2015年5月 東日本大震災 被災地の今

ソフトバンクグループでは、東日本大震災で被害を受けられた皆さまへの支援のために、公益財団法人 東日本大震災復興支援財団の「『あの日』を忘れない宣言」の趣旨に賛同し、皆さまと共に継続的な支援を続け、被災地の現状についてお伝えします。

被災地の今 2015年5月

ふたば未来学園高等学校開校式「変革者たれ」

福島県双葉郡広野町

ふたば未来学園高等学校開校式「変革者たれ」
ふたば未来学園高等学校開校式「変革者たれ」

2015年4月8日、「東北に春を告げる町」として知られる福島県双葉郡広野町にて中高一貫校「福島県立ふたば未来学園高等学校」 の開校式・入学式・レセプションが行われました。高校の新設は、通常なら5年以上の準備期間を要するそうですが、実質1年での開設となりました。2018年の新校舎完成まで、高校は福島県立双葉郡広野町立広野中学校の校舎を借り、広野中学校は広野小学校の校舎を間借りします。まさに地域全体で新しい高校を受け入れることになったその背景には、震災と原発事故から4年が経った現在も、先を見通すことが難しい地元の方々の深い苦しみがあったと思います。

思い起こせば2012年12月18日に福島県双葉地区教育長会が設置を決定した「福島県双葉郡教育復興に関する協議会」にて「主体的にふるさとの復興を担う『生き抜く力』を身に付けるには、魅力ある学校づくりをはじめとした双葉郡ならではの復興教育を進めることが必要」として教育復興ビジョン実現に向けての議論が始まりました。しかし、被災状況が異なる双葉郡の八つの町村にそれぞれの思いがあり、なかなか意見は一致しませんでした。

それを打開したのは子どもたちの力でした。
当事者である子どもたちや保護者の方々の率直な意見を反映させるため、対話の場として「双葉郡子供未来会議」を10回以上開催しました。小学生から高校生までの地元の子どもたちの声や思いに大人たちが丹念に耳を傾け、共に考え、対話を続けることで徐々にビジョンを形作ってきました。
入学式後の新入生主催のレセプションでも、オープンな対話形式は受け継がれるなど「子どもたちと共に対話すること」がこの地の復興に息づいています。

「自らを変革し、地域を変革し、社会を変革する『変革者たれ』」。
初代校長になられた丹野校長が建学の精神として掲げたメッセージと校舎の外の雪と桜が新しい時代をつくるであろう子どもたちの未来を照らしていました。

仮設住宅内で子どもに「まなび場」を提供

宮城県仙台市

NPO法人 アスイクでは、2011年4月から宮城県仙台市内の避難所や仮設住宅で暮らす家庭の子どもを対象に居場所づくりと学習サポートを行っています。また、休日には民間企業や市民講師と連携して、職業体験や金銭教育などの課外プログラムも実施しています。2014年度までの4年間で、参加した子どもは366名、ボランティアは372名、活動回数は総計2,077回に上り、仙台市内の仮設住宅で唯一、活動を続けている団体です。

活動のきっかけは、東日本大震災後に満足な環境で勉強することができない子どもたちに、避難所内でも安心して勉強ができる「まなび場」を用意したことでした。経済的負担の少ない「まなび場」を多くの子どもに提供したいという思いから今日に至ります。

代表の大橋 雄介さんは、「参加者の中には、単にお金に余裕がなく塾に行けない子どもだけではなく、震災によって自分の感情にふたをしていたり、DV(ドメスティック・バイオレンス)など辛い過去を背負っている子どももおり、家庭環境や成育歴が複雑な場合も多くあります。だからこそ、この『まなび場』を通して、子どもたちが安心できる場所や人間関係をつくり出すことを大切に活動してきました。また、学習支援を通じて生まれた孤立しがちな家庭とのつながりや信頼関係を生かし、地域のさまざまな機関と連携して、多様な生活課題を軽くしていくことにも力を注いでいます」と活動について語ってくださいました。

昨年秋の課外プログラムでは、企業や非営利団体が連携して、「起業体験プログラム」を実施しました。子どもたちが中心となり、宮城県の特産品を販売する店舗の企画から仕入れ・販売までを一貫して手掛け、最後は、東京都港区赤坂のマルシェでプロに混ざって販売をするなど、本格的なプログラムとなりました。

参加した子どもからは、「人と話すのが苦手だったけど、話す自信がついた」、「将来、小売りの仕事をやりたかったのでイメージが湧いた」、「世の中はそこまで甘くないと思った」など、さまざまな感想が出てきました。

震災の発生から4年が経過し、仮設住宅内の「まなび場」は6カ所から1カ所に減っていますが、NPO法人 アスイクは学びたいと思う子どもがいる限り、「機会」と「つながり」を提供し続けていきます。

仮設住宅内で子どもに「まなび場」を提供

現在の取り組み

ソフトバンクグループでは、現在も災害により被害を受けられた皆さまへの支援を行っています。取り組みの内容については、以下をご覧ください。

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。