テレワーク導入で企業イメージが向上?
導入前に知っておきたいこと

2019.3.11

テレワークの導入を考えている企業は多数あります。テレワーク導入で企業イメージが向上しますが、導入をする前に知っておきたいのがメリットとデメリットです。特にデメリットを理解したうえでどのように対策を取るのかが企業側に求められます。今回はメリット・デメリット、デメリットへの対策方法をお伝えしていきます。

テレワークとは?

テレワークは英語表記でteleworkになります。teleが「離れた」という意味でworkが「働く」です。つまり「離れたところで働く」ということです。子育てや介護など近年の社会情勢により、企業内ではなく自宅や事務所など社外で働く需要が高まりつつあります。

テレワークのメリット

企業側としてテレワークのメリットは大きく2つあります。

離職の防止

離職をする理由はさまざまですが、介護や子育てなどが理由で離職せざるを得ない場合もあります。企業側としては、せっかく育成した人材にできれば離職してほしくないないのが本音でしょう。介護や子育てとの両立を実現するためにテレワークを活用できるケースもあります。企業と従業員の双方にメリットとなるといえるでしょう。

企業イメージの向上

子育てや介護による離職は社会問題として問題視されていることが多くなりました。働く者にとって、テレワークがある企業は「多様な働き方を許容してくれる会社」という良好なイメージをよりいっそう持てるようになります。企業イメージが上がれば、取引先や顧客などからの信頼性も高まるでしょう。

テレワークのデメリット

テレワークにはデメリットも存在します。意外な落とし穴もあり、テレワークを導入している企業でも頭を悩ませている問題があります。

働いているか確認できない

まず、企業で作業をしていないので仕事の進捗状況が把握しにくい点が挙げられます。働いているのかどうか把握できないのでは、管理のうえから問題となる可能性が高いでしょう。

情報漏えいの可能性

企業のセキュリティ管理下で作業をしている場合は安心ですが、社外の環境となると、情報漏えいの可能性が出てきます。情報が流出してしまうと、賠償金の請求や企業イメージの低下とそれを鎮静させるための対応など多岐にわたるコストが発生します。

評価への不公平感

テレワークは日本ではまだ認知度が低く、企業に来ていない人間が給与をもらっているのは不公平だと感じる人も一定数います。不公平感を感じてしまった従業員は、仕事へのモチベーションが低下し、業務効率も低下してしまう可能性があります。

長時間労働になりやすい

テレワークの場合には、給与は時給制ではなく成果型になることがほとんどです。自宅で自由に時間を使える反面、自身の管理が甘いと結果として長時間労働が発生しやすくなります。

デメリットへの対策方法

それでは、テレワークを実施するうえでのデメリット対策を見ていきましょう。

組織力の維持について

作業をしているかわからない、ミーティングをして話を詰めたいけど連絡がとれない、テレワークの従業員がいる部署では、そんな悩みを持つことがあります。この問題は、法人向けコミュニケーションツールを使うことで解消させることができます。

仕事場所に関わらず随時コミュニケーションを取れるようにしておくと、進捗状況を把握しやすく、組織力の維持にも大きく役立ちます。LINE WORKSなどのビジネスチャットツールは、迅速なやり取りが可能であり、情報共有も容易なことから、現在多くの企業が採用しています。

セキュリティ対策について

セキュリティ対策はさまざまありますが、押さえておきたいポイントがあります。まずは業務用のPCです。テレワーク時にも会社から支給したPCを利用する、もしくは、個人のPCからも安全に業務環境にアクセスできるようなツールを提供するようにしましょう。PCにはウイルス対策ソフトをインストールすること、また指定されたアプリケーション以外はインストール禁止にすることも重要です。

従業員へのセキュリティ意識向上のための講習も必要です。端末やメールなどからのウイルス感染やパスワードの管理方法など、基礎的なところから学ばせる機会を用意しましょう。

業務評価について

また、業務評価の際に、テレワーカーの実際の作業時間を把握したい場合があります。コミュニケーションツールによるやり取りが活発に行われていれば、おおよその作業時間や、効率性を図ることが可能です。そして、出社して働く従業員もテレワーカーにも不公平感が出ない評価基準を作成しておくことは重要です。

テレワークを上手に導入することで広がる可能性

今後、テレワークは多くの企業が導入する可能性が高いと考えられます。テレワークにはメリットもデメリットもありますので、両面を理解し、適切に導入することが成功の秘訣です。

取るべき対策も少なくないので、導入は容易ではないかもしれませんが、テレワークという形を作ることにより、新しい仕事の価値も生まれます。また、企業イメージの向上という効果もありますので、導入を検討してみるとよいでしょう。

あわせて読みたい関連記事

関連サービス

Cybereason

Cybereasonのセキュリティプラットフォームは、エンドポイントのログを収集し、侵入したマルウェアのサイバー攻撃の兆候をリアルタイムに検知することができる、クラウド型のデータ解析プラットフォームです。

詳細をみる

導入事例

  • 株式会社ジンズ 様

    株式会社ジンズ 様

    「Cybereason」の導入で運用負荷を最小限に抑えながらセキュリティを強化

    • 導入サービス:Cybereason
    • 業種:流通
    • 規模:1,001〜5,000人
  • 株式会社 TATERU 様

    株式会社 TATERU 様

    全社のPCと一部サーバに、「Cybereason」を導入。脅威を可視化し、未知の脅威へ対するセキュリティを強化

    • 導入サービス:Cybereason
    • 業種:不動産・住宅
    • 規模:101〜500人
  • 株式会社ベルク様

    株式会社ベルク様

    事業拡大にともないCybereasonを導入しセキュリティ強化、標的型攻撃からベルクカード会員の個人情報を守る

    • 導入サービス:Cybereason
    • 業種:サービス
    • 規模:5,001人以上
biz news

メールマガジン「Biz News」登録最新サービスや事例のご紹介、イベント案内、最前線の情報など、役立つ情報を配信中。

個人情報の取り扱いについて

本フォームにご入力頂いたお客さま情報は、個人情報保護法および、当社プライバシーポリシーに従い適切に管理いたします。 ソフトバンク株式会社「個人情報保護のための行動指針

お預かりしたお客さま情報は以下の目的に限り使用いたします。

  • ・弊社取り扱い製品、サービス、セミナーなどに関する情報のご案内
  • ・お問い合わせや資料請求への対応
  • ・今後の販売活動のためのマーケティング・分析活動

お預かりしたお客さま情報はお客さまご本人から、当社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願いいたします。

ソフトバンク 法人のお客さま向けサービス・ソリューション