グループウェアリソース管理アプリ「Provii!!」にて、オンプレミスからGCPへの移行事例

"グループウェアリソース管理アプリ「Provii!!」にて、オンプレミスからGCPへの移行事例" (2021年2月24日掲載)

今回ご紹介するアプリケーションの「Provii!!」は、株式会社フライトシステムコンサルティング様にて提供されている、Google Workspace™をより簡単、かつ、スムーズで的確に設定変更を行っていただくための管理者さま向けツールです。

これまでは、サービス利用者がソフトウェアのセットアップやアップデートといった作業を実施する必要があるため、サービス導入までの手間がかかってしまうという悩みを抱えていました。そこで、利用者がWebにアクセスするだけで常に新しいサービスを利用できるようなWebサービスの開発と展開が出来ないか、とご相談をいただいておりました。


単純にWebサービスの開発を行って展開するだけでは、今まで各社のオンプレミス環境に分散していた負荷がWebサービスへと一極集中するため、インフラやサーバ環境のスペックの検討など、オンプレミス環境への展開ではそれ程意識せずにいた課題が新たに生じます。 そこで、今後の利用者の増減時のサーバのスケールアップ・スケールダウンに対応できるよう、ディスク領域やサーバのスケールアップが容易に可能なApp Engine でのWebアプリケーション開発が展開先としてベターであると判断しました。

また、App Engine を利用するとインフラ側の設計や構築作業を殆ど意識することなく開発を行うことが出来るため、開発作業を迅速に進めることができました。そして、Webサービス化を行ったことで、オンプレミスで動いていたときには見えづらかった各社のサービス利用状況が確認できるようになり、需要の多い機能・少ない機能、といった今後のサービス開発に寄与する情報の閲覧が可能となりました。

[Webアプリ]


[モバイルアプリ]

開発サイクルのスピード化やコストの適正化が求められている状況において、Google Cloud Platform をはじめとしたパブリッククラウドのニーズは今後は格段的に増加していくものと推測されます。 今回の記事をご覧になった方で、オンプレミスからパブリッククラウドへの移行を検討しようかなと思った方は、ぜひソフトバンクまでご相談ください。

関連サービス

Google Cloud Platform™

Google Cloud Platform ( GCP )は高信頼のクラウドサービスで、コンピューティングサービスや機械学習が可能。企業の創造的な仕事をサポートします。