VMwareユーザも嬉しいVMwareプライベートクラウド「Azure VMware Solution」

"VMwareユーザも嬉しいVMwareプライベートクラウド「Azure VMware Solution」"

(2020年10月9日掲載)

VMwareユーザ視点で、Azure内のVMwareプライベートクラウド「Azure VMware Solution」についてまとめました。長期的視野で何を優先すべきかを見極めることがポイントです!

Azure VMware Solutionって?

Azure VMware Solution (以下、「AVS」と表記) は、Microsoft Azure 内にVMwareプライベートクラウド環境を提供するファーストパーティサービスです。Microsoft によって開発、運用、販売されます。サポートの窓口はMicrosoftです。
AVSのGeneral Availability (正式版) がMicrosoft Ignite 2020で発表されました。2020年9月時点では米国東部、米国西部、西ヨーロッパ、オーストラリアで一般提供され、他の地域でも近日中に提供される予定です。詳細は、「Products available by region (地域別のAzure製品)」ページをご確認ください。
※Microsoftのパートナーであるクラウドソリューションプロバイダー(CSP)が販売する場合は、サポートはパートナーから提供されます。

AVSの嬉しいところ

クラウドサービスを活用するには、多くの情報から何が嬉しいのかを収集するところから始めるのが早道と考えます。
VMwareユーザにとってのAVSのメリットは、既存オンプレミス環境との互換性です。オンプレミスのVMware環境を移行または拡張を行うことができます。またAVSからAzureのネイティブサービスをビジネスニーズに応じて利用することもできます。
クラウドサービスの組み合わせによって、ユーザに適したカスタムな基盤を構成できます。

既存環境との互換性

VMwareユーザにとって一番嬉しいのは、既存オンプレミス環境との高い互換性ではないでしょうか。いくつか例を挙げます。

  • IPアドレスを維持した状態で仮想マシンを移行できる
  • ダウンタイムなしで仮想マシンを移行できる
  • Azure Virtual Machineとして稼働できないレガシーOSを移行できる
  • 慣れ親しんだ管理ツールを使用できる
  • 習得したスキルや作成したワークフロー/スクリプトを継続して利用できる

パブリッククラウドのIaaSの利便性はわかっていても、既存オンプレミス環境の仮想マシンをパブリッククラウドの仮想マシンに置き換えるかどうかは悩ましい課題です。
パブリッククラウドのサービス内で既存オンプレミス環境の仮想マシンを維持できるなら、AVSを検討する余地はありそうです。加えてオンプレミス環境へリソースを追加する代わりに、AVSのリソースを利用するハイブリッドクラウド構成も考えられます。

フルスタックHyper Converged Infrastructure (HCI)

AVSは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークを仮想化した統合型ソフトウェア定義 (フルスタックHCI) のクラウド基盤を提供します。インフラハードウェアの仮想化によって、運用性、柔軟性、スケールアウト性を享受できます。AVSではvSphereクラスタあたり3~16台のESXiホストを時間課金で追加および削除することができます。

フルスタックHCIの構成には、VMware Cloud Foundation (以下、「VCF」と表記) を使用します。VCFは下記VMware製品を1つの製品のようにデプロイし、パッチの適用・アップグレードなどの運用ポリシーを自動化できます。製品名右の括弧内はその製品の用途です。

  • vCenter Server:6.7U3 Standard (複数のESXiホストや仮想マシンの一元管理)
  • ESXiホスト:6.7U3 Enterprise Plus (コンピューティングの仮想化)
  • vSAN:6.7 Enterprise (ストレージの仮想化)
  • NSX-T:2.5 Advanced (ネットワークの仮想化)
  • HCX:R139 Advanced (仮想マシンの移行)
    (2020年5月投稿「よく寄せられる質問」ページから)

AVSはMicrosoftによるフルマネージドな環境のため、物理ハードウェアに関わるタスクやESXiホストのパッチ適用などをお任せすることができます。オンプレミスと比べてこれらの運用タスクを軽減します。
ユーザは仮想マシンやOS・アプリケーションの構成および運用管理に注力することができます。
ストレージの耐障害性方式やストライピング、ネットワークのセキュリティ保護など、仮想マシンを対象に設定します。
※ネットワークのセキュリティ保護は仮想マシン以外も対象とします。

Azureネイティブサービスとの統合

ビジネスのスピードが求められる昨今、必要な機能を短いリードタイムでネイティブサービスを利用できるのも嬉しい点です。例えばAzureストレージサービスがあります。
Azureストレージサービスには、「Blob Storage (オブジェクトストレージ)」「Azure Files (SMBファイル共有)」「NetApp Files (高パフォーマンスファイル共有)」があります。
使用目的によってストレージサービスを使い分けられるのは、クラウドならではのストレージ利用方法です。

ハードウェアのサブスクリプションサービス

Azureストレージサービスで、「NetApp Files」を挙げましたが、ハードウェアベンダ各社もオンプレミスまたはクラウド環境のサブスクリプションサービスを提供し始めています。ハードウェアも選択肢が増えますね。

総じてクラウドサービスのよいところは、使ってみたいときに使えるハードルの低さだと思います。サービスによっては最低利用期間が設定されているものもありますが、設定されていないサービスは止めたい時に止められます。クラウド利活用のファーストステップは、自社にとって必要なサービスを知り、それによってどこまでTCO (総所有コスト) を抑えられるかを考えることかもしれません。

Microsoftライセンスコスト

Microsoftのライセンスコストを抑えられることはAVS選択の1つの要因です。
Windows ServerやSQL Serverに限定されますが、AVSも次のライセンスコストメリットを受けられます。

  • 拡張セキュリティ更新プログラムを無料で利用できる
  • ソフトウェアアシュアランスを有する場合はAzureハイブリッド特典を受けられる

ハイブリッド特典のWebページに、「Windows ServerとSQL Server向けでは、AWS は Azureと比べて5 倍のコストがかかります」とあります。Windows Serverを多く使用されている環境では、AVSはライセンス保有コストを抑えられるメリットがあります。
また移行時の二重使用権も与えられます。移行時には、オンプレミスのハードウェアリプレース時と同様にライセンスの二重使用権を行使できます。このような移行時の懸念点がカバーされているのは、オンプレミスの実績がある Microsoft ならではです。
(参考)Azure ハイブリッド特典

VMware Cloud on AWSとの比較

VMware Cloud on AWS (以下、「on AWS」と表記)との違いは気になるところです。
提供されるVMware製品に大きな差異は見受けられません。ベアメタルサーバはon AWSの方がAVSより高スペック仕様のものが準備されています。これ以外にクラウドサービスプロバイダーとして、提供するサービスや形態に違いがあります。
あらためてAVSの特長的な点を挙げます。

  • VMware製品のサポートも含む、単一のサポート窓口
  • Azureサービスとして1社との契約 ※on AWSはVMwareとAWSの2社との契約
  • ハイブリッド特典/拡張セキュリティ更新プログラム無料提供
  • Azureネイティブサービスとの統合

サポートや契約の窓口を1本化したいという、ユーザからのご要望はよくあります。ユーザとして大いに注目できる点です。またAzureネイティブサービスのAzure ADは、オンプレミスからの実績を考慮しても他の追随を許さないサービスです。
他方でAVSには、on AWSの「単一ホストのSDDCスタータ構成」に該当するサービスは提供されていません。こちらはテストおよび開発環境、事前検証 (POC) に適したサービスです。同様のサービスをAVSもプランしていると耳にしますから提供が待ち遠しいです。
単一ホストの SDDC スタータ構成の展開
(参考)単一ホストのSDDCスタータ構成

AVS検討時のポイント

ここまでいくつかのメリットを挙げましたが、検討時の考慮点もあります。
AVSは、数台の仮想マシンを稼働させる小規模ではなく、中規模以上のVMwareプライベートクラウド環境に向いています。また提供されるフルスタックの機能を活用することがコストパフォーマンスを上げることになります。

AVSのコンピューティング、ネットワーク、およびストレージ

AVSは専用ベアメタルサーバが提供されます。ハードウェア仕様は次の通りです。

  • CPU:Intel 2.3 GHz Dual 18 core
  • メモリ:576 GB
  • Storage vSAN キャッシュ - 2 × 1.6 TB NVMe (2ディスクグループ)
  • Storage vSAN 容量 - 8 × 1.92 TB SSD
  • ネットワーク:4 × 25 Gbps NIC (システム用×2、ワークロード用×2)

(2020年5月投稿「よく寄せられる質問」ページから)

AVSの最小構成はESXiホスト3台からです。数台の仮想マシンの稼働ならリソース過多です。
一方で先述のVMwareプライベートクラウド環境で使用されるソフトウェアコンポーネントを考慮すると、上記物理サーバのスペックは妥当なのかもしれません。例えばネットワークやストレージの遅延原因はESXiホストのCPUリソースだったということはあります。仮想ストレージや仮想ネットワークを構成するコンポーネントが消費するリソース量も見積もっておく必要があります。
AVSはフルスタックの機能を使うことを前提としたスペックですから、全ての機能を活用してはじめて、効率的にリソースを利用できる環境と言えます。

AVSの価格

AVSの価格はESXiホストの台数をもとに算出されます。仮想マシンの構成や台数に追加費用は発生しません。VMware製品のライセンス費はAVSサービスに含まれます。
2020年9月から、次の2インスタンスサイズの価格が掲載されています。価格はホスト1台の月単位の価格です。詳細は、Azure VMware Solution の価格ページをご確認ください。
(参考)Azure VMware Solution の価格

サイズ コア メモリ All Flashストレージ NVME キャッシュ
CS28     28     256GB     5.62TB      1.6TB     
CS36     36     512GB     11.25TB      3.2TB     
価格 月契約 1年予約 (% 割引) 3年予約 (% 割引)
CS28    ¥526,862/月    ¥368,798/月 (~30%)     ¥263,425/月 (~50%)    
CS36    ¥752,601/月    ¥526,811/月 (~30%)     ¥376,296/月 (~50%)    

CS28インスタンスサイズを最小構成数の3台で3年予約したら、VMware製品のライセンス費込みで263,425円×12か月×3年×3台=28,449,900円です。
ESXiホストの最小構成数でオンプレミスのコストと比較します。CS28と同等のスペックでvSAN Ready Node (vSAN構成に適した物理サーバ) 3台の価格は、ハードウェアベンダによりますが3年間の保守費込みで2,000万円前後です。他にイーサネットスイッチやVMware製品のライセンス費がかかります。フルマネージドであるAVSの3年予約はコストメリットがあります。
次に利用期間でコスト比較します。3年間の保守費込みで購入したオンプレミスの物理ハードウェアを、3年を超えて利用した場合は保守費のみの支払いになりますから、オンプレミスのトータルコスト (運用コスト除く) は下がります。AVSは価格改定がなければトータルコストに変化はありません。
実を言えば、オンプレミスのVCFの最小構成数はESXiホスト7台です。VCFの3台構成が可能なAVSはオンプレミスのVCFと比べると安価です。AVSのフルマネージドかつフルスタックのHCI構成を十分に活用すればコストパフォーマンスがよい基盤と言えます。

まとめ

AVSは、提供されるハードウェアのスペック・ソフトウェアの機能をふまえると、中規模以上の環境に向いています。中規模以上という規模の制限はありますが、VMwareが提供する、ハイブリッドクラウド向けフルスタックHCI環境を利用することができます。
中規模以上の既存オンプレミス環境を継続利用しつつ、ビジネスのタイミングに応じてリソースを柔軟に増減したい、というニーズがあるユーザの方にメリットがあります。
AVSと統合されるAzureネイティブサービスやハードウェアのサブスクリプションサービスなど、よりよい環境のためのサービスがどんどん提供されています。マルチクラウド環境の利用も考えられます。クラウドの利用は長期的な視野も必要ですね。
仮想マシンの基盤を効率よく活用したいユーザの方には、クラウドサービスを熟知したエキスパートとのコミュニケーションから始めることをおススメします。
ソフトバンクには、最新のクラウドサービスを熟知したエキスパートがいます。クラウド利用を検討されているならぜひご相談ください。 "プロフィール"