Biz-One
ソリューション

一台の携帯端末をプライベートとビジネスに分けるワンナンバー化サービス
個人利用の携帯電話から業務用通話でダイヤルする時に、「0063-0」を付けることで、業務用電話番号(050番号)の発番を通知します。 取引先からの連絡は050番号から個人利用の携帯電話へ転送するので、一台の携帯電話で個人用とビジネス用の番号の使い分けが可能です。 業務用通話でのご利用料金については弊社から会社へ一括請求します。

お問い合わせフォーム

特長

050ワンナンバー

  • IP電話と携帯電話の連携(転送機能)にて、FMCソリューションの実現に向けた機能をご提供します。050番号を社員1人1番号付与。社内でも外出先でもひとつの番号を業務用電話番号として利用可能。
  • Biz-One契約のある各社携帯電話・PHSから、業務用電話番号を発番通知するため、個人携帯の電話番号を取引先へ知らせる必要がありません。

コミュニケーション強化

  • 電話に出られない場合の取引先のストレスやビジネスチャンス損失のリスクを最小化するため、各種転送機能やスケジュール機能など、多彩なネットワーク機能をご提供します。
  • 取引時間外や取り込み中の電話に対応するためのメッセージ応答機能など、TPOに応じた取引先とのコミュニケーションが可能になります。

公私切り分け

  • 個人利用の携帯電話から「0063-0」を付けてダイヤルした通話を業務用通話とし、会社へ一括請求します。
  • 個人利用の携帯電話を業務用として併用することで、初期導入コストを大幅に抑えることが可能です。

ご利用イメージ

ご利用イメージ

お客様のメリット

利便性の向上

  • 携帯電話を個人用と業務用に分けて持つ必要がありません。
  • 個人用の携帯電話番号ではなく、名刺などに記載した業務用電話番号(050番号)を発信番号通知できるため、着信先は安心して電話に出ることができ、発信者の個人情報保護にもなります。
  • 業務用電話番号(050番号)を社員1人1番号化することで、固定電話と携帯電話の使い分けの手間がなくなります。
  • 050番号への着信は、携帯電話や自席の固定電話への転送も可能です。転送先は、いつでもWebページから設定変更が可能です。

コストメリット

  • 社員の個人用携帯電話端末を業務で併用することで、新たな導入コストが不要となります。
  • PBXなどの既存設備は、そのまま利用することができます。

ワークスタイルの変革

  • どこにいても、業務用電話番号(050番号)を利用することができるので、ビジネスチャンスの減少を防ぎます。
  • 転送機能(4種類)とメッセージ応答(7種類)の機能をネットワーク側でご提供、取り次ぎ・取りこぼしのないコミュニケーション環境を確立できます。

関連するコンポーネント

以下のコンポーネントを利用しています。

0063携帯電話使い分けサービス

弊社が提供する中継電話サービスにより、個人利用の携帯電話との使い分け(公私分計)が可能なサービス

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

関連導入事例

    あわせてよく検討されるサービス

    • おとくライン
      オフィスの固定電話の通話料削減を目指すなら、ソフトバンクが自信を持ってお届けする直収電話サービス「おとくライン」。

    • ソフトバンク(法人携帯)
      「ソフトバンク」の法人携帯サービスおよびモバイルソリューションをご紹介いたします。

    モバイル関連情報

    Biz-One FMC ソフトバンク

    Biz-Oneとは一台の携帯端末をプライベートとビジネスに分けるソフトバンクのワンナンバー化サービスです。私用端末と業務端末を切り分けることで公私の切り分けに役立ち、端末を2台もたない事による煩雑回避で業務電話の取り逃しを軽減します。