MDMでモバイルデバイスのセキュリティは確保される? 導入のメリットとサービス紹介

MDMでモバイルデバイスのセキュリティは確保される? 導入のメリットとサービス紹介

目次

スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスは企業活動をするうえで欠かせない存在になりました。一方、情報の漏えい防止の視点からモバイルデバイス管理の重要性も指摘されるようになっています。今回は、MDM(モバイルデバイス管理)の基本的な役割と導入するメリットを確認し、提供されているサービスの中からビジネス・コンシェル デバイスマネジメントについてみていきます。

MDMってなに?

企業規模の大小にかかわらず、企業活動をする上でモバイルデバイスを使用するケースが増えてきました。社内にかぎらず、さまざまな場所で社内と同様に業務をこなす上では欠かせないツールであることは多くの人が実感するところでしょう。しかしその一方で、情報漏えい防止をはじめとしたセキュリティ対策はますます重要になってきています。そうした動きに対応してモバイルデバイス管理を担うのがMDMシステムおよびMDM製品です。

MDMが基本的に備えている機能は、大きく3つあげられます。1つめは「管理者が複数の端末を一括設定できる機能」。2つめは「遠隔操作で各端末の設定を変更できる機能」、3つめは「利用情報の収集」です。

管理者が複数端末を一括設定

セキュリティポリシーやメール、Wi-Fiネットワーク設定などを一元的に管理者が設定することができます。また、パスワードの強制化や内蔵カメラ、特定アプリケーションなどの利用制限も可能です。

遠隔操作で制御

業務で使用しているモバイルデバイスを紛失あるいは盗難される事件が発生した場合に遠隔でモバイルデバイス内のデータを削除したりロックをかけたりして使用できなくする機能です。

利用情報の収集

モバイルデバイスが私的に利用されていることがないか、あるいは企業の運用ルールに則って正しく使用されているかなどをチェックするために使われているアプリケーションやその使用頻度などの情報を遠隔で収集することができます。

MDMを導入するメリット

MDMを導入する最大の目的は、便利に安全にモバイルデバイスを活用し、柔軟な働き方に対応することです。その目的を達成するための機能がMDMには備わっています。具体的に基本的な機能を活用することで得られるメリットを確認していきましょう。

管理者が複数端末を一括設定

この機能を活用することで例えば使用者に負担をかけることなくメールやWi-Fiネットワーク接続機能を使えるように設定したり、またウイルスプログラムのインストールを防止したりすることができます。その他、不正サイトへのアクセスを制限することで情報漏えいを防ぐことができます。

遠隔操作で制御

モバイルデバイスを社外で使用することが多い状況で、最も注視しておくべきことが紛失や盗難です。サテライトオフィスやコワーキングスペースなどの活用が増える中、何気なく机の上に置きっぱなしにしたモバイルデバイスから情報が盗み出された、あるいはモバイルデバイスごと無くなったという事件は少なくありません。そうしたケースでも遠隔で情報ロック、消去機能が使えると情報漏えいのリスクを軽減することが可能です。

利用情報の収集

モバイルデバイスを使っている社員に悪意があるなしにかかわらず、不正サイトへのアクセスによって企業の機密情報が漏えいする事件が頻発しています。もちろん不正サイトへのアクセスをしないことへの意識を高めることは必要ですが、機能的に防止するにこしたことはありません。MDMの情報収集機能を使えば、不正サイトへのアクセスや不正なアプリケーションの使用をチェックし、管理することが可能になり、情報漏えいやウイルス感染などのリスクを軽減できます。

MDMサービス:ビジネス・コンシェル デバイスマネジメントについて

さまざまな企業からいくつものMDMサービスが提供されています。そうした中で自社にとってどれが最も使いやすいシステムなのかを確認することは大切です。ここではソフトバンクがご提供しているMDMサービス「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」についてご紹介しましょう。

基本的なサービス

ビジネス・コンシェル デバイスマネジメントはiOSやAndroidといったスマートフォン、タブレット端末およびPCなどのビジネスデバイスに対してMDMサービスを提供するものです。

デバイス利用者の登録、デバイス設定情報の収集、セキュリティポリシーの設定、アカウント一括管理設定、盗難・紛失時の遠隔消去や端末ロックなどが可能です。

さらに便利なのが、管理者の負担を軽減するために、端末の情報管理や盗難・紛失時の遠隔消去といった作業など運用をヘルプデスクが代行してくれるサービスも提供している点です。

ビジネス・コンシェル デバイスマネジメントを活用することで解決できること

まず、デバイス管理機能を活用することで、社員が使用しているデバイス(スマートフォンやタブレットなど)に業務には必要のないアプリケーションがインストールされていないかどうかを確認することができます。こうした確認を徹底することで、ウイルスの感染を防ぎ、情報漏えいのリスクを軽減することができます。

さらにヘルプデスクは24時間365日運用代行してもらえるので、管理者が対応できないときでも、業務用の端末の紛失・盗難に対する迅速な対応が可能になります。また、使用しているデバイスに対する問い合わせにも対応してもらえるので、運用するための作業負担やコストを軽減することができます。

まとめ

いまや企業活動を行う場所は、オフィスのみならず、コワーキングスペースやサテライトオフィス、自宅など、オフィスを離れた場所にも広がっています。場所に縛られることなく企業活動を展開する上でスマートフォンやタブレット端末は欠かせないツールですが、同時にセキュリティ対策はますます重要になってきます。その対策としてMDMをうまく活用することは得策のひとつと言えます。ソフトバンクが提供しているビジネス・コンシェル デバイスマネジメントの導入をはじめ、専門企業に相談をし、御社にとっての最適な導入方法を検討してみましょう。

関連サービス

ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント

デバイスの管理機能だけでなく、管理者に代わりヘルプデスクがリモートロックやワイプの運用代行を行うオプションサービスもご用意しています。詳細はこちら

要約

社内のみならず場所にとらわれないで業務を行えるようになりました。その中で活用が増えているのがモバイルデバイスです。しかしセキュリティ対策や使用管理などさまざまな運用負担も増えています。今回はMDMの機能や導入メリットを確認していきましょう。

あわせて読みたい関連記事

業務で使うスマートフォンのセキュリティ対策は何をすればいい?設定項目からセキュリティ対策ソフトまで紹介 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

中堅・中小企業はもはや無関心でいられない!BYODに潜むリスクとその解決策 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク

スマートフォン普及率が上昇、求められる企業の変化 - ビジネスWebマガジン「Future Stride」|ソフトバンク