2015年6月 東日本大震災 被災地の今

ソフトバンクグループでは、東日本大震災で被害を受けられた皆さまへの支援のために、公益財団法人 東日本大震災復興支援財団の「『あの日』を忘れない宣言」の趣旨に賛同し、皆さまと共に継続的な支援を続け、被災地の現状についてお伝えします。

被災地の今 2015年6月

「東北風土マラソン&フェスティバル2015」開催

宮城県登米市

2015年4月26日、宮城県仙台市から車で2時間の場所に位置する宮城県登米市で「東北風土マラソン&フェスティバル2015(Tohoku Food Marathon and Festival 2015)」が開催されました。「ランナーも、ランナーじゃなくても楽しいお祭り」をテーマに、春の田園風景の中、東北各地の名物グルメを食べ、日本酒の仕込み水を飲みながら走るマラソン大会です。国内のみならず、世界中から参加者を集めることで、東北復興の一助になることを目指しています。またマラソンだけでなく、地元グルメの飲食・物販ブースが並ぶ「登米フードフェスティバル」や東北の日本酒が勢揃いする「東北日本酒フェスティバル」、酒蔵見学や南三陸の沿岸部を巡るツアー「東北風土ツーリズム」も同時開催されました。

当日は、快晴の中、2,746名のランナーがマラソン大会に参加し、約80店の飲食・物販ブースが出店しました。マラソンコース上では、ソフトバンクモバイル株式会社が提供する「かざして募金」を活用したクイズラリーも実施され、宮城県登米市にまつわるクイズに回答したランナーに宮城県産の米(ひとめぼれ)がプレゼントされました。

参加者からは、「マラソン大会に参加するため、関東から来ました。コース途中の給水・給食所で東北の名物を食べ尽くし、こんなに満腹になるマラソン大会は他にないです。」「登米市の風景を見ながら、飽きることなくフルマラソンを完走することができました。復興支援のために今後も続けてほしいです。」などといった感想が挙がり、多くの方が東北を五感で満喫したようでした。

「東北風土マラソン&フェスティバル2015」実行委員会副委員長の竹川 隆司さんは、次回開催に向けて「来年は東日本大震災後5年の節目となります。おかげさまで今回は前回比2倍以上の規模となり、質の向上も同時に実現することができました。節目となる来年は、海外も含めより多くの方々に東北に足を運んでもらい、東北の“風土”と“Food(食)”の魅力を感じてもらえるように、食のさらなる充実と日本酒のバリュエーションを拡大するとともに、同時開催イベントの充実も図っていきたいと思います。」と抱負を語ってくださいました。

「東北風土マラソン&フェスティバル」は、来年の春にも開催を予定しており、東北復興を後押しするイベントの一つとなっています。

「東北風土マラソン&フェスティバル2015」開催

1,000人のチェロで届ける鎮魂と復興の願い

宮城県仙台市

2015年5月24日、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台で「第5回 1000人のチェロ・コンサート」が開催されました。本コンサートは、東日本大震災の鎮魂と復興支援を目的とし、特定非営利活動法人国際チェロアンサンブル協会(ICES)が共催しています。

「1000人のチェロ・コンサート」は、1995年に発生した阪神・淡路大震災から3年後の1998年11月に神戸で第1回目が開催され、今年で5回目を迎えました。もともと阪神・淡路大震災の復興支援を掲げてスタートしましたが、東日本大震災を受けて、2011年11月より20~30名規模のチェロアンサンブルで被災地を巡る東北キャラバンを6回実施しており、今回はその集大成のコンサートとなりました。一方、本コンサートでは、被災地域から参加する方の参加費免除や、東北各県から参加する高校や大学の音楽科在学生と学生オーケストラの参加費を優待するなど、東北の方が参加しやすい取り組みを行っています。

会場には、宮城県仙台市の画家 加川 広重氏が被災地をイメージして描いた縦5メートル、横16メートル余りの3枚の絵が掲げられました。そのうちの1枚は、津波によって鉄骨だけとなった南三陸町の防災対策庁舎が描かれ、鎮魂の思いとふるさと再生への希望を表現しています。
参加者は日本だけでなく、世界中のチェリストがプロ・アマチュア問わず国や年齢を超えボランティアで集まりました。コンサートでは、チェロの合奏によるモーツァルトの作品が演奏されたほか、宮城・岩手・福島3県の高校生による合唱団も加わり、約1,000人による「千の風になって」など、計11曲が披露されました。

国際チェロアンサンブル協会は今後もチェロ演奏を通じて、東北へ励ましの音を届けたいという思いで復興支援活動を続けていきます。

1,000人のチェロで届ける鎮魂と復興の願い

現在の取り組み

ソフトバンクグループでは、現在も災害により被害を受けられた皆さまへの支援を行っています。取り組みの内容については、以下をご覧ください。

  • 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。