人事ポリシー

ソフトバンクグループは「300年成長し続ける企業グループ」を実現するため、行動指針となる「ソフトバンクバリュー」を掲げています。従業員がやり甲斐を持ちながら、能力を最大限に生かし、活躍できる人事施策推進のための指針を定めています。

ソフトバンク株式会社

ソフトバンクでは、継続的な事業の成長・成功を実現するため、勝ち続けることができる組織であることが不可欠であり、従業員が常に元気で活力にあふれた集団であることが重要と考えています。ソフトバンクならではの活力を生み出すため、チャレンジする人の可能性を支援し、成果を出した人にはしっかりと応えます。

「勝ち続ける組織」の実現

300年続く企業になるために、「勝ち続ける組織」を実現します。
決して大企業病になってはダメ。
永遠のベンチャーマインドを持ち続け、全員が変化を楽しみ、
ワクワクしながら、目標に向かって進む。
そんな活力あふれる組織を追求し続けます。

「挑戦する人」にチャンスを

自らの成長に向けて挑戦する人を本気でバックアップします。
チャンスをつかむのは自分次第。
失敗を恐れずに、どんどん挑戦してほしい。
個性あふれる人材が集い、切磋琢磨し、挑戦する人が成長できる機会をガンガン提供し続けます。

「成果」に正しく報いる

仕事の成果に正しく報います。
実力と意欲があれば、活躍の場は無限大。
年齢・性別・国籍・学歴なんて関係ない。
がんばって活躍したら、活躍した成果の分、きちんと報います。