「Treasure Data」で、今この瞬間にも増え続ける
データを競争力に変える

ビッグデータを統合するプラットフォーム

デジタルシフトにより、消費活動の中心はリアルからオンラインへ移行しつつある。 顧客を知るためのカギはデータであることに気づいた多くの企業が、新たな打ち手を模索している。

もっとかんたんにデータドリブンなマーケティングを

そんなニーズを実現するために、ソフトバンクとトレジャーデータ株式会社は手を組み、 トレジャーデータのカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」を中心とした、 DXソリューションを提供している。

「Arm Treasure Data CDP」とは

企業が保有する多種多様なデータを「簡単に収集」「一元管理」「素早く分析」「施策に利用」ができる、クラウド型のデータマネージメントプラットフォーム。

「Arm Treasure Data CDP」とは

関連記事

IoTプラットフォームから生まれる新たなユースケース
SoftBank IoT Developer Conference 2018 講演レポート

2018年11月7日に開催されたソフトバンク主催「IoT Developer Conference 2018」。Armからは太田 一樹 氏が登壇し、「TREASURE CDP」が実装された総合IoTプラットフォーム「Arm Pelion IoT Platform」について語った。

記事を読む

関連資料ダウンロード

事例集

Arm Treasure Data CDPの事例をご紹介します

資料ダウンロード

Arm Treasure Data に関する
お問い合わせ

  1. リアライズ未来
  2. Arm Treasure Data
SoftBank for Biz リアライズ未来。
ソフトバンク 「リアライズ未来。」
本サイトは、ソフトバンクに関するさまざまな企業やソリューション、事例、最新情報をお届けするWebサイトです。ソフトバンクでは「リアライズ未来。」をキーワードに、それまでイメージにとどまっていた未来予想をリアリティあるものへと創造していきます。