Microsoft Partner of the Year 2019において「Modern Workplace Transformation アワード」を受賞

2019年8月30日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、日本マイクロソフト株式会社からクラウド分野で顕著なビジネスの実績や功績を上げたパートナー企業に与えられる「Microsoft Partner of the Year 2019 Modern Workplace Transformation アワード」を受賞しました。

「Microsoft Partner of the Year 2019」は、23分野において優れた実績をおさめたパートナー企業を選出するものです。

ソフトバンク株式会社は、日本マイクロソフトが提供するチャットベースのワークスペース「Microsoft Teams」に接続する日本で初めての音声通話サービス「UniTalk」の企画、開発、サービス提供を通して、Microsoft Teamsの利活用シーンを飛躍的に広げるとともに、お客様のワークスタイルやビジネスの変革に大きく貢献する提案、導入を数多く実施しています。このような取り組みが評価され、「Modern Workplace Transformation アワード」を受賞しました。

今回の受賞について、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パートナー事業本部長 高橋 美波氏よりコメントをいただいています。

この度のソフトバンク株式会社様の「Microsoft Partner of the Year 2019 Modern Workplace Transformation アワード」の受賞を心よりお祝い申し上げます。ソフトバンク株式会社様は様々なお客様のニーズを元に、Microsoft Teamsに直結する初めての高品質な音声サービス「UniTalk」の企画、開発、サービス提供を行い、音声コミュニケーションを含めたお客様のビジネスコミュニケーションシーンを大きく変革、ワークスタイル変革の推進に貢献されました。
今後も日本マイクロソフトは、ソフトバンク株式会社様との強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

なお、今年度はソフトバンク株式会社のグループ企業であるSB C&S株式会社が「CSP アワード」、ソフトバンク・テクノロジー株式会社が「Internet of Things (IoT) アワード」を受賞し、グループ3社揃って受賞となりました。

今回の受賞について、日ごろからご愛顧いただいているお客さまにあらためて感謝申し上げるとともに、ソフトバンクは今後も、グループ各社と連携を行いながら、働き方改革やグローバルビジネスの拡大などにおいて日本マイクロソフトが提供する統合ソリューション「Microsoft 365」とUniTalkを含む価値の高いサービスを提供し、お客さまに一層満足いただけるよう努めていきます。

Microsoft 365、UniTalkの詳細およびお客さまからのお問い合わせは、こちらをご覧ください。

以上