エネルギー
利用イメージ

IoTソリューションによりスマートグリッド(次世代伝送網)が実現することで、エネルギーシステム改革が起こるといわれています。

お問い合わせフォーム

電力事業におけるスマートメーターの活用

M2M通信を利用したスマートメーターはリアルタイムにメーターの正確な測定値の送信するため、人力に頼ることなく遠隔での検針が可能となり、その情報をもとに自動で電力の制限もできるようになります。電力を利用する家庭や企業はエネルギー使用状況が把握できるため、無駄な電力消費を減らすなど、電力消費動向を変えることも可能になります。
2016年から日本の電力小売市場は全面自由化され、電気を供給する会社や料金メニュー、原子力かあるいは再生エネルギーか、といった電力の種類について、利用者側はニーズにあわせて多くの選択肢から選ぶようになるといわれています。同時に、それまで電力事業に取り組んでいなかった企業が新しく参入し、積極的にビジネスを展開できる環境になり、IoTソリューションによるスマートメーターは欠かせない存在となると予測されています。

IoTソリューションによる期待効果

IoTソリューションによる期待効果

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例