リスクマネジメントについての考え方

通信関連事業を担うソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)では、平常時からリスクの低減と未然防止に努め、重大なリスクが発生した場合には人的・社会的および経済的被害(損失)の極小化を図り、迅速かつ適切に対応するため、「リスク管理規程」を定めています。また、この規程に基づいて各リスクに対応する責任部門を設置するなど即応体制を整備・維持しています。

基本的枠組み

ソフトバンクでは、総務本部 コーポレートセキュリティ部により、(1)年度方針・計画の策定、(2)実施および運用/教育・訓練の実施、(3)点検および是正措置、(4)経営層による見直しのPDCAサイクルでリスクの全体管理を行っています。

重大なリスクについて

ソフトバンクでは以下のようなリスクを想定し、事業活動を行う上での重大なリスクに対して、日々リスクの低減と未然防止に努めています。

  • ネットワーク系業務の障害・事故
  • 情報システム系業務の障害・事故
  • 通信の秘密および個人情報を含む情報漏えい
  • 営業に関わる重大な障害・事故
  • 大規模災害(地震・火災・風雪水害)
  • 武力攻撃やテロ等に伴う緊急事態
  • 従業者の重大な事故・不祥事
  • 疫病の流行等
  • 重大な違法行為・コンプライアンス違反
  • 著しくブランドを失墜させるマスコミ報道
  • 重大なブランドの失墜に関する事象
  • プロダクトに関わる重大な障害・事故
  • その他業務遂行に継続的な支障を引き起こす重大なリスク
[注]
  • これらは事業活動に伴うリスクの一部です。詳細は、「事業等のリスク」をご確認ください。