予測と来店施策の連携で店舗の未来を変える

小売・飲食事業は今、フードロスや働き方改革など、さまざまな課題を抱えています。
カメラや映像解析プラットフォーム、来店予測などのソリューションを活用することで
店舗の売上向上や店舗運用の効率化に貢献します。

AI需要予測で店舗運営や販促活用に貢献

AI需要予測サービス
「サキミル」

サキミル

売上データと気象データ、人流統計データと連携し、直近の来店客数を予測します。

映像に関するさまざまなな情報を解析、売上の機会損失を防ぐ

AI映像解析プラットフォーム
「STAION」

AI映像解析プラットフォーム「STAION」

カメラ映像から欠品検知やレジ待機人数を解析、バックヤードへ通知。サイネージを見る人の属性や滞留時間の解析で広告効果も確認できます。

複合型可視化ソリューション
「スマートAIカメラ」

複合型可視化ソリューション「スマートAIカメラ」

最大36台のライブ映像を同時視聴可能なカメラソリューション。POSレジの操作や各種センサーの動きと連動できます。

店舗出入口の衛生管理

AI自動温度検知ソリューション
「SenseThunder」

AI自動温度検知ソリューション「SenceThunder」

「サーモグラフィカメラ」と「AI顔認証」を組み合わせたAI温度検知ソリューションです。

ポータブル手洗いスタンド
「WOSH」

ポータブル手洗いスタンド「WOSH」

使用した水の98%以上を、その場で循環するので、水道のない場所でも簡単に設置可能。感染症予防対策に最適です。

活用のイメージ

スーパーでのテータ活用イメージ

スーパーでのテータ活用イメージ

飲食店データ活用のイメージ

飲食店データ活用のイメージ

関連サイト

世界をいい方向へ。全速力で。DX with SoftBank

世界をいい方向へ。全速力で。
DX with SoftBank

ソフトバンクではさまざまなDX事業を推進しています。

ソフトバンクのグループシナジーを最大活用し、お客さまのビジネス課題や社会課題を解決するためさまざまなDX事業を推進しています。