5G時代のデータビジネス変革パートナー
「INCUDATA」

データ活用による企業の変革を支援

5G時代を見据えたAI技術やIoTの急速な普及に伴い、企業活動におけるデータ活用の重要性が加速度的に高まっている。

そうしたデータ活用ニーズの高まりを背景に、ソフトバンク株式会社、株式会社博報堂、Arm Limitedは、データ活用による企業の変革を支援する合弁会社「インキュデータ株式会社」」(以下「インキュデータ」)を設立した。

インキュデータは、十分に匿名化されたソフトバンク独自の統計データと博報堂グループが保有する生活者のデータに加えて、Armのカスタマーデータプラットフォーム「Arm® Treasure Data™ CDP」(以下「CDP」)および3社のデータ分析技術と活用ノウハウを掛け合わせることで、データを活用してビジネスを変革しようとする顧客企業をワンストップで支援する。

データ活用による企業の変革を支援
「INCUDATA」とは

関連記事

デジタルトランスフォーメーションと事業創出を支援する新しい枠組み ── 新会社「インキュデータ」のビジョンと使命

通信キャリアのソフトバンク、テクノロジー企業のArm、そして広告会社の博報堂がタッグを組んで新たに設立した会社が「インキュデータ」です。企業のデジタルトランスフォーメーション推進を支援することを目的とするこの新会社のビジョンについて、インキュデータの藤平氏、芳川氏、安藤氏が語ります。

記事を読む

INCUDATAに関する
お問い合わせ