よくあるご質問

ダイレクトアクセス for Google Carrier Peering

サービス内容

  • ソフトバンクが提供する各種閉域網サービスから、任意のアクセス回線サービスを別途お申し込みください。

  • いいえ。本サービスを複数回線ひくことには意味がありません。サービス標準で異ルート冗長接続となっておりますが、仮に2本目の回線をひいても同じ物理ルート上となるため冗長性が上がるわけではありません。帯域が不足する場合は、いつでも増速の変更についてオーダー可能です。(減速の変更も違約金なしでいつでも可能)

  • ネットワークインフォメーション、または、SmartVPN Webという無料サービス(お申し込みが必要)にて、ご確認いただくことが可能です。

  • いいえ。Googleのネットワーク上にお客様の閉域網が延伸されるわけではありません。Googleのネットワーク(AS 15169 他)のパブリックセグメントに対して、本サービスの提供するグローバルIPのNATを介したアクセスとなります。

  • 本サービス回線を介してVPCに接続することは可能ですが、本サービス単独で接続できるわけではありません。従来のインターネットVPN接続と同じく、IPsec接続環境を構築する必要があります。もし、既存のインターネット回線によるVPN接続の通信品質(実効帯域、遅延、パケットロス等)に問題があり、それがインターネットの通信環境に起因するものである場合、本サービス回線を介したIPsec接続に置き換えることで、大きく通信品質が改善される可能性が高いです。そのような課題をお持ちの場合、お気軽に弊社営業担当者もしくはシステムエンジニアにご相談ください。

  • Google Cloud Platform(GCP)の各サービスごとのアクセス可否について直接の回答は困難ですが、基本的にグローバルIPアドレスのエンドポイントに対して、本サービスを介してアクセスが可能です。本サービスを介してオンプレミスとGCPを連携させたハイブリッドシステム構築等をご検討されている場合、個々の案件に応じてご支援をさせていただきます。お気軽に弊社営業担当者もしくはシステムエンジニアにご相談ください。

  • 各種インターコネクトサービスにより、「SmartVPN」のL3ネットワークと接続可能な閉域網サービスでしたら、インターコネクトを経由してご利用できます。

契約

その他

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ