今さら聞けない「キャッシュレス決済」。なぜ、PayPayが消費増税10%対策に?

今さら聞けない「キャッシュレス決済」。なぜ、PayPayが消費増税10%対策に?
  • キャッシュレス決済を導入すれば、「集客」「効率化」を「低コスト」で。
  • 今なら、経済産業省による還元事業とPayPayからの還元で最大10%のポイント還元が実現

(2019年9月24日掲載)

2019年10月より、いよいよ消費税率が10%に。お店としては消費者の買い控えが気になるところだが、一方で政府は今回の消費税率の引き上げに「抜け道」を用意している。

その「抜け道」こそが、クレジットカードやQRコードなどのキャッシュレス決済に適用される最大5%の「ポイント還元」だ。また、同時にQRコード決済事業者のPayPayは10月から5%の「ポイント還元」を行うことを発表。経産省主導の還元と合わせれば最大10%になる。

多くの消費者が増税分を相殺できるキャッシュレス決済を利用し始めることは想像に難くない。

もう「知らない」では済まされなくなるだろうキャッシュレス決済について、店舗事業者向けにわかりやすく解説していく。

キャッシュレス決済とは?
キャッシュレス決済の現状
なぜ店舗はキャッシュレス決済を導入すべきなのか?
キャッシュレス決済で労働生産性向上
キャッシュレス決済はコスト負担がかかる?
PayPayなら導入・手数料コスト無料
キャッシュレス決済を導入するなら今!
キャッシュレス決済の導入をご検討の方はPayPayで

後記

先進諸国と比較し、著しくキャッシュレス化が遅れている日本。グローバリズムの潮流のなかで、今後日本でもキャッシュレス化が進んでいくのは不可逆的な流れだろう。

ユーザは新しい仕組みに慎重になる一方で、一度便利さを体験すると、もはや後戻りはできない。キャッシュレス決済の受け入れ側の店舗としても、いち早くキャッシュレス化への備えが求められる。

関連リンク

PayPay店舗向けサイト