SDGs

いま、SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)への取り組みが加速しております。SDGsは、国連加盟193ヵ国が2016年から2030年までの15年間で達成するために掲げた「世界共通の目標」です。世界中でSDGsへの取り組みが進み目標達成への努力がなされていますが、日本は世界的に見ると取り組みが遅れていると言われています。
企業活動において、今後、SDGsへの取り組みの重要性はますます高まり、必然的に求められるようになります。そして、未来の成長を目指した経済活動をするうえで、技術革新や環境保全への取り組みは切り離せません。
SDGsに取り組むことは、ステークホルダーとの関係性向上や、企業の価値向上と持続的成長を実現できます。

  • 環境保全活動としてプラスチックや紙の代替製品を作りたい

    石灰石を主原料とした日本発の新素材「LIMEX」

    株式会社TBMが開発・製造・販売する石灰石が主原料の新素材「LIMEX」は、炭酸カルシウムなどの無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材です。プラスチックや紙の代替製品を製造する際に使用する石油や水、森林資源など、枯渇リスクの高い資源の保全に貢献することが可能です。

    LIMEX

お問い合わせ

お問い合わせ

新規導入のご相談、サービス仕様のお問い合わせ