アクセスQoS

IP-VPN オプションサービス

4段階のサービスクラスで、帯域資源を有効活用

「ULTINA IP-VPN」では、オプションとして4段階のサービスクラス(マルチメディアクラス/ファストクラス/ルーティングクラス/スタンダードクラス)でアクセスQoSをご提供しています。QoS(Quality of Service)とは、通信品質の制御、またはその技術のことを指しており、TCP/IPネットワークにおいて、特定のアプリケーション(パケット)などを優先、または破棄することで、有限な帯域資源を有効活用するものです。

  • デジタルアクセス/高速デジタル専用線は、3段階のサービスクラス(ルーティングクラスを除く)になります。
アクセスQoSイメージ
  • 適用機能/スケジューリング

    IPヘッダに設定されているPrecedence値によって送出パケット量(帯域)を制御、設定されたクラス単位で送出パケット順序の入れ替えを行います。

  • 適用アクセス回線

    • Etherアクセス、ダイレクトアクセス(Ethernet接続型)、指定センター終端(Ethernet接続型)
      0.5Mbps~100Mbps
    • Etherコネクト
      対応品目についてはお問い合わせください。
    • 地域系イーサ
      0.5Mbps~100Mbps
    • MCRシェーピングが必須になります。

アクセスQoS 4クラスについて

「ULTINA IP-VPN」網はパケットのprecedenceビットを判別することにより、4種類のクラスに分類して取り扱います。

  • マルチメディアクラス 音声など、リアルタイムトラフィックを優先します。(数個パケットが「ULTINA IP-VPN」エッジルータPE出口に滞留した場合、最優先に送出)
  • ファストクラス
    スタンダードクラスのデータよりも優先します。(マルチメディアクラスの次に優先送出)
  • ルーティングクラス
    ファストクラスと同様の優先度です。
  • スタンダードクラス(ベストエフォート)
    マルチメディアクラス・ファストクラス以外。(上位のパケットの空いた時に送出)
  • IPデータのTOS値は、通常0となっております。

料金表

(税抜)
アクセス品目 月額料金(1回線) 工事費(1工事)
Etherアクセス 15,000円 30,000円

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ