社長メッセージ

今、そして未来を見据えて。

ソフトバンク株式会社 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙

今から10年前の社会は、一体どのような社会だったのでしょうか。スマートフォンが発売されたのもこのころでした。発売時、多くの人々は、10年後にスマートフォンが私たちの生活には必要不可欠な存在になるとは想像しなかったことでしょう。今、私たちの身の回りには数えきれないほどのテクノロジーが溢れています。この先も想像もできない速さで発展を遂げ、私たちの生活は変わっていくでしょう。

私たちは、その社会を見据えて「Beyond Carrier」という戦略を掲げています。「Beyond Carrier」それは、今まで以上にお客さまとの深い信頼関係を構築するため、通信キャリアとして培ってきたノウハウと、情報革命をけん引する企業だからこそできるAIやIoTなどさまざまな最先端テクノロジーを活用し、新たな価値を提供すること。そして、社会が抱えている課題を解決することで、全ての人々が自分らしく幸せに暮らすことができる社会づくりに貢献したいと考えています。

自分らしく過ごすことができる社会づくりのためソフトバンクでは、「Smart&Fun」をスローガンに掲げ、その一例としてソフトバンク流働き方改革を推進しています。最先端テクノロジーを駆使することで、場所や時間を越えて、誰もが一人一人最大限の能力を発揮できる多様なワークスタイルが実現可能であると信じています。

世界が今、2015年国連サミットで「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されるなど、未来を見据えた社会課題解決に向けた動きを加速させています。ソフトバンクも人々の笑顔あふれる豊かな未来を作るために、志を同じくするグループ企業と共に、私たちが持つ強みを生かし、5つの重点領域を定めました。私たちは、地域に寄り添いニーズに耳を傾け、情報革命の力を信じ、「Beyond Carrier」を元に、誰もが便利で快適な生活を享受できる社会づくりのために真摯に社会課題の解決に取り組み、それらを通じてSDGsの目標達成への貢献を目指します。

2018年9月
ソフトバンク株式会社
代表取締役 社長執行役員 兼 CEO
宮内 謙