「RPA・ロボット」記事一覧

AIで高精度な需要予測を実現 ~分析ツールの導入プロセス事例~

「AI」や「DX」など、ビジネスシーンではデジタルを活用した変革が求められています。しかし多くの顧客や商材を持つ企業の場合、膨大なデータを分析しきれていない、あるいは分析のために工数をかけている、分析の精度が安定しないなど課題があります。 本ブ…

中小企業でのRPA活用、どんな業務を任せられるのか

近年、中小企業では人手不足の影響が顕著になっています。単純作業に多くの時間を取られてしまい、なかなか業務効率が上がらない状況下で、RPAを活用し単純作業を自動化することは人手不足の解決策の1つです。本稿では中小企業においてRPAの活用で何ができ…

小売業界が抱える課題をDXで解決するには

消費行動が変化しやすいニューノーマル時代において、小売業の企業には、消費者のニーズに合わせた新たなマーケティングや環境整備が求められています。小売業界の現状と課題を確認した上で、DXの導入によってそれらの課題を解決し、生産性を高める方法を考…

エンタープライズRPAとは。RPAとの違いと導入の重要性

企業の業務効率化、生産性の向上は、働き方改革を推進するうえで重要な課題です。今回は業務を幅広く自動化するためのエンタープライズRPAを活用するために、RPAとの違いや特徴、また、導入する際に専門企業を活用するメリットを紹介します。

デスクワークの自動化を実現するRPA

デスクワークの自動化を実現するRPAは、働き方改革への注目を背景に中小企業でも急速に導入が進んできました。本記事ではRPAを活用した自動化が求められる背景や、RPAの導入が進む業務内容について解説します。

RPA導入で業務の効率化を実現した事例を一挙紹介

RPAを活用することで作業効率を高め、オペレーションミスを無くすことができます。具体的にはどのような作業が効果を生んでいるのか、各業界での事例を見ながら確認してきましょう。

AI-OCRとは?RPAと組み合わせて実現できることとは?

AI-OCRに注目が集まっています。OCRに比べ識字率と項目の識別能力が高いのが特長です。本記事では東京都足立区のRPAとAI-OCRを使った事例からAI-OCRで実現できることを紹介していきます。

RPAを導入するときのポイントとさまざまな支援サービス

働き方改革関連法が施行され、企業では業務の見直しや効率化が課題となっています。本記事では業務効率化の取り組みとして注目されているRPAの導入時のポイントと支援サービスについてご紹介します。

JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)におけるバス自動運転の技術実証

プレスリリース:「JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」の実施について 実験概要 東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)、先進モビリティ株式会社、愛知製鋼株式会社、京セラ株式会社、ソフトバンク株式会社、日本信号株式会社および日…

ITツールを使って業務改善を実践する方法とは

働き方改革が注目される昨今、重要度を増している業務効率や生産性を向上は、一般的にはITツールを活用しながら進めることが容易とされています。ここでは、業務改善の概念を解説した上で、その手順や、業務改善に役立つITツールを紹介していきます。

今さら聞けないRPAとAIの違いとは? 具体例を挙げて解説

RPAとAIは混同しやすいですが、今回は分かりやすく「見積書を発行する」という業務を例に出しながら、それぞれの違いを解説していきましょう。それぞれの違いを正しく理解しておけば、今回の見積書発行の例以外にも、さまざまな業務に応用することが可能にな…

RPA導入の手順とは?課題を想定してスムーズに運用するには

人材不足の解消や働き方改革の実現を目指す上で、大きなメリットがあるといわれるRPA。RPAの導入に成功した場合には、作業時間の短縮や働き方改革の実現による人材採用の多様化にもつながります。本記事では、RPAの導入の準備や手順、導入時に起こりうるリス…

導入事例で確認!RPAでできること・できないことの違いとは?

生産性向上に役立つツールとして注目を集めているRPA。RPAで何ができるのか、苦手なことは何なのかを把握した上で、導入を検討する必要があります。本記事では、RPAでできることと苦手なこと、さらにRPAの事例をご紹介します。

業務効率化で働き方改革を実現!10の手法とプロセスを解説

「業務効率化」は少し漠然とした言葉でイメージしづらいですが、企業にとって今後の労働人口の減少の対策になるだけではなく、経費の削減や社会的評価の向上にもつながります。本記事では業務効率化が求められている背景をお伝えするとともに、10の具体的な…

情報革命を担う企業が集結、話題のコワーキングスペースやロボットも

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」の展示会場では、参加企業各社の最新ソリューションが多数展示。会場ではAIやIoT関連の先進的な取り組みを行う企業から、SlackやWeWorkといった知られた企業まで、「情報革命」を担う企業の展示が並ん…

情報革命はどのように起こる?5G、IoT、AI、それぞれの今

ソフトバンクの法人向けイベント「SoftBank World 2018」。その基調講演で、孫正義は「情報革命=AI革命というような状況が今からやってくる」と語った。情報革命をもたらす鍵となるのが5G×IoTのネットワークだ。まずは、ソフトバンクの5Gに関する取り組み…

RPAとは何なのか?導入のメリット・デメリットと労働環境の変化

働き方改革が叫ばれる昨今、企業の生産性向上のためにRPA(Robotic Process Automation)という技術が注目を集めています。本記事ではRPA導入のメリット・デメリットと、RPAを導入することによって労働環境がどのように変化していくのかみていきます。

ソフトバンクのRPA活用事例4選

新型コロナウイルス感染症に対する不安が続く中で、RPA(Robotic Process Automation)を本格的に活用しようという動きが出てきているようだ。 本記事ではRPAソリューション「SynchRoid(シンクロイド)」を提供するソフトバンクが、同ソリューションを活用…

RPA×パブリッククラウドで働き方改革を日本全国に

AIを活用した非定型業務の自動化など、RPAの先端領域への投資を積極的に行ってきたソフトバンクの次なる一手。それがパブリッククラウド「Alibaba Cloud(アリババクラウド)」と「SynchRoid」のコラボレーションだ。ソフトバンクの木下 貴士氏にそのメリッ…

5G×IoTは相性抜群。ソフトバンクの本気な「共創戦略基地」

最新テクノロジーとデジタルものづくりの融合によって生まれた共創を、数多く目の当たりにしてきたテックショップジャパン社長有坂氏と、モバイル通信の研究者でもあり5Gの技術ポテンシャルに精通する湧川氏が、5G×IoT Studioで起きる化学反応が、近未来に何…

2020年に訪れる5G×IoTの世界を先出し ソフトバンク の「5G×IoT Studio」お台場ラボ レポート

ソフトバンクは、5GやIoTのトライアル環境を提供し、さまざまな企業との新たなソリューションの共創を目指す施設「5G×IoT Studio」をスタート。本記事では「5G×IoT Studio」お台場ラボを実際に訪れて5Gを活用した最新技術を体験。その活用事例とあわせてレポ…

Pepperで子供の可能性を引き出す。北海道天塩町の「未来への投資」

北海道の最北部に位置する人口約3,000人の町、天塩町(てしおちょう)。人口減少や高齢化など、深刻な課題が山積する小さな町で今、それらの解決を目指した革新的なプロジェクトの数々が進んでいる。 仕掛人は、天塩町副町長の齊藤啓輔氏。外務省、首相官邸…

テクノロジー定着論 AI、RPAは人と同じ。育てるもの

ソフトバンクでビジネスプロセスの改善・推進を担当し、RPA推進リーダーも務める上永吉聡志氏と、マイクロソフトやグーグルなどを経て、現在は幅広い企業の技術アドバイザーを務める及川卓也氏とともに、RPAの可能性とテクノロジーと人の理想的な共存のカタ…

RPAとAIの融合が描く「働き方」の未来像

働き方改革がなかなか浸透しない中、その課題を解決する施策の1つとして期待されているのが、RPAとAIの導入による生産性の向上だ。本記事ではその2つがコラボレーションした先進事例を取り上げ、「働き方改革」がもたらす労働環境の未来像を検証する。

北海道帯広市 農業IoTで生育状況の把握や病害発見を実現

ドローンなどを活用したスマート農業ソリューションの実証実験を開始 北海道帯広市は、北海道東部の十勝地方のほぼ中央に位置する。人口は約17万人で、農業を主要産業とする十勝地方の中心地であり、農産物集積地、商業都市としての役割を担っている。また、…

地方創生を後押しする情報誌が持つ、紙媒体ならではの強みとは!?

2008年から始まった人口減少、加速度的に進む少子高齢化、そして歯止めのかからない東京への一極集中。これらの課題に立ち向かうべく、第2次安倍内閣が2014年9月に打ち出した政策が「地方創生」である。それから約3年。全国の自治体では、人口減少に歯止めを…

最新技術と連携したPepperが大集結!ペッパソン2017レポート

「ペッパソン」は「Pepper」を使ったハッカソン。本記事ではその模様をレポートします。参加者の皆さんには、2017年のペッパソンのテーマ「ロボットも最新技術を求めてる」をコンセプトに、IoTやAIなどの最新技術と連携させたロボアプリを開発してもらいまし…

人気ロボアプリ「ペップレ」に学ぶロボアプリ成功の3つの秘訣

「ロボアプリマーケット for Biz」における人気ロボアプリの1つである「ペップレ」。これは、Pepperにプレゼンをさせるためのロボアプリだ。このロボアプリを開発したエクスウェアの代表取締役 滝本氏と開発を担当した鵜口氏に話を聞いた。

国内初!Pepperでイオンカードの入会手続きができる実証実験

イオンモール幕張新都心では2017年6月13日より、1台のPepperで最大3名までのイオンカード申込受付に対応できるカウンターを設置している。受付業務のデジタル化によるスタッフの負担軽減や待ち時間の削減、ミス防止が狙いだ。国内金融業界では初の試みとなっ…

【予測】3年後に人とロボットが共存し“心が通う”、その先

ロボットクリエイター高橋智隆氏とソフトバンクロボティクスの吉田健一氏の対談。「人×ロボット」の新たなコミュニケーションの未来予想図を語り合った。

Pepper for Bizが進化!「プレゼン+AI+遠隔操作」でできること

ソフトバンクロボティクスでは、Pepper導入の検討、導入企業へ活用方法の認知拡大を目的としたセミナーを開催。本記事では、接客シーンでのPepper活用を紹介を目的に開催されたエクスウェア株式会社とアスラテック株式会社のコラボセミナーをレポートする。

人とつながるロボットPepperが目指したもの

ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の登場から数年が経過した今、同社のロボットビジネスはどのような局面を迎えているのか。その最前線を、同社ロボット事業のキーマンに聞く。

Pepper App Challenge 2017 ~新たな価値を創る10のロボアプリ~

「Pepper World 2017」で行われたロボアプリの頂上決戦「Pepper App Challenge 2017」や会場での展示をレポート。これまでの常識を覆し、新たなる体験と価値を生み出すロボアプリにフォーカスしよう。

Pepper World 2017 ~Pepperで実現する業務自動化の最前線~

Pepperを活用した事例が多数紹介されたソフトバンクグループの法人向けイベント「Pepper World 2017」をレポート。2017年は「業務自動化」をテーマに多数のセッションや展示が行われ、最新の活用事例が紹介された。

Pepperに言われたらトッピング追加しちゃうかも?|「人の心を動かす」Pepperロボアプリ研修

2016年10月、大学生たちにPepperのプログラミング研修を受けてもらい、ソフトバンクの社員食堂の売り上げをアップするアプリ開発にチャレンジしてもらった。はたしてどんなアプリを開発したのか。本記事ではその模様をレポートする。

「SoftBank World 2016」レポート 未来を創造する人工知能の進化

「SoftBank World 2016」で特に注目を集めた講演を紹介。本記事では、ITジャーナリストの林 信行 氏が「SoftBank World 2016」で行ったセッション、「次の5年のスマホ活用の文化・広がりを俯瞰する」の内容をレポートした記事を紹介します。