人権

GRI(Global Reporting Initiative)の「サステナビリティレポーティングガイドライン第4版」の開示要請項目に対応した情報が掲載されているソフトバンクグループ各社WEBページを記載しています。

  • 報告の範囲

    ソフトバンクグループ株式会社(以下「SBG」)、Sprint Corporation(以下「スプリント」)および「グループCSR連絡会」メンバー企業

  • CSR推進体制
項番 要求事項 開示内容
社会
人権
投資
G4-HR1 重要な投資協定や契約で、人権条項を定めているもの、人権スクリーニングを受けたものの総数とその比率
G4-HR2 業務関連の人権側面についての方針、手順を内容とする従業員研修を行った総時間(研修を受けた従業員の比率を含む)
非差別
G4-HR3 差別事例の総件数と実施した是正措置
結社の自由と団体交渉
G4-HR4 結社の自由や団体交渉の権利行使が、侵害されたり著しいリスクにさらされているかもしれないと特定された業務やサプライヤー、および当該権利を支援するために実施した対策
児童労働
G4-HR5 児童労働事例に関して著しいリスクがあると特定された業務やサプライヤー、および児童労働の効果的な根絶のために実施した対策
強制労働
G4-HR6 強制労働事例に関して著しいリスクがあると特定された業務やサプライヤー、およびあらゆる形態の強制労働を撲滅するための対策
保安慣行
G4-HR7 業務関連の人権方針や手順について研修を受けた保安要員の比率
先住民の権利
G4-HR8 先住民族の権利を侵害した事例の総件数と実施した措置
人権評価
G4-HR9 人権レビューや影響評価の対象とした業務の総数とその比率
サプライヤーの人権評価
G4-HR10 人権クライテリアによりスクリーニングした新規サプライヤーの比率
G4-HR11 サプライチェーンにおける人権への著しいマイナスの影響(現実のもの、潜在的なもの)および実施した措置
人権に関する苦情処理制度
G4-HR12 人権影響に関する苦情で、正式な苦情処理制度により申立、対応、解決を図ったものの件数