ多様多種なデータをリアルタイムで連携・収集・処理し、可視化を行うこ…

リーン・アジャイル型のソリューション開発によるSIモダナイゼーションへの道

Windows 365の仕様面は電撃的に発表されました。しかし、資本力のあるメガクラウドベンダでさえも加速度的に変化していくニーズに最適なサービスを提供していくことの難しさがあるようです。 国内においても、コロナ禍でテレワークが進み、本格的なマルチク…

ECのような体験をスマホアプリに取り入れた火鍋チェーン「海底撈」のDX事例

中国各地に展開する火鍋チェーン「海底撈火鍋(ハイディーラオ)」はユーザーごとにカスタマイズしたUIやSNS機能を提供したスマートフォンアプリを新たに提供しました。アプリの開発にはAlibaba Cloudを活用することで開発期間を短縮することにも成功しまし…

本のニューリテールを実現する「新華書店」のDX化手法

中国最大の書店チェーン「新華書店」では、Alibaba Cloud(アリババクラウド)と提携してUXを向上し、書店のDX化を実現しました。

中小企業にとってWindows365は最適解なのか? ~メリット・デメリットを解説~

本ブログでは、Windows 365についてメリットや制約される点、他サービスとの比較などについてご紹介します。

欧米の大手製造業が中国に設立したスマート工場の事例

ボッシュ、シーメンス、ダンフォス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、P&G、ユニリーバなどの欧米の製造業が中国国内に設立したスマート工場「ライトハウス工場(Lighthouse)」の事例を紹介します。

中国古書の文字をAIで解析するアリババDAMOアカデミーの産学連携プロジェクト

アリババグループは四川大学、カリフォルニア大学バークレー校などと協同で中国の古書をデジタル化し、古代文字をAIで解析するプロジェクト「漢典重光プラットフォーム」を開始しました。

スマホ1台でフィットネスを実現する、阿里体育の人体映像認識AIとは

アリババグループでスポーツ関連事業を展開する「阿里体育(AliSports)」では、DAMOアカデミーの人体映像認識AIを活用し、コロナ禍でもスマートフォンやタブレットだけで室内運動が可能な運動サービスを開始しました。

2021年「618セール」は最も地味という低評価(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年5-6月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は天猫の618セール、ファーウェイの新OS発表、宇宙船「神舟12号」などのニュースを紹介します。

IoT×クラウドで酪農DXを実現した「蒙牛乳業」の事例

大手乳業メーカー「蒙牛乳業」は100万頭の乳業にIoTセンサーを取りつけて乳牛の体調を管理。収集したデータをクラウド上で管理することでに生産量向上&コスト削減に成功しました。

遠隔医療システムの日本ー中国間接続にAlibaba Cloudが選ばれる理由

本稿では、オンラインで医師間のコミュニケーションを支援するサービスを提供しているお客さまを想定し、医療機関とシステムをつなぐネットワークとしてAlibaba Cloudを利用するケースを紹介します。

【Alibaba Cloud】AlibabaCloud初心者がECSとRDSをつなげてみた

Alibaba CloudでIaaSとPaaSをつなげ、Alibaba Cloudの操作感や他のサービスとの違いを検証します。

自動運転車やドローンを物資輸送に活用した中国の新型コロナ感染対策

中国・広東省広州市は文遠知行(WeRide)、小馬智行(PONY)、京東、美団などのIT企業と協力し、生活用品や医療物資の配送に自動運転車を活用しています。ロボットレストランを運営している碧桂園とはマンション内の物資輸送で協力しています。

画像認識AIをEC運営業務に活用、開発者が語るアリババ発AIの魅力

コロナ禍の外出自粛で実店舗への来客数が落ち込む中、小売業界はECへの投資を拡大しておりますが、ECサイトの運営にはさまざまな課題があり、担当者の業務は増える一方です。 この記事では「ECサイト運営支援画像認識AIソリューション(以下、画像認識AIソリ…

世界最先端「ライトハウス工場」に中国企業が多い理由

第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス工場」。2021年6月時点では世界で69の工場が認定され、そのうち21ヵ所は中国に点在しています。これら中国のライトハウス工場から見えるトレンドをまとめました。

自動車保険の故障判定を画像AIで自動化するアントグループの「定損宝」

アリババのグループ企業、アントグループが提供する「定損宝(ding sun bao)」は自動車事故の故障判定を画像AIで自動化することで、自動車保険業界のコスト削減に貢献するソリューションです。

画像AIを品質検査に活用した太陽光パネル製造「正泰新能源」

中国の太陽光パネル製造大手「正泰新能源(Chint New Energy)」は品質検査工程にAlibaba CloudのAI技術を活用。不良品検知を迅速に行うことに成功しました。

ハイアールのスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステム

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の総合家電メーカー「ハイアール」のスマート工場化を支える産業インターネット「COSMOPlat」のエコシステムを紹介します。

シャオミ、バイドゥらがついに自動車産業に参入(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年3-4月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は中国大手IT企業が自動車産業に参入、顔認証に不安の声、広州の5Gスマート病院などのニュースを紹介します。

急成長のレンタルサービス「人人租机」を支える芝麻信用の信用スコアとクラウド技術

デジタル製品のレンタルプラットフォーム「人人租机」は芝麻信用の信用スコアを活用し認証作業が数秒で完了。インフラもAlibaba Cloudを導入し、安定したサービス運営を実現しました。

Alibaba Cloudと提携した啓蒙玩具の「産業インターネット」導入効果

レゴ互換製品の設計、製造から販売まで行う「啓蒙玩具(広東啓夢玩具実業、enlighten)」はAlibaba Cloud(阿里云)と提携し、製造のDX(デジタルトランスフォーメーション)を実践。業務効率化・コスト削減に成功しました。

中国政府が推進する住宅地のスマート化計画と活用されるAI技術

中国政府住建部は2020年7月に「智慧城市建築及居住区建設規範」という住宅地のスマート化に関するドラフト版を発表しました。この記事では正覚智能やAlibaba Cloud(阿里云)が展開するAIを活用した住宅地のスマート化ソリューションを紹介します。

美的集団のスマート工場戦略とIoTプラットフォーム「美擎」

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の家電製造業「美的集団(Midea)」のスマート工場とIoTプラットフォーム「美擎」の事例を紹介します。

フォックスコン(鴻海)のスマート工場戦略とDX人材育成の取り組み

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の電子製品製造業界「フォックスコン(Foxconn Technology Group、鴻海科技集団)の」の深セン、成都工場のスマート工場事例、DX人材育成の取り組みを紹介します。

気象予報や災害予測に活用される中国のAI・クラウド技術

重慶市では気象予報にクラウドやビッグデータやAIを積極的に活用し、「天資」という天気予報システム建設プロジェクトを立ち上げました。 イギリス気象庁とAlibaba Cloudはオープンプラットフォーム「天池(Tianchi )」で、AI専門家や技術者からアイディア…

海賊版配信「字幕組」逮捕/中国のネット利用者10億人目前(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2021年1-2月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回は海賊版配信「字幕組」逮捕、中国のネット利用者10億人目前、バイドゥが車メーカーを立ち上げなどのニュースを紹介します。

10兆種類のカスタマイズが可能な自動車製造「上汽大通」のスマート工場

世界経済フォーラム「ライトハウス」に認定された中国の自動車製造業「上汽大通(SAIC Maxus Automotive)」の南京工場が展開するデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを紹介します。

米中を繋ぐオンライン英会話サービス「VIPKID」、高音質の裏側にあるAlibaba Cloudの技術

中国のオンライン英語教育サービス「VIPKID」はAlibaba Cloudのエッジコンピューティング技術やSDNなどを活用し、中国とアメリカ間の安定した高速通信を実現しました。

菜鳥網絡(Cainiao)の物流ネットワークを支えるAI・IoT・デジタルツイン技術を解説

アリババグループの物流企業「菜鳥網絡科技有限公司(Cainiao)」は「中国全土24時間、全世界72時間の配送」を目指し、物流業界向けにさまざまなサプライチェーンサービスを提供しています。この記事では菜鳥のサービスを支えるテクノロジーを解説します。

海昇集団がAlibaba Cloud「農業大脳」の導入で約3億円のコスト削減に成功

中国で農業ビジネスを手がける「海昇集団」はAlibaba Cloudの農業向けクラウドソリューション「農業大脳(Agricultural Brain)」を導入。クラウド、ビッグデータ、AI、IoTなどの技術を活用し、約3億円のコスト削減に成功しました。

中国の駐車問題を解決する「スマート駐車場」のシステム

中国企業がどのようにテクノロジーを活用してこの深刻な駐車問題を解決しようとしているのか、テンセントやAlibaba Cloudによる、中国の駐車問題へのアプローチなどを紹介します。

仮想デスクトップとは?

仮想デスクトップはコンピュータに接続された1つの物理ディスプレイに対して、画面範囲以上の作業スペースへの拡張を目的に、複数のデスクトップに連続してアクセスできるようにする仮想化技術です。

アリババDAMOアカデミー(達摩院)3年間の研究成果を振り返る

2017年10月に設立されたアリババグループの最先端研究機関「アリババDAMOアカデミー(達摩院)」の3年間の研究成果を振り返ります。

オンライン医療「微医(WeDoctor)」が提供する家庭用医療端末「微医通」

テンセント出資のインターネット医療大手「微医(ウィードクター、WeDoctor、杭州微医健康科技)」は、リモート診療ができるプラットフォームを提供しています。家からでも仕事先からでも病院に通うことなく、オンラインで健康相談や問診を受けてもらえるよ…

アリババグループの物流の要「菜鳥網絡(Cainiao)」の2020年の動向を解説

アリババグループの物流企業「菜鳥網絡科技有限公司(Cainiao)」は「中国全土24時間、全世界72時間の配送」を目指し、物流業界向けにさまざまなサプライチェーンサービスを提供しています。この記事では2020年に菜鳥が行った事業展開を解説します。

中国で導入が進む「オンライン診療」と「オンライン処方箋」

中国で導入が進む「オンライン診療」と「オンライン処方箋」について、東軟熙康(XIKANG)などの事例を紹介します。

アリババ「双11」の偽物騒動、世界初6G衛星打ち上げ(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2020年11-12月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回はアリババ「双11」の偽物騒動、世界初6G衛星打ち上げなどのニュースを紹介します。

アリババDAMOアカデミー(達摩院)の「2021年テクノロジーの発展10大トレンド予想」

アリババグループの技術研究開発機構であるアリババDAMOアカデミー(達摩院)2021年度の「達摩院によるテクノロジーの発展10大トレンド予想」を発表しました。

アリババのスマートシティ戦略「城市大脳(シティブレイン)」で今できること

Alibaba Cloud(アリババクラウド) のスマートシティソリューション「城市大脳(シティブレイン)」について解説します。

2020年 中国AI業界の主要トピックまとめ(コロナ/AIチップ/自動運転)

2020年に起こった中国AI業の出来事について、新型コロナウイルス関連、AIチップ、自動運転などを中心にまとめました。

2021年アフターコロナの中国小売トレンド まとめ買いサービス「社区団購」

アフターコロナの中国で注目を集めるまとめ買いサービス「社区団購(シャチ トゥアンゴウ)」について解説します。

SBクラウドこれまでの歩みと今後の展望

Alibaba Cloud(アリババクラウド )が2016年に日本展開を開始してから、2020年12月15日で4周年を迎えました。今回のコラムでは、Alibaba Cloudの日本展開開始時より携わっているSBクラウド クラウド技術統括部の3名に、これまでの歩みと今後の展望について…

セキュリティにおけるマネージドサービスの重要性と、Alibaba Cloud「Security Center」紹介

本稿では、Alibaba Cloudの3つ目の特長であるマネージドサービスをご紹介します。

ハイセンスが推進する「スマート街区(智慧街区)」とは

家電メーカーのハイセンスが推進するスマートインフラ「スマート街区(智慧街区)」について解説します。

独身の日で成功を収めた百貨店「銀泰百貨(INTIME365)」のニューリテール化事例

アリババが買収したデパート「銀泰(銀泰百貨、INTIME365)」が11月11日の独身の日(双11)に行ったセールの様子やアプリ「喵街銀泰(miaojie)」を活用したニューリテール戦略を解説します。

アリババのスマート製造「迅犀(シュンシー)デジタル工場」の特徴と狙い

2020年9月16日、アリババグループは新たな製造モデルである「ニュー・マニュファクチャリング」を初めて採用したアパレル工場「迅犀(シュンシー)デジタル工場」(という発表しました。この工場ではアリババのECサイトの購買データ等を活用した需要予測、デ…

アリババが産業インターネット「新製造」「犀牛智造」を発表(山谷剛史の中国ITニュースまとめ 2020年9-10月)

中国アジアITライター・山谷剛史さんが、中国国内で話題になったITニュースをピックアップする連載企画です。今回はアリババの産業インターネット、バイドゥの自動運転サービスなどのニュースを紹介します。

【2020年】アリババ「独身の日」実績と今年のヤバいところをまとめました

2020年11月11日にアリババグループは中国国内で「独身の日(ダブルイレブン)」という大規模なショッピングフェスティバルを開催しました。この記事では2020年の実績と「ヤバイ」ポイントをまとめてみました。

中国で続々登場している幼稚園向けの人型ロボット事例

中国で幼稚園向けの人型ロボットが続々と開発され、中国全土の幼稚園で少しずつ導入されています。

ビッグデータでアフターコロナの旅行業界を支援、貴州省のミニプログラム「一碼遊貴州」

ビッグデータ産業に力を入れる中国 西南部の貴州省では、新型コロナ感染拡大防止と観光の効率化を両立したミニプログラム「一碼遊貴州(イーマヨウグイジョウ)」2020年5月より導入しました。