AIによる事故予防の“今”の話をしよう。“不完全”自動運転時代のドラレコ「Nauto(ナウト)」

AIによって移動と交通の安全を守ることをミッションに掲げる「Nauto(ナウト)」。ナウト・ジャパン日本代表の井田氏にサービスの特長、AIによって自動車の運転がどう変わっていくのかについて伺った。

【まとめ】SoftBank World 2019で語られた「情報革命」のすべて

「テクノロジーコラボレーションで、世界を変えていこう。」をテーマに開催された「SoftBank World 2019」。AI・IoT・5Gに関する講演・展示レポート記事を紹介。

ドローン新時代に備えて、知っておきたい「モバイル通信」のはなし

5G実用化で成長が見込まれるドローンの商用利用。本記事ではドローンの商用利用の現在地点を紹介。また、総務省 荻原直彦氏に、通信の側面から見たドローン普及の課題と可能性を伺った。

IoTと5Gがスマートシティを加速する。最新テクノロジー&事例紹介|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019で紹介されたIoTと5Gに関する講演をレポート。スマートシティや農業機械・工業機械の自動運転など社会や産業を大きく変えようとしているテクノロジーを紹介。

【AI関連企業編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、AI関連の10のソリューションを紹介する。

【クラウド・IoT・5G関連編】デジタライゼーションの未来を担う86社が集結。注目ソリューション18選 | SoftBank World 2019

2日間で約1万人が来場したSoftBank World 2019。展示会場では86社の企業が出展。本記事では、クラウド・IoT・5G関連の8つのソリューションを紹介する。

ソフトバンクの竹芝新本社がスマートシティの実験場に。展示会場レポート|SoftBank World 2019

SoftBank World 2019のソフトバンクブースでは竹芝地区開発計画に関する展示の他、社会課題解決の最新ソリューションが多数紹介された。その模様をレポートする。

孫正義が紹介する、世界のソフトバンク“AIファミリー” | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の孫正義の基調講演をレポート。ソフトバンク・ビジョン・ファンド出資先企業のCEOの紹介や、海外のAI活用事例と日本企業の進むべき道が語られた。

【ソフトバンクCEO宮内謙】日本企業復活の鍵は「データ活用」にある | SoftBank World 2019

SoftBank World 2019の宮内謙の基調講演では「Digital JAPAN」というビジョンのもと、5G・IoT・AIのキーテクノロジーを活用した社会課題解決の取り組みが紹介された。

5Gでアップデートする「道路」。スマートハイウェイが日本のインフラ老朽化を解決

ソフトバンクは5Gを活用したスマートハイウェイの実証実験を実施。ソフトバンクの田島氏とパートナーとして参画したパシフィックコンサルタンツの中澤氏に実証実験の概要と手応えを伺った。

【実証実験】5G通信×建設機械自律制御で建設現場の業務効率化を目指す

大手ゼネコンの大成建設は、ソフトバンクと共同で5G通信による建設機械の無人化施工を検証している。本記事は建設ICTの研究に取り組む大成建設 青木氏に本実証実験について話を伺った。

SoftBank World 2019 開催決定。今年のテーマは「テクノロジーコラボレーションで、世界を変えていこう。」

「SoftBank World 2019」が2019年7月18日(木)、19日(金)にザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)で開催される。その概要を紹介。

“いつも安全につながる”家電が暮らしを豊かにする|パナソニック×ソフトバンク 最強タッグで叶えるIoT家電

家電がネットにつながることで、我々の暮らしはどう変わるのか。また、そのために必要な通信技術はどんな進化を遂げているのか。パナソニック アプライアンス社の小塚雅之氏とソフトバンクの丹波廣寅氏が、すぐそこに迫りくる未来を語り合う。

【図解】IoT社会を支えるネットワークの切り札テクノロジー 「NIDD」とは

IoTインフラのネットワーク最適化するテクノロジーとして注目されるNIDDを図解でわかりやすく紹介します。

「MaaS経済圏」の誕生。都市のコントローラーは誰の手に?【後編】

「MaaS Tech Japan」代表取締役の日高洋祐氏による、全2回のMaaS講義。後編となる本記事は、日本におけるMaaSの現在地と、これからMaaSと共に生まれる新しい経済圏について紹介していく。

誤差数センチの位置情報は、どんなイノベーションを起こすのか?

2025年に約5兆円の新サービスが創出されるともいわれる準天頂衛星「みちびき」は、私たちの生活をどう変えていくのか。NASAで火星探査ロボットの開発をリードし、宇宙ビジネスにも詳しい小野雅裕氏と、ソフトバンクで測位サービスを専門とする永瀬淳氏の対談…

海外事例から学ぶMaaS基礎講座。モビリティ革命がもたらすもの【前編】

「MaaS Tech Japan」代表取締役の日高洋祐氏による、全2回のMaaS講義。前編となる本記事ではMaaSの基本概念と海外の先進事例を紹介し、理解を深めていく。

The Parking Revolution 改革の余地多し、駐車場の世界

身近な存在の駐車場には、このマーケット独特のユーザーの不満、オーナーの悩みが潜んでいる。そんな課題を解決しようとする、シェアリング時代らしい新たなサービスが登場した。知っているようで詳しく知らない「パーキングマーケット」を知るとともに、登…

handyは「旅のリモコン」。旅行業界を変革する次世代観光インフラをつくる

ホテル客室設置型のスマートフォンレンタル事業を手がけるhandy。今後はソフトバンクとの共同開発でIoTプラットフォームとしての世界観を目指していくという。その全貌について、handy Japan勝瀬博則氏、平林朗氏、村上臣氏、ソフトバンクの河本氏に話を聞い…

IoTプラットフォームから生まれる新たなユースケース

2018年11月7日、コンラッド東京で開催されたソフトバンク主催「IoT Developer Conference 2018」。ソフトバンクのテクノロジーやサービスを紹介した前編の基調講演レポートに続き、後編となる本記事では「午後の部」のセッションの模様と展示ブースの内容を…

共創しよう、革新を起こそう、ソフトバンクのIoTとともに

2018年11月7日、コンラッド東京において、ソフトバンクが主催する「IoT Developer Conference 2018」が開催された。「共創しよう。革新を起こそう。ソフトバンクのIoTとともに」をテーマとしており、本記事では前編として宮内謙による基調講演の模様をレポー…

handy Japanとソフトバンクでつくる観光客を動かすタビナカメディア

世界各国で展開されているホテル設置型の無料スマートフォンレンタルサービス「handy」。日本展開を手がけるhandy Japanとソフトバンクは2018年7月より資本・業務提携を開始。両社の狙いを関係者に聞いた。

「つながる」は電波から映像に。 全国の基地局が365日映像配信「スマート情報カメラ」

災害の危険性がある河川、火山、沿岸の監視をはじめ、各地のライブ映像を伝える情報カメラ。ソフトバンクでは2019年春より携帯電話の基地局とソニーのネットワークカメラを利活用した映像コンテンツ配信サービス「スマート情報カメラ」を開始。ソフトバンク…

情報革命を担う企業が集結、話題のコワーキングスペースやロボットも

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」の展示会場では、参加企業各社の最新ソリューションが多数展示。会場ではAIやIoT関連の先進的な取り組みを行う企業から、SlackやWeWorkといった知られた企業まで、「情報革命」を担う企業の展示が並ん…

世界のトップ企業が集うソフトバンクグループの「群戦略」。 その正体に迫る

本記事では、SoftBank World 2018の講演レポートとして、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の出資企業や合弁会社の講演から、ソフトバンクがもたらす情報革命の未来図を見ていきたい。冒頭ではインターネットの父と言われる村井純氏が語った5G後の社会に…

情報革命はどのように起こる?5G、IoT、AI、それぞれの今

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」。その基調講演で、孫正義は「情報革命=AI革命というような状況が今からやってくる」と語った。情報革命をもたらす鍵となるのが5G×IoTのネットワークだ。まずは、ソフトバンクの5Gに関する取り組み…

海外先進事例に学ぶIoT・テレマティクスサービスの未来

IoT・テレマティクスのリーディングカンパニーAeris(エアリス)CMO Raj Kanaya氏と、三菱自動車工業コネクティッド インフォメーションビジネス部 担当部長 坂本康弘氏の2人の識者に海外IoT・テレマティクスサービスのトレンドと先進的な事例について聞いた…

5G×IoTは相性抜群。ソフトバンクの本気な「共創戦略基地」

最新テクノロジーとデジタルものづくりの融合によって生まれた共創を、数多く目の当たりにしてきたテックショップジャパン社長有坂氏と、モバイル通信の研究者でもあり5Gの技術ポテンシャルに精通する湧川氏が、5G×IoT Studioで起きる化学反応が、近未来に何…

2020年に訪れる5G×IoTの世界を先出し ソフトバンク の「5G×IoT Studio」お台場ラボ レポート

ソフトバンクは、5GやIoTのトライアル環境を提供し、さまざまな企業との新たなソリューションの共創を目指す施設「5G×IoT Studio」をスタート。本記事では「5G×IoT Studio」お台場ラボを実際に訪れて5Gを活用した最新技術を体験。その活用事例とあわせてレポ…

インフォグラフィックで描くソフトバンクと通信の「改革関係」

5G時代の到来によって、これまで以上に多くのデバイスから大量データの受発信が行われるという。本記事ではインフォグラフィックを用いて通信とネットサービスの30年を振り返るとともに、そこで改革を進め続けてきたソフトバンクの動きを振り返る。

“インターネットの父”村井純と語る。5Gで何が変わるのか

“日本のインターネットの父”として知られる村井純氏は、インターネットが普及してきた過去を振り返り、「5Gは、不可能を可能にする夢がある」と語る。その村井氏と村井氏のかつての教え子ソフトバンクの湧川隆次氏が、5G到来以降の社会について語り合った。

【実証実験】5G通信×自動運転でドライバー不足解消へ

ソフトバンクは、5G超低遅延通信を活用した自動運転支援の実証実験を行った。高速走行中のトラック3台を5G通信で接続し、後続のトラックのカメラの映像を、遅延わずか1/1,000秒で先頭に転送するこの技術は、隊列走行時のトラックの自動運転を支えることを想…

暮らしに合わせ家を柔軟に変化させる、リノベるが描くスマートハウス

「築古物件+リノベーション」という住宅購入の新しいスタイルを提案しているリノべる。同社はスマホアプリ「Connectly App」というプラットフォームをベースに、スマートハウス事業を推進している。そのきっかけとなったソフトバンクの「SoftBank Innovation…

世界最先端のIoTキャンパスで産声をあげた「文・芸・理」の連携教育の可能性

2017年4月に開学した東洋大学情報連携学部(INIAD)。JR赤羽駅から徒歩8分でアクセスできる赤羽台キャンパスで、「文・芸・理の融合」による教育が行われている。同学部の設立コンセプト、カリキュラムの特長、坂村 健学部長が「世界最先端」と呼ぶIoTキャン…

IoT化されたキャンパスは、学生とともに成長する

東洋大学情報連携学部(INIAD)のキャンパスは、坂村学部長の総合デザインと建築家の隈 研吾氏による外観デザインによるものだ。本記事では「IoTビルの機能を学生たちの手で作り上げてもらう。学生とIoTビルがともに成長していくのが理想」と坂村氏が位置付…

【特集記事】LOCAL × TECH 変貌する日本の地方 全7回

少子高齢化によって生産人口が減少するなか、すでにさまざまな課題に直面している地方では、先端テクノロジーを使った取り組みが行われている。そういった取り組みを7回に分けて紹介する。

【対談】リアルコミュニティが、IoT社会を実現する

IoTが社会に実装されて本領を発揮するのは、膨大な端末やセンサーが行き渡り、それらを通信させるネットワークが整備されたときである。本記事では、IoTがもたらす地方創生をテーマに元総務大臣補佐官 太田直樹氏と、ソフトバンクの地方創生事業を推進する永…

【対談】東アジアの中心に創出する、次世代テック市場

九州最大の都市・福岡市。スタートアップビジネスを後押しする自治体のサポートも手厚く、起業家たちから熱視線が注がれている。本記事では「ドローンにはどんな可能性があるか」をテーマに関係者による対談をお届けする。

【対談】LPWAは、産業と子育て世代を呼び戻せるか

静岡県藤枝市は近年人口が増加しつつも、進学により市外に転出した若者が戻ってこないことが課題だ。そこで打ち出した新たな施策の一つが、LPWAネットワークによるIoTの活用。本記事では、その取り組みの背景や狙い、今後の展望について、藤枝市副市長の河野…

【対談】シェアサイクルが、郊外都市のデザインを変える

首都圏郊外25km圏の新興住宅地、美園地区はシェアサイクルアービス「エコモビ powerd by HELLOCYCLING」を導入。本記事では、その取り組みの背景や狙い、今後の可能性について、同事業の自治体・協会側のキーマンと、NewsPicksプロピッカーで地方創生の仕掛…

【対談】IoTが切り拓く、農業で“稼ぐ”地方の未来

これからの50年で、日本の総人口は約9000万人まで減少する。生産人口が減り、介護や医療などの問題も深刻化するなか、どう社会を存続させるか。本記事では、士幌高校の近江校長と、営農支援事業を行う「テラスマイル」代表取締役 生駒氏に、アグリテックによ…

【インタビュー】IoT時代の地方の現実。その課題と可能性|元総務大臣補佐官 太田 直樹

これからの50年で、日本の総人口は約9000万人まで減少する。生産人口が減り、介護や医療などの問題も深刻化するなかで、どのように社会を存続させるのか。現在の地方が抱える課題と展望について、総務大臣補佐官として地方創生やIoT活用に取り組んだ経験を持…

地域住民の「やりたい!」が原動力。新しい商店街コミュニティのかたち

シャッター商店街から再生した宮崎県日南市にある「油津商店街」。そこは長年の歴史と、新しいコミュニティが共存する油津商店街は、活気で溢れる素敵な商店街だった。活性化事業の主導者に選ばれた木藤 亮太氏と、対談を終えた崎田 恭平市長の案内のもと、…

“IoT経済圏”の誕生、カギは「次世代通信」にあり

AI、ロボット、IoTといった技術の発展が「3年後のビジネスの現場」に起こす変化について、各領域のキーパーソンがリアルな未来図を展望する。本記事ではグロービズ・キャピタル・パートナーズ高宮氏とソフトバンク桑原氏がIoTビジネスについて語り合った。

「シェアリング×プラットフォーム」でつくる“ショートな移動”とは|根来龍之 氏 × OpenStreet 横井晃 氏

自動車に始まり、家やオフィス、衣類や家具、家電などさまざまなモノがシェアされるようになった。今後どのように変貌を遂げるのか。IT/ネットを活用したビジネスモデルに精通した早稲田大学ビジネススクール教授の根来龍之氏とOpenStreet株式会社の代表取…

IoTは地味で地道なイノベーション ~IoT成功事例と日本企業の課題~

東京大学先端科学技術研究センター内のラボにて、IoTやビッグデータ、センサネットワークをはじめとするIT、ICT領域の研究を進めている同センター教授の森川 博之氏に、IoTが世の中に与える影響や課題、ビジネス領域におけるポテンシャルなどについて話を伺…

IoTの権威 坂村健が語る、オープンIoTと次世代の情報論

1980年代から「TRONプロジェクト」をはじめ、IoT領域を最先端で研究し続けてきた坂村 健氏。2015年にはビル・ゲイツ氏らとともに「ITU(国際電気通信連合)150周年賞」を受賞するなど、世界のIT化に最も影響を与えた人物の一人と評されている。本記事では坂…