ダイレクトアクセス for Google Carrier Peering

クラウドアクセス

G Suite をはじめとする各種 Google クラウドサービスをビジネスに活用する場合、そのアクセス手段として「ダイレクトアクセス for Google Carrier Peering」は大きなメリットをもたらします。世界規模の Google クラウドサービス基盤のネットワークエッジに、「SmartVPN」「ULTINA IP-VPN」によって構築された高品質なお客さまの閉域網のネットワークエッジから直接接続して、インターネット回線からではなく、冗長化・帯域確保された回線によって直接アクセスできます。

特長

世界規模の Google クラウドサービス基盤のネットワークエッジに、「SmartVPN」「ULTINA IP-VPN」によって構築された高品質なお客さまの閉域網のネットワークエッジから直接接続して、インターネット回線からではなく、冗長化・帯域確保された回線によって直接アクセスできます。

  • 「SmartVPN」「ULTINA IP-VPN」以外の閉域網サービスからは、各種インターコネクトサービスを経由しての接続となります。
  • インターネットのベストエフォート性によるリスクを回避

    高品質な閉域網のネットワークエッジから、冗長化・帯域確保された回線により Google クラウドサービス基盤のネットワークエッジに直接接続するため、インターネットの輻輳やトラブルの影響を受けずに、各種 Google クラウドサービスへのアクセスが可能となります。

  • インターネット回線やルータの負荷監視、増強といった運用負荷を大きく低減

    G Suite をはじめとする各種 Google クラウドサービスの活用はお客さまのビジネスに大きなメリットをもたらします。しかし、その重要度が高くなるほど、トラブルがあった際のリスクが高まります。インターネット回線によってアクセスしている場合、インターネット回線を高負荷で安定して運用するという課題となり、その運用負荷は非常に大きくなりがちです。Googleへのトラフィックを「ダイレクトアクセス for Google Carrier Peering」にオフロードすることで、運用負荷を大きく低減しつつ、安定した各種 Google クラウドサービスへの通信環境を確保できます。

  • 必要な期間だけご利用可能

    最低利用期間のしばりがなく、必要な期間だけご利用可能です。

おさえておきたい!「パブリッククラウド」Alibaba Cloud・GCP・Azure・IBM Cloud・AWS

お問い合わせ