なりすまし利用など、第三者による不正な国際電話利用等に関するご注意

2013年8月6日

近年、お客様がご利用の機器やソフトウエアへの不正な接続等により、第三者に電話を不正利用され、高額な通話料が請求されるという被害が増えています。

お客様におかれましては、改めてご利用の機器やソフトウエアを提供するメーカー、保守事業者等に相談いただき、外部からの接続環境の再確認を行うとともにパスワードの設定等運用の見直しを行うなど十分なセキュリティ対策を講じていただき、第三者による不正なアクセスが行われないようご注意ください。

主な対策

  • IP-PBXソフトウエアを利用する場合は、最新のバージョンにアップデートするなどのセキュリティ対策を行う。
  • PBX等機器やソフトウエアの設定状況を確認し、不要に外部からの接続ができる設定になっていないかを確認するとともに、不要な接続環境は削除する。
  • 「外部から接続する際のパスワード」および「各種設定や管理用のパスワード」について、第三者が推測しやすいパスワードや簡易なパスワードは設定せず、また定期的にパスワード変更する。・機器やソフトウエアのアクセスログを記録、保存するようにし、不審なアクセスの有無をチェックする。
  • 必要により、利用しているPBX等機器メーカー、保守ベンダー事業者等に相談する。
  • 通信事業者によっては、海外向けの電話番号への発信を規制するサービスを提供している場合があるので、国際通話を利用しない場合は、国際通話発信規制サービスの申し込みを行う。

ソフトバンクテレコムからのお知らせ

今後ともソフトバンクテレコムをよろしくお願いいたします。

以上