MV

デジタルシフトでつなぐ未来 -ソフトバンクのSDGs達成への貢献-

「日経SDGsフォーラム」におけるソフトバンク 宮内 謙の講演ダイジェスト。「デジタルシフトでつなぐ未来」と題し「テクノロジーを活用したソフトバンクの企業活動そのものが、SDGs達成への貢献」と述べた。

【GOVTECH】地方行政のDX、自治体が担うべきは「信頼」の担保

行政のDXをテーマにした連載企画「GOVTECH ─政府のニューノーマル─」。第3回は日本の地方行政の現場にフォーカスする。 さいたま市のスマートシティ構想と、市民の個人情報パーソナルデータ を預かり管理する「情報銀行」の取り組みについて、さいたま市長の…

【孫正義】AI第三世代の未来図|SoftBank World 2020ダイジェスト

SoftBank World 2020の孫正義基調講演ダイジェスト。前半は孫正義とNVIDIA(エヌビディア)の創業者/CEOジェンスン フアン氏との対談でAIの未来が語られた。後半ではソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先企業によるAI活用最新事例が紹介された。

オンライン健康医療相談サービス「HELPO」が日本の健康をDXする

2020年7月29日、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社は、法人・自治体向けオンライン健康医療相談サービス「HELPO」をリリースした。社員の健康相談から始まり、日本の医療問題の解決まで見据えているという同社の展…

Withコロナとどう向き合うか。イオンが挑戦する感染症対策のニューノーマル

国内でもいち早く新型コロナウイルスの流行初期から対策を取ってきたイオンでは、商業施設に求められる安全対策のニューノーマルをどのように考えているのか。イオンの取り組みについて、執行役人事・管理担当兼リスクマネジメント管掌の渡邉廣之氏とイオン…

【GOVTECH】日本の給付金はなぜ遅い?エストニアに学ぶ、日本の行政のDX

コロナ禍の中で、多くの日本国民が政府や自治体の対応に厳しい目を向けている。民間企業がニューノーマルに舵を切り、DX(デジタルトランスフォーメーション)しようとしている中では、政府や自治体のDXの進み具合もまた、浮き彫りになる。 行政のDXをテーマ…

わずか、0.5秒。「AI温度測定」が人々の安全を守る

日本コンピュータビジョン株式会社は、サーモグラフィカメラによるAI温度検知ソリューション「SenseThunder」の提供を開始した。企業の感染症対策の有効手段となり得るのか。同社の担当者に話を聞いた。

ソフトバンクの新たな法人事業戦略―「事業継続支援ソリューション」と「プライベート5G」

ソフトバンクは2020年5月20 日に法人事業に関する説明会を開催。新型コロナウイルス感染症の影響下における、新しい働き方や事業をサポートする各種ソリューションの他、法人事業での5G戦略を明らかにした。

防犯カメラ市場に革命を起こす「通信する蛍光灯」とは

交通インフラや大型施設など、防犯を必要とする各所で近年急速に市場が拡大する防犯カメラ業界。そのなかでも特に注目されているのが「ネットワークカメラ」だ。 しかし一方、ネットワークカメラには工事やメンテナンスにかかるコストなどのハードルがあった…

マーケターのための5分でわかるCDPのキホン -活用例と失敗例

これからのマーケティングに必要不可欠な「顧客理解を深める」という課題の解決策となるのが、マーケターのためのソリューション「CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)」だ。本記事は初心者マーケターのためにCDPの基礎をみていく。

医療MaaS 「医師の乗らない移動診療車」が挑む地域医療問題 | 長野県伊那市実証事業 現地取材

長野県伊那市では医療課題をMaaS(Mobility as a Service)によって解決するべく、モバイルクリニック実証事業を推進している。同市の白鳥孝市長が「医療MaaSが過疎地域の問題を解消する」と期待を寄せる本取り組みを、市長、医療関係者、事業の担当者と各方…

自動運転時代はもうはじまっている。国内初 ハンドルがないバスの公道走行を実現

2019年10月に幕張メッセで開催された「CEATEC 2019」では、SBドライブが仏NAVYA製の自動運転バス「NAVYA ARMA」を使用した実証実験を行った。自律走行バスの存在は自動運転領域の起爆剤となり得るのか。SBドライブの担当者に話を聞いた。

「地図」のユニコーン企業が日本上陸。Mapboxが起こすイノベーションの正体

地図開発プラットフォームを提供するMapboxが2019年11月から日本で事業を開始した。Mapboxのプラットフォーム上で日本企業の保有データと地図インターフェースがつながることで起こるイノベーションとは?副社長のデイブ・コール氏に、日本での事業展開につ…

【対談】オフィス×IoTの賢人がスマートオフィスの先に描く「働き方の未来」

大手設計事務所の梓設計は、羽田に新本社を移転。それに伴いオフィスの徹底したIoT化に踏み切った。IoTを取り入れることで、オフィスとその先にある働き方はどう変わっていくのか。梓設計の新オフィス設計を担当した岩瀬功樹氏と、Think Lab取締役の井上一鷹…

エヴァンジェリスト・西脇氏に聞く、生産性向上40%を実現した日本マイクロソフトのコミュニケーション変革

Microsoft Teamsのクラウドボイスサービス「UniTalk」が日本のビジネスシーンにもたらす効果についてに、日本マイクロソフト エバンジェリストの西脇資晢氏に話を聞いた。

みずほ銀行の生き残りをかけた「攻めのコスト削減」。実績重視で選んだ「モバイル通信」とは!?

みずほ銀行では、ATMの通信コストを削減するため、ソフトバンクが提供する法人向けモバイルネットワークサービス「Twin(ツイン)アクセス」を採用。順次全国のATMで切り替えを進めている。「Twinアクセス」によって具体的にどのような変化がもたらされたの…

ドローンの「今」の話をしよう。2020年、ドローンに任せられる20の仕事

ソフトバンクでは日常的な業務でのドローン活用をサポートするドローンサービス「SoraSolution」を提供開始。本記事では「SoraSolution」事業を担当するソフトバンク 松田憲史郎氏に「SoraSolution」が提供するサービスと、ドローンビジネスのユースケースを…

ドローン新時代に備えて、知っておきたい「モバイル通信」のはなし

5G実用化で成長が見込まれるドローンの商用利用。本記事ではドローンの商用利用の現在地点を紹介。また、総務省 荻原直彦氏に、通信の側面から見たドローン普及の課題と可能性を伺った。

今さら聞けない「キャッシュレス決済」。なぜ、PayPayが消費増税10%対策に?

2019年10月からの消費税増税にともない政府はキャッシュレス決済の「ポイント還元」を実施。もう「知らない」では済まされないキャッシュレス決済について、店舗事業者向けにわかりやすく解説する。

事例から学ぶダイナミックプライシング入門講座。AIがもたらす「価格」の未来とは?

ダイナミックプライシングとは需要と供給に応じてAIが動的に価格を変動させることを指す。本記事では、最新の企業事例を通じてダイナミックプライシングの概要と現在の状況を紹介していく。

農家の「経験と勘」をデータで次世代につなぐ。農業IoT最前線 | 秋田県仙北市実証実験

秋田県仙北市は市内の水稲農家にソフトバンクの農業向けIoTソリューション「e-kakashi」を試験導入。本記事では、IoTの導入により農業がどう変わったのか、関係者への取材を通じて紹介する。

海外事例から学ぶMaaS基礎講座。モビリティ革命がもたらすもの【前編】

「MaaS Tech Japan」代表取締役の日高洋祐氏による、全2回のMaaS講義。前編となる本記事ではMaaSの基本概念と海外の先進事例を紹介し、理解を深めていく。