HOT

自律走行型配送ロボット「RICE」がセブン-イレブンの商品をオフィスの各階までお届け

店舗の商品をお客さまのもとに届ける商品配送のラストワンマイルに取り組んでいるセブン‐イレブン・ジャパンは、アスラテック・ソフトバンクとともに自律走行型配送ロボット「RICE」を活用した実証実験を2021年1月から開始。ソフトバンク竹芝本社内のセブン‐…

【GIGAスクール】学校現場ICT化のリアル。全国自治体が語り合う「情報端末1人1台環境整備」の先にある教育の未来

2021年8月21日にソフトバンクが開催したオンラインイベント「第1回ソフトバンクGIGAスクールサミット」(副題:iPadを活用し『知ろう!楽しもう!想像しよう!』丸ごとGIGAスクールの一日)の内容をご紹介します。

【DX塾:医療】2030年の医療を予測する3つのキーワード「多角化」「個別化」「主体化」

AI、IoT、5G、ロボティクス。医療はテクノロジーによって、今、大きく変わろうとしている。「医療4.0」の著者であり、医療DXの最前線で活動する加藤浩晃氏に、医療DXの現在地と未来について伺った。

全ての子どもたちに「1人1台の情報端末」と「1人1つの県域公用アカウント」を付与。なぜ、奈良県の教育ICTはここまで進んだのか?

小中学校に1人1台のタブレット端末を提供し、実践的なICT教育を実現する「GIGAスクール構想」。各自治体で本格的に進められているが、自治体ごとに進捗の差が生まれている。 こうした中で先進的な取り組みをしているのが奈良県だ。奈良県教育委員会で学校現…

ラジコンの“Futaba”とソフトバンクが実現する「ドローン前提社会」

双葉電子工業とソフトバンクは、LTE対応の通信モジュールとセンチメートル級の高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応した国産ドローンの共同開発プロジェクトを開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表している。同プロジェクトで開発す…

コロナ禍で加速した、大正大学のスマートユニバーシティ構想

大正大学では、大学教育、研究活動、キャンパス運営にテクノロジーを活用するスマートユニバーシティを目指し、ソフトバンクとDXに取り組んでいる。 同校のDXプロジェクトについて大正大学とソフトバンクのプロジェクトメンバーに話を聞いた。

実証実験都市、大阪から始まる5Gビジネスの未来

多くの企業に5Gを体験・活用する機会を提供することを目指し大阪市の「ソフト産業プラザTEQS」内に2020年10月にオープンした5G X LAB OSAKA。大阪市、AIDOR共同体、ソフトバンクが官民連携で運営している同施設の狙いとは?大阪市、大阪産業局、ソフトバンク…

【孫正義】AI第三世代の未来図|SoftBank World 2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の孫正義基調講演ダイジェスト。前半は孫正義とNVIDIA(エヌビディア)の創業者/CEOジェンスン フアン氏との対談でAIの未来が語られた。後半ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業によるAI活用最新事例が紹介された。

経験と勘を超え、生まれ変わる建設土木の「ニューノーマル」

日立建機では、スマホのアプリで撮影するだけで土量や採石量などを計ることができるサービス「Solution Linkage® Survey」を提供。ソフトバンクが提供する高精度測位技術「ichimill」を活用した、施工現場の進捗管理の出来高を計測できる拡張サービスについ…

オンライン健康医療相談サービス「HELPO」が日本の健康をDXする

2020年7月29日、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、法人・自治体向けオンライン健康医療相談サービス「HELPO」をリリースした。社員の健康相談から始まり、日本の医療問題の解決まで見据えているという同社の展…

Withコロナとどう向き合うか。イオンが挑戦する感染症対策のニューノーマル

国内でもいち早く新型コロナウイルスの流行初期から対策を取ってきたイオンでは、商業施設に求められる安全対策のニューノーマルをどのように考えているのか。イオンの取り組みについて、執行役人事・管理担当兼リスクマネジメント管掌の渡邉廣之氏とイオン…

【GOVTECH】日本の給付金はなぜ遅い?エストニアに学ぶ、日本の行政のDX

コロナ禍の中で、多くの日本国民が政府や自治体の対応に厳しい目を向けている。民間企業がニューノーマルに舵を切り、DX(デジタルトランスフォーメーション)しようとしている中では、政府や自治体のDXの進み具合もまた、浮き彫りになる。 行政のDXをテーマ…

【DX塾:澤円】ニューノーマルを生き残る組織の7つのスタンダード

コロナ禍による緊急事態宣言下の約1ヵ月。それは日本中で最もDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速したタイミングだったのかもしれない。 さまざまな企業の働き方コンサルティングを手掛ける圓窓代表の澤円氏にニューノーマル時代の働き方、組織の…

わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

日本コンピュータビジョン株式会社は、サーモグラフィカメラによるAI温度検知ソリューション「SenseThunder」の提供を開始した。企業の感染症対策の有効手段となり得るのか。同社の担当者に話を聞いた。

【DX塾:須藤憲司】「DX」と「デジタル化」の違い、わかりますか?

「DXとは顧客体験の向上である」と考えるKaizen Platform代表取締役 須藤憲司氏にDXの基本的な考え方や具体的な導入方法について話を聞いた。

オンライン飲み会のビジネス活用と幹事が注意すべき7つのポイント

コミュニケーション不足を補う方法として企業やビジネスパーソンの利用も進むオンライン飲み会。企業として上手にオンライン飲み会を活用するために知っておきたいポイントや、幹事になったときに押さえておきたいポイントについて、ビジネスの目線から解説…

防犯カメラ市場に革命を起こす「通信する蛍光灯」とは

交通インフラや大型施設など、防犯を必要とする各所で近年急速に市場が拡大する防犯カメラ業界。そのなかでも特に注目されているのが「ネットワークカメラ」だ。 しかし一方、ネットワークカメラには工事やメンテナンスにかかるコストなどのハードルがあった…

ソフトバンクCEOが語る「5Gはデジタルトランスフォーメーションの“第三の波”」

2020年3月27 日、「SoftBank 5G」の商用サービスが開始した。これから5Gによってどのような情報革命が起こるのか。2019年11月の「Communication Tech CONFERENCE2019」に登壇したソフトバンク代表取締役社長 宮内謙の言葉を再録し、あらためて5Gの可能性を考…

新卒採用で、AIによる「共通一次面接」がスタンダードになる日

AIがヒトを面接する。そんなSFのような取り組みが現実にサービスリリースされ、話題になっている。世界初となる対話型AI面接サービス「SHaiN(シャイン)」は、面接官であるAIの質問に答えていくことで、応募者の資質を見極めることができるという。AIに本当…

「効率化」と「イノベーション」を両立させる、ソフトバンクの働き方改革

ソフトバンクは2017年から「働き方改革」を本格的にスタートさせている。全社一丸となって進める改革とはどのようなものなのか。プロジェクトを推進する同社の人事本部長 長崎健一氏に話を聞いた。

【考察】“空気を読む”日本人流「働き方改革」の盲点

日本人、日本企業の理想的な働き方や働く場所とは何か。理想的な働く場所や働き方の変化を調査・研究しているコクヨのワークスタイル研究所 所長/WORKSIGHT編集長の山下正太郎氏と、働き方改革をテクノロジーソリューションで支援するソフトバンクの藤長国…

【対談】オフィス×IoTの賢人がスマートオフィスの先に描く「働き方の未来」

大手設計事務所の梓設計は、羽田に新本社を移転。それに伴いオフィスの徹底したIoT化に踏み切った。IoTを取り入れることで、オフィスとその先にある働き方はどう変わっていくのか。梓設計の新オフィス設計を担当した岩瀬功樹氏と、Think Lab取締役の井上一鷹…

エヴァンジェリスト・西脇氏に聞く、生産性向上40%を実現した日本マイクロソフトのコミュニケーション変革

Microsoft Teamsのクラウドボイスサービス「UniTalk」が日本のビジネスシーンにもたらす効果についてに、日本マイクロソフト エバンジェリストの西脇資晢氏に話を聞いた。

どこでも“顔パス”時代到来。「顔認証」でスマートになるオフィス

生体認証や1対N認証など世界トップレベルのAI画像認識技術の開発・提供をする日本コンピュータビジョン株式会社の師岡氏に日本における今後の顔認証ビジネスの展望について話を伺った。

働き方改革を推進するソフトバンクがLEGO® SERIOUS PLAY®(レゴ®シリアスプレイ®)に本気な3つの理由

LEGO® SERIOUS PLAY®(レゴ®シリアスプレイ®)はブロックを使ってファシリテーションスキルを高める課題解決プログラム。本記事ではLSPがなぜ組織の活性化につながるのかを解説する。

事例から学ぶダイナミックプライシング入門講座。AIがもたらす「価格」の未来とは?

ダイナミックプライシングとは需要と供給に応じてAIが動的に価格を変動させることを指す。本記事では、最新の企業事例を通じてダイナミックプライシングの概要と現在の状況を紹介していく。