「MONET」がもたらす、
モビリティ市場の改革と新たなユーザ体験

モビリティの市場が抱える課題

ソフトバンク株式会社とトヨタ自動車株式会社は、2018年10月4日に新しいモビリティサービスの構築に向けて戦略的提携に合意。新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)株式会社」(以下「MONET」)を設立して、2018年度内をめどに共同事業を開始することを発表した。

MONETは、トヨタが構築したコネクティッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、スマートフォンやセンサーデバイスなどからのデータを収集・分析して新しい価値を生み出すソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させ、取得できるさまざまなデータから需要と供給を最適化し、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする未来のMaaS事業を始める。

関連資料ダウンロード

MaaSとは~ソフトバンク独自調査から見る拡がり~

MaaSとは何かについて、ソフトバンクが独自に実施した調査を織り交ぜながら、基本的な情報をまとめています。

資料ダウンロード

MONET TECHNOLOGIESに関する
お問い合わせ

  1. トップ
  2. MONET
SoftBank for Biz リアライズ未来。
ソフトバンク 「リアライズ未来。」
本サイトは、ソフトバンクに関するさまざまな企業やソリューション、事例、最新情報をお届けするWebサイトです。ソフトバンクでは「リアライズ未来。」をキーワードに、それまでイメージにとどまっていた未来予想をリアリティあるものへと創造していきます。