仕事と育児の両立支援に関する方針

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)では、従業員が仕事と育児を両立できる職場環境づくりに取り組むため、育児支援制度のポリシーや、次世代育成支援対策推進法に定められた一般事業主行動計画を定めています。

育児支援制度のポリシー

「育児という家庭での責任を果たしながら働き続けていきたい」という意欲ある人を支援することを基本的な考え方とし、以下二つを育児支援制度のポリシーとして掲げています。

  • 育児を行う従業員が、さらに成長意欲を持ってモチベーション高く仕事に取り組める仕組みづくり
  • 育児が阻害要因となり、退職や本来の能力が発揮できないような状況を回避する仕組みづくり

妊娠や育児中の従業員も他従業員と同じように、活躍を期待し育成していくために、仕事と育児の両立支援に重点をおいて、育児支援制度を検討していきます。

「一般事業主行動計画」と「次世代認定マーク(くるみん)」の取得について

少子化対策と次世代の社会を担う子どもが健やかに育まれる社会環境づくりを目的として、「次世代育成支援対策推進法」が平成17年4月に施行されました。

この法律では、国・地方公共団体だけではなく、一定数以上の労働者を雇用する事業主に対して、仕事と育児の両立を図るための「一般事業主行動計画」を策定・実施することを義務付けています。

行動計画目標を達成し、一定要件を満たした場合には、厚生労働大臣より「子育てサポート企業」として認定を受けることができます。

ソフトバンクは、この行動計画目標(第2期行動計画)の一定要件を満たし、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣より認定され、「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」を取得しました。
続いて第3期行動計画においても目標を達成し、現在も継続した取り組みとして、2015年9月1日~2018年3月31日を計画期間とした第4期行動計画を策定・推進しています。

これまで仕事と育児の両立支援制度の導入や利用を推進してきた結果、2017年2月には、高い水準の取り組みを行っている企業が評価される「特例認定マーク(愛称:プラチナくるみん)」を取得しました。
今後もより一層仕事と育児の両立支援に積極的に取り組んでまいります。

第4期行動計画概要(2015年9月1日~2018年3月31日)

  1. 男性の育児にかかわる休暇・休業取得促進のため、制度の周知や情報提供の実施
  2. 育児中社員が働きやすい環境をつくるため、管理職の意識向上に向けた施策の実施

これまでの取り組み