「IoT」記事一覧

「5G×ロボットアーム」の遠隔操作は、どこまで人の手の繊細さを再現できるのか?

日本でも本格化している5Gの利活用。産業分野では数々のユースケースが生まれている。その先端事例の1つが大成建設とソフトバンクによる「5G×ロボットアームの細胞培養実証実験」である。5Gを利用した遠隔操作がもたらす可能性について、大成建設株式会社 の…

【鉄道DX】「踏切IoTソリューション」が全国3万の踏切をネットワークでつなぐ

現在日本国内には約3万3000カ所ヵ所の踏切が点在している。踏切の「保守」の効率化は鉄道業界にとっての長年の課題だ。そんな鉄道業界の課題に向き合うべく、ソフトバンクは九州旅客鉄道管轄の踏切で「踏切IoTソリューション」の実証実験を行った。同プロジ…

ヘルステック国内企業10選【2021年版】

AIやIoT、ウェアラブルデバイスなどの進歩にあわせ「ヘルステック」と呼ばれる企業やサービスが増えてきた。医療費の高騰や医療格差の是正、QOLの向上など、医療と健康にまつわる価値の創造が期待されるヘルステックは、急激に注目度を高め、市場を拡大して…

スマートファクトリー国内事例10選 【2021年版】

スマートファクトリーとは、AIやIoTなどのデジタル技術を活用した、生産性が高く効率的な工場のことである。日本でも、企業がものづくりのDXを進めており、生産性の向上や、品質の改善、コスト削減に成功している。本稿では、スマートファクトリーの全貌をあ…

【2021年最新版】事例に見るIoTの最新情報

新しい時代の生活様式やビジネスモデルの創出という観点で、IoTは重要なキーワードです。多くの企業が取り組みを進め、自社の課題解消を目指しています。政府もあと押しをするなか、加速されるIoTへの取り組み最新情報を確認しておきましょう。

ラジコンの“Futaba”とソフトバンクが実現する「ドローン前提社会」

双葉電子工業とソフトバンクは、LTE対応の通信モジュールとセンチメートル級の高精度測位サービス「ichimill(イチミル)」に対応した国産ドローンの共同開発プロジェクトを開始し、機体のプロトタイプを製作したことを発表している。同プロジェクトで開発す…

DXで医療現場はどう変わる?

日本では国民皆保険制度によって必要な人が必要な医療を受けることができますが、一方で少子高齢化を背景にした医療の地域格差、デジタル化の遅れといった問題を抱えています。医療業界の課題や最近の動向を確認したうえで、医療業界におけるDXの可能性を探…

【解説】エッジコンピューティングとは?初心者編

分散型アーキテクチャ「エッジコンピューティング」が注目を集めている。低レイテンシ、ネットワーク負荷の軽減、セキュリティ強化などの特性がIoTの課題を解決できると期待され、製造業や農業、小売業など幅広い分野で活用が進んでいる。本稿では、そんなエ…

「VANTIQ」の“リアルタイム”データ処理が、豊かな未来の基盤になる

私たちの思い描く「ビッグデータにより最適化された都市」を実現するには、個別のIoTセンサーやAIによる処理能力はもちろんのこと、あらゆるデータ・システムを連携させ、リアルタイムで処理できるデータプラットフォームの存在が不可欠だ。 竹芝地区のスマ…

「熊野米」への挑戦。6次産業化した新しい米づくりを支えるデジタルシフト 和歌山県田辺市e-kakashi導入事例

和歌山県田辺市で2008年から始まった「熊野米プロジェクト」。熊野地域の食文化を盛り上げたいという思いからはじまったプロジェクトは、農業の6次産業化、農業技術の伝承、デジタルシフトなど、日本の農業が抱えるさまざまな課題への挑戦へとつながっていっ…

小売業界が抱える課題をDXで解決するには

消費行動が変化しやすいニューノーマル時代において、小売業の企業には、消費者のニーズに合わせた新たなマーケティングや環境整備が求められています。小売業界の現状と課題を確認した上で、DXの導入によってそれらの課題を解決し、生産性を高める方法を考…

SDGsとは。企業はどう取り組むべきか。

SDGs達成に向けた「行動の10年」の始まりと位置づけられた2020年。企業の取り組みへの重要性はますます高まっています。今回は改めてSDGsについて確認するとともに、世界の動き、日本の姿勢、日本企業の事例と、取り組みへのヒントを紹介します。

5G時代。ソフトバンクの取り組みと今後の戦略

いよいよ5G時代がきた。高速・大容量、低遅延、多接続の特長をもつ次世代通信、5Gの本格展開を開始したソフトバンクは、エリアを早期拡大し、2021年度末までに人口カバー率90%超を目指すという。 「人と人をつなぐ」「産業をつなぐ」「世界をつなぐ」最先端…

実証実験都市、大阪から始まる5Gビジネスの未来

多くの企業に5Gを体験・活用する機会を提供することを目指し大阪市の「ソフト産業プラザTEQS」内に2020年10月にオープンした5G X LAB OSAKA。大阪市、AIDOR共同体、ソフトバンクが官民連携で運営している同施設の狙いとは?大阪市、大阪産業局、ソフトバンク…

物流業界をDXする「MeeTruck」が生まれるまで。 | ソフトバンクの新規事業開発ストーリー

ドライバー不足やECの急拡大に伴う荷量の急増など、さまざまな課題を抱える物流業界。トラック輸送を担う物流事業者向けのクラウド型配車支援サービスを提供する「MeeTruck」は、ソフトバンクのデジタルトランスフォーメーション本部の新規事業開発の取り組…

【図解】デジタルツインとは?やさしく解説

デジタルツインはIoTやAI、ARなどの技術を用いて仮想空間に物理空間の環境を再現し、あらゆるシミュレートを行い、将来を予測することに役立つ新しい技術である。本記事ではデジタルツインの概念から実際の活用事例まで図解を交え分かりやすく解説する。

経験と勘を超え、生まれ変わる建設土木の「ニューノーマル」

日立建機では、スマホのアプリで撮影するだけで土量や採石量などを計ることができるサービス「Solution Linkage® Survey」を提供。ソフトバンクが提供する高精度測位技術「ichimill」を活用した、施工現場の進捗管理の出来高を計測できる拡張サービスについ…

RTKとGPSの違いとは?これからの高精度測位サービスについて

位置情報といえばなじみ深いのはGPSですが、最近ではより高精度な測位ができる「RTK」という新技術を使ったサービスが登場し、注目を集めています。RTKの特徴をはじめ、RTKが従来のGPSより優れている点、RTKによって広がる可能性について解説します。

IoTを実現する通信の特性

モノをインターネットにつなぐことでさまざまな形で生活を便利にし、都市や産業のスマート化にも役立つIoT。より活用の幅を広げるためには、高速に大量のデータを送受信できる通信技術が必要です。IoTを実現する通信として注目される5GとNB-IoTの特性を紹介…

ソフトバンクCEOが語る「5Gはデジタルトランスフォーメーションの“第三の波”」

2020年3月27 日、「SoftBank 5G」の商用サービスが開始した。これから5Gによってどのような情報革命が起こるのか。2019年11月の「Communication Tech CONFERENCE2019」に登壇したソフトバンク代表取締役社長 宮内謙の言葉を再録し、あらためて5Gの可能性を考…

IoTセキュリティの課題とその対策

身近にある家電や車をはじめさまざまなモノがネットワークにつながる時代が始まっています。工場の生産管理、農業の生産管理などに取り組んでいる企業は増えているのではないでしょうか。一方、サイバー攻撃はIoTデバイスを狙って増えてきています。今回はIo…

なぜ、農業IoTのデータ活用は上手くいかなかったのか? | 鹿児島県南大隅町e-kakashi導入事例

生産者の経験と勘に基づいたノウハウをデータで伝承していくため、現場では何が行われているのか。鹿児島県南大隅町での実証実験ワークショップの様子をレポートする。

Azure IoT Hub と Windows 10 IoT Core とRaspberry Pi 3 Model B+ とでテレメトリーの収集をしてみた

Azure IoT Hub と Windows 10 IoT Core と Raspberry Pi 3 Model B+ とでテレメトリーの収集をしてみました。

「地図」のユニコーン企業が日本上陸。Mapboxが起こすイノベーションの正体

地図開発プラットフォームを提供するMapboxが2019年11月から日本で事業を開始した。Mapboxのプラットフォーム上で日本企業の保有データと地図インターフェースがつながることで起こるイノベーションとは?副社長のデイブ・コール氏に、日本での事業展開につ…

ドライバーの労働環境と社会的地位を変える、物流版Uberの正体とは?

ドライバーの人手不足が深刻化するなか、「ドライバーファースト」の視点に立ち、物流業界の変革に挑んでいるのがCBcloud株式会社だ。同社CEO松本隆一氏と、ソフトバンク デジタルトランスフォーメーション本部の河本亮氏、鵜沢泰造氏に両社が進める物流改革…

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)とは?IoTの普及でビジネス環境はどう変わるのか

IoT(Internet of Things)とは「モノのインターネット」と言われ、情報伝達機能をモノに組み込み、インターネットでつなぐことで、モノからデータ取得したりモノそのものを遠隔操作する仕組みのことを指します。本記事ではIoTの仕組み、IoTでできること、事…

IoT(モノのインターネット)の現状と導入事例を一挙紹介!業界ごとの活用を知ろう

最近よく耳にするようになったIoT(Internet of Things モノのインターネット)の事例を見ながら、その効果と注意点を探ります。

どこでも“顔パス”時代到来。「顔認証」でスマートになるオフィス

生体認証や1対N認証など世界トップレベルのAI画像認識技術の開発・提供をする日本コンピュータビジョン株式会社の師岡氏に日本における今後の顔認証ビジネスの展望について話を伺った。

農家の「経験と勘」をデータで次世代につなぐ。農業IoT最前線 | 秋田県仙北市実証実験

秋田県仙北市は市内の水稲農家にソフトバンクの農業向けIoTソリューション「e-kakashi」を試験導入。本記事では、IoTの導入により農業がどう変わったのか、関係者への取材を通じて紹介する。

ソフトバンクグループが描く“AI群戦略”の現在地

「SoftBank World 2018」のおよそ90の出展企業が並ぶ展示会場の中で、ソフトバンクブースを行くデータサイエンシストのシバタ・アキラ氏の視線を追った。そして、米国スタートアップ企業MapboxのCEOインタビューを紹介する。

副社長直伝。ソフトバンク「新規事業創造」のリアル

ソフトバンクグループ投資先の日本における事業展開や既存事業のDX(デジタルトランスフォーメーション)、新規事業の創出を担う担う同社代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの今井康之氏が、「劇的成長を支える、ソフトバンクの新規事業創造現場」について語…

【講演動画公開】孫正義が語るソフトバンクグループの「AI×群戦略」

ソフトバンクが毎年7月に開催する「SoftBank World」。ソフトバンクの方向性を孫正義氏自らが示す基調講演は、注目の的だ。本記事では、孫氏の講演内容とともに、孫氏が認めたソフトバンクの群戦略を担う世界の投資先企業を紹介する。

【対談】東アジアの中心に創出する、次世代テック市場

九州最大の都市・福岡市。スタートアップビジネスを後押しする自治体のサポートも手厚く、起業家たちから熱視線が注がれている。本記事では「ドローンにはどんな可能性があるか」をテーマに関係者による対談をお届けする。

【対談】商店街にIT企業?再生の先にある、新しいコミュニティ

4年前まで典型的なシャッター商店街だった宮崎県日南市にある油津(あぶらつ)商店街が再生のモデルケースとして注目されている。なぜ、わずか4年で再生することができたのか。日南市の﨑田恭平市長と「studio-L」代表の山崎亮氏に、これからの地方創生のあ…

感情を持った車!? 近未来を感じる最新IoTソリューション事例|SoftBank World 2017 展示レポート

「SoftBank World 2017」の展示会場レポート。AI、IoT、Pepperを使ってビジネス変革や集客アップを図る、セキュリティを強化して大切なデータを守るなど、次世代のビジネスを形作るさまざまなソリューションが展示された。

「SoftBank World 2016」レポート 未来を創造する人工知能の進化

「SoftBank World 2016」で特に注目を集めた講演を紹介。本記事では、ITジャーナリストの林 信行 氏が「SoftBank World 2016」で行ったセッション、「次の5年のスマホ活用の文化・広がりを俯瞰する」の内容をレポートした記事を紹介します。