導入事例で確認!RPAでできること・できないことの違いとは?

導入事例で確認!RPAでできること・できないことの違いとは?

(2019年1月31日掲載)

目次

生産性向上に役立つツールとして注目を集めているRPA。ロボットによって作業を自動化することで業務効率化が可能ですが、必ずしも現時点で全ての業務がRPAで対応可能であるとは限りません。まずはRPAで何ができるのか、反対に苦手なことは何なのかを把握した上で、自社に導入した場合の効果を見極める必要があります。

今回は、RPAでできることと苦手なこと、さらには実際にRPAを導入した事例をご紹介していきます。RPAの導入に向けて参考にしてみてください。

RPAでできること

現在のRPAでもっとも多いのが、複数の異なるアプリケーションを横断的に行き来する業務です。例えば、インターネットブラウザを使って特定のページに表示されたデータをもとにExcelにデータを入力する。スプレッドシートの特定の列や行に記載されたシリアルナンバーをもとに、ソフトウェアのインストール作業を行うといったものです。ほかにも、毎月の経費精算処理や毎週のバックアップデータの作成など、定例的な業務もRPAが得意な分野です。

RPAの需要のある業務とは

このように、RPAはパソコンを使った作業や事務処理に対応しているため、幅広い業種や職種に対応できます。特に需要がある業種を挙げてみましょう。

業種 職種
銀行・保険・製造 など                                経理・人事・営業 など                               

人事や経理など、社内向けの業務が中心となる職種から、保険などの社外向けの業務が中心の業種まで幅広く対応できることが分かります。もちろん、上記の職種はほんの一例ではありますが、RPAは専門的なプログラミングの知識がなくても業務を実行させることができるため、実務を担当する部門が中心となって導入、運用していくことが可能です。

RPAの導入事例

RPAができることは理解できたと思いますが、もう少し具体的にどのような業務に対応できるのかを知りたいという方も多いはず。そこで、これまでRPAを実際に活用した導入事例をご紹介します。

見積書発行

メールに記載された商品の型番を抜き出し、インターネットブラウザを起動して商品の価格を検索し、見積書を作成、発行するという業務が可能です。もちろん、インターネットブラウザではなく、特定のExcelのファイルやスプレッドシートなどに記載された型番の一覧から価格を抜き出し、見積書を作成することもできます。RPAによって見積書発行が自動化されることによって、人の手による作業に比べて迅速に見積書を出すことができ、人為的なミスもなくなるためユーザーからの満足度向上に貢献が可能でしょう。

商品の発注処理

小売などのサービス業界においては、在庫切れによる販売機会の損失は大きな課題です。適正な在庫数を常に確保しておくことは重要な仕事のひとつですが、在庫数を誤ったり発注作業を忘れたりした場合には欠品が生じてしまいます。

このような課題もRPAによって解決できます。店舗にある在庫をシステム照会し、不足していれば自動的に発注処理をするという仕事を実行させることが可能となるでしょう。毎日定期的な時間に実行することで発注漏れを防ぎ、正確な処理が可能になるでしょう。在庫数のカウントミスや発注漏れといった人為的ミスによる販売機会の損失を未然に防ぎ、安定的な売り上げに貢献します。

経費精算処理

従業員から申請のあった経費精算額を確認し、振込依頼を実行するといった業務もRPAによって実現可能な一例。領収証の確認など、紙ベースでの確認が必要な業務は人間の手が必要ですが、金額を確定させて振込依頼を行うといった、正確性を要する業務にはRPAが最適です。また、繁忙期などで一時的に業務が逼迫している場合でも、一時的に人員を増やしたり従業員の残業に頼ったりすることも不要で、安定的に処理が可能であるというメリットもあります。

ソフトバンクのRPAソリューション「SynchRoid」導入事例

RPAが苦手なこと

RPAは複数のアプリケーションが横断でき、いかにも能動的に考えて作業をしていると思われがちです。しかし、現在のRPAはそこまでの内容には対応できません。あくまでも最初の段階で人間がRPAに業務を覚えさせ、それを繰り返し実行するというのが基本です。

当然のことではありますが、通常のフローとは違うイレギュラーな処理が必要となった場合、RPAにそのルールが学習されていないと実行することはできません。人間のように何かを考えるということは難しく、より効率的な作業フローを編み出したり、出力されたデータが正しいものであるかを判断したりする業務においては、RPA単体ではなくAIや他のアプリケーションと組み合わせることで実現可能になります。

RPAの導入に向けて

RPAで実現可能な業務や導入事例は分かったものの、実際に自社に導入するにあたって何から始めればよいのか分からないという方も多いようです。まずは自社もしくは自部門の業務を洗い出し、RPAで自動化できる業務とそれ以外の業務を切り分けていく必要があります。そのためには、ひとつの業務であってもできるだけ細分化し、パターン化した業務をRPAに実行させられるように検討してみましょう。業務フローを可視化することで無駄な業務や不足している業務が見えてくることもあります。RPAの導入をひとつの機会として、あらためて業務の見直しをしてみるのもよいのではないでしょうか。

RPAを活用するために

今回はRPAによって実現可能なことと苦手なこと、あわせて実際の導入事例をご紹介してきました。RPAの導入にあたっては、現在の業務にどう活用できるか検討するところから始めてみましょう。まだまだ人の目によるチェックが必要な業務も多いかもしれませんが、少なくともRPAの導入によって業務負荷は軽減されるでしょう。今回ご紹介してきた内容を参考に、業務効率化を目指してぜひRPA導入を検討してみてください。

関連サービス

ソフトバンクのRPAソリューション

Automation Anywhere Enterprise
複雑な開発も可能なインターフェースや高度な管理機能、堅牢なセキュリティーなどを兼ね備えており、企業のIT部門が主導する全社的なRPA導入に適しています。 →詳細を見る

SynchRoid
ノンプログラミングでロボット開発可能な開発インターフェースとスモールスタート可能な環境で、現場部門が主導するスピーディーな導入に適したRPAです。 →詳細を見る

あわせて読みたい関連記事

◾︎RPAとは何なのか?導入のメリット・デメリットと労働環境の変化

◾︎RPA導入の手順とは?課題を想定してスムーズに運用するには

◾︎RPAによる働き方改革事例4選 まずはソフトバンク社内で「やりましょう!!」