【図解】IoT社会を支えるネットワークの切り札テクノロジー 「NIDD」とは

【図解】IoT社会を支えるネットワークの切り札テクノロジー 「NIDD」とは|IoT時代に潜むネットワーク「3つの壁」

(2019年5月10日掲載)

■本記事はNewsPicks Brand Designの制作のもと、2019年3月29日にNewsPicks上に掲載されたものです。

IoT時代到来 超データ社会を作り出す3つのファクター:デバイスの大量化・クラウドの普及・ネットワークの進化 デバイス数は2015年から2020年の5年間で約2倍に 自動車などさまざまなハードウェアがネットワーク化 データ量は2015年から2020年の5年間で約3倍に データが人々の生活やビジネスを支える時代 IoT社会実現の壁 爆増するデータ生成装置 ネットワークの最適化問題 コストがかかりすぎる 必要なのはネットワークの使い分け ネットワークの種類とは? IoTデバイスに最適なのはLPWAというネットワーク LPWA(Low Power Wide Area)とは少ない電力で広いエリアをカバーできる通信技術 LPWAの中でもNIDDに注目 NIDDというイノベーション ネットワーク構築の3つの壁:セキュリティ・消費電力・大量デバイスの管理 3つの壁を解決するテクノロジーがNIDD NIDD:NB-IoTにおいてIPを持たない通信技術 IP不要=悪意ある攻撃からデータを守る・消費電力抑制・管理工数削減 IoTを狙うサイバー攻撃はPCやスマホ以上 全体の約半数がIoT機器が標的 NIDDはインターネットからデバイスへの到達が不可能 IoTの特性を見越した低消費電力技術 データの軽量化=消費電力の削減 求められるIoT独自のデバイス管理手法 NIDDは設定だけでなく管理も用意に NIDDはまだ新しいテクノロジー 2018年9月NIDDの技術を世界で初めて商用環境で実現したのがソフトバンク ソフトバンクはIoTでも変革をもたらす存在に

■関連サービス

ソフトバンクのIoT

ソフトバンクは、IoTソリューションに必要なセンサーネットワークの構築から、通信回線・通信機器の調達、データ収集および分析、さらに機器ネットワークの保守管理やコールセンター業務まで、ワンストップでサポートいたします。→詳細を見る