ロケーションデータプラットフォーム
Mapboxが創造する新たな世界

Mapbox

新たなユーザーエクスペリエンスを実現する
ロケーションデータプラットフォーム

Mapboxは、革新的な人工知能(AI)とデータ分析技術を活用したリアルタイムに更新されるライブロケーションマップ、世界中のライブロケーションデータをより早く、クールに表現するためのデータビジュアライゼーションの基盤を提供している。
開発者はこのプラットフォームを介し、IoTデータをはじめとした多様なロケーションデータを活用することで、新たなUI・UXをもたらすロケーションサービスの開発が可能となる。

ロケーションデータプラットフォーム「Mapbox」

MapboxはAPIやSDKを介して、グローバルマップ、リアルタイムでの交通情報・位置検索やナビゲーションなどさまざまなサービスを160万人を超える開発者に提供している。
2010年の設立以降、CNN、Facebook、General Electric、IBM、Instacart、Lonely Planet、Porsche、Snapchat、Tableau、The Weather Channelなど、多くの企業に採用されている。

Mapboxを利用したサービスプラットフォーム例

  • 企業におけるデータ分析用BIツール
  • ドローン会社との連携による高架道路情報の公開
  • 互いの位置情報が把握できるSNSサービス
  • 不動産サイトにおける建物の視覚化
  • 衛星会社の雲を除外する画像処理
  • 保険会社による資産把握
  1. リアライズ未来。
  2. Mapbox
SoftBank for Biz リアライズ未来。
ソフトバンク 「リアライズ未来。」
本サイトは、ソフトバンクに関するさまざまな企業やソリューション、事例、最新情報をお届けするWebサイトです。ソフトバンクでは「リアライズ未来。」をキーワードに、それまでイメージにとどまっていた未来予想をリアリティあるものへと創造していきます。