法人が必要とするオンラインストレージの機能とは

法人が必要とするオンラインストレージの機能とは

企業にとってデータをいかに保存し、いかに活用するかは業績アップに直結する問題です。企業間ネットワークが密になり、アウトソーシングをはじめ、さまざまな働き方をする人材と連携をする上では、データを安全に保存し、なおかつ柔軟に活用することは重要です。また、災害時に一刻も早く企業活動を復旧させるためにも、重要なデータやファイルを安全に保存しておきたいという傾向は強まっています。そうした点を踏まえ今回は、法人が必要とするオンラインストレージの機能を検討し、ソフトバンクが提供するPrimeDriveに着目して紹介しましょう。

オンラインストレージとは

作成したデータやファイルを保存する場合、PC本体に保存するか、USBメモリや外付けのハードディスクに保存するのが今までの基本的な方法でした。こうした保存場所をローカルストレージといいます。

しかし、この保存方法では、いつもの決まったPCで決まった場所で仕事をする時は問題ないのですが、外出先で外付けハードディスクを持ち歩いていない場合には、保存したデータやファイルは使えないことになります。こうした状況でも保存したデータやファイルを使えるようにしたのがオンラインストレージです。

オンラインストレージはクラウド上に設けられた保存場所のこと、あるいはそうしたストレージを提供しているサービスそのものを指します。クラウド上にデータやファイルを保存しておくことで、外出先でもインターネット環境さえあれば、データの共有ができるようになるのです。

法人が求めるオンラインストレージ

オンラインストレージは使うPCや場所に制限されず、インターネットさえ接続できる環境であれば、データやファイルが使えるためとても便利なサービスです。そのため個人でも多くの人が利用しています。では、企業がオンラインストレージを活用するとき、どういった機能が必要となるでしょうか。

大容量のデータバックアップ

個人が使用する場合と大きく異なるのが使用できるデータ容量でしょう。企業が使う場合は、ストレージにどれくらいの容量が保存できるかを確認する必要があります。そのためには自社で扱うデータのサイズがどれくらいになるのかを把握しておかなくてはなりません。

共有性

たとえば他社との協働プロジェクトや外注クリエイターにアウトソースする場合、データの共有にオンラインストレージを活用するケースは多く、相手が使用しているスマートフォン、タブレット、PCといったデバイスが、自社で利用しているオンラインストレージに対応しているかどうか確認しておく必要があります。言い換えれば、企業で使うオンラインストレージは、デバイスの種類やOS、ブラウザのバージョンなどに制限が少ないものであることが求められるということにもなります。

高セキュリティ

セキュリティの高さは企業にとって最も気になる点でしょう。機密性の高いデータや漏えいさせてはならない資料を保存する以上、軽視できません。また、取引先とのプロジェクトを進行するうえで、情報を共有するためにデータやファイルの送信手段としてデータ共有サービスを用いると、情報漏えいの危険性もあります。そうした不安を解消するためにもオンラインストレージが活用されています。

多くのオンラインストレージでは、認証システムやデータの暗号化といったさまざまなセキュリティ機能をもっています。オンラインストレージを選ぶ場合は、どういった対策が実装されているのかを確認しておく必要があります。

ユーザビリティ

企業で使うオンラインストレージは使いやすさも重要です。保存するのに多くの手順を踏まなくてはならないようでは、結局使わなくなってしまう可能性もあります。また、セキュリティを意識するあまり、共有しにくいと感じるほどの認証システムが導入されているのも使いやすいとは言えなくなります。

だれでも簡単に、しかも安心して使えるオンラインストレージを検討しましょう。

PrimeDriveとは

PrimeDriveはソフトバンクが提供する法人向けオンラインストレージで、シンプルな操作、優れた管理機能、高セキュリティ、マルチデバイスに対応したオンラインストレージです。

1.シンプルな操作

  • 大容量のファイルも送信できる
  • 共有フォルダ内の資料が更新されると自動に通知される
  • Webブラウザで利用可能

2.優れた管理機能

  • ユーザを一括で登録・削除できる
  • ユーザごとのセキュリティーポリシーを設定できる
  • ユーザごとにIPアドレス制限がかけられる
  • 管理者による保存データの検閲ができる
  • 操作ログを管理できる

3.高セキュリティ

  • アクセスできる期限を設定できる
  • ファイル共有に上長の承認フローを追加できる
  • 特定の端末からのみアクセスを許可することができる
  • ユーザごとに使用する端末を制限できる
  • データ損失に備えたリカバリ機能がある
  • ダウンロード用URLにパスワード設定ができる

4.マルチデバイス

  • スマートフォン(Android,iOS)などで利用可能

どのオンラインストレージが最適なのか迷っている段階で、無料トライアル、料金プランの試算など事前の問い合わせにも細かく対応しているソフトバンクのオンラインストレージサービス「PrimeDrive」は安心して利用できるサービスのひとつだと言えそうです。

データ保存だけの機能では利用価値が低くなったオンラインストレージ。取引先へのファイル送付やアウトソーシングをはじめとする社外とのデータ共有などさまざまな場面での活用が考えられます。まずは自社が利用する場合に必要とする機能や容量の最大値を確認して、オンラインストレージを提供しているソフトバンクをはじめ、専門企業に相談してみましょう。

関連サービス

PrimeDrive

PrimeDriveはクラウド上での文書・プレゼンテーション・画像・動画ファイルなどの大容量ファイル共有ができる高セキュリティの法人向けオンラインストレージサービスです。詳細はこちら

あわせて読みたい関連記事

シャドーITのリスクと根本的な解決策とは?おすすめのITツールもご紹介 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

働き方改革の成功事例10選-大手から注目の企業までテーマ別に紹介 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

中堅・中小企業の「ファイル共有の壁」と、その解決策は? - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

導入事例