「スマート福利厚生 Powered by Benefit Station」が「2020 LINE WORKS Partner Conference」で「The Best Collaboration」を受賞

2019年1月31日
ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社は、「スマート福利厚生 Powered by Benefit Station」において、株式会社ジェネストリーム(以下「ジェネストリーム」)と 2社共同でのアワードを受賞いたしました。

LINE WORKS Partner Conference 概要

「LINE WORKS Partner Conference」は、ワークスモバイルジャパン株式会社のセールス&サポートパートナー、サービスパートナー、およびパートナー候補が招待され、LINE WORKS のビジョンと戦略などを紹介するイベントとして年に一度開催されております。

「The Best Collaboration」は先進の協業モデルをパートナー同士のコラボレーションにより実現されたパートナーへ贈られるアワードで、2年連続受賞いたしました。

受賞アワード

「The Best Collaboration」

受賞理由

ユーザー企業にワンストップでさまざまなサービスを提供する「スマート福利厚生」は経済産業省の「スマートSMEサポーター」としても認定されました。
その「スマート福利厚生」のベーシックプラン(2019年11月1日受付開始)に、当社とジェネストリームの協業によって「LINE WORKS」と「安否確認bot for LINE WORKS」をパッケージングし、ユニークな利用価値を提供する先進協業モデルを実現されたことが評価され、アワードを受賞いたしました。

スマート福利厚生についての詳細はこちらをご確認ください。

以上