ソフトバンク コマース&サービス株式会社

プレスリリース 2014年

ソフトバンク コマース&サービス、
Windows® Server 2003サポート終了に関する
技術的支援などの相談を行う
「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」を開設

2014年7月15日
ソフトバンク コマース&サービス株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)は、2015年7月15日に予定されている「Windows® Server 2003」および「Microsoft® Office 2003」のサービスサポート終了に伴い、法人ユーザーのOS移行に関する技術的支援などの相談を行う「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」を2014年7月15日に開設します。

2015年7月15日にサポートが終了する「Windows® Server 2003」は、現在X86系サーバーを使用する法人全体の約23%が利用しています。サポート終了後はウイルス感染の脅威や不正アクセスのリスクが高まる恐れがありますが、企業で利用しているサーバーの「Windows® Server 2003」OSを一斉に移行するには、社内で導入している専用システムや利用アプリケーションの新OS対応およびバージョンアップなどが必要で、特に企業のクリティカルなシステムであるサーバーの移行には大きな労力とコストがかかります。

「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」では、「Windows® Server 2003」から「Windows® Server 2012」への移行に関し、ソフトウエア、ハードウエア、セキュリティーなどの問い合わせ窓口を一元化してお客さまのニーズに沿った要件の可視化を行い、移行の際に必要となる新たなソフトウエア、ハードウエアの導入作業を行います。また、サーバー移行時のアプリケーション事前動作検証環境として「Enterprise Hardware Laboratory(EHL)」の提供を行うため、アプリケーションの稼動対応可否を確認いただくことが可能です。さらに、ソフトバンク C&Sがこれまで培ってきた豊富なノウハウを生かしたコンサルティングサービスの提供や、ワークスタイルの変革を実現する仮想化ソリューション、クラウドサービス型オフィスソリューション、モバイルソリューションなどの提案により、業務の効率化による生産性向上や新たなワークスタイルおよびビジネス環境をワンストップで提案し、法人ユーザーによるサポート継続期間内のサーバーの移行を支援します。

[注]
  • IDC Japan「2013年Q2 Quarterly Server Forecast」(2013年)より出典

「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」の開設にあたり、以下の企業よりエンドースメントコメントをいただいています。

日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務 ゼネラルビジネス担当 高橋 明宏様
日本マイクロソフト株式会社は、「ソフトバンク C&S サーバー マイグレーションセンター」の開設を歓迎します。本センターは、企業ユーザーが情報システム基盤を安全に維持継続するために有効な取り組みです。「Windows® Server 2003/R2」から最新環境である「Windows® Server 2012 R2」への移行が推進されるとともに、「Office 365」「Microsoft® Azure」が本センターのサービスとして提供されることにより、企業ユーザーのクラウド活用が促進されることを期待しております。
日本ヒューレット・パッカード株式会社 執行役員 HPサーバー事業統括本部 事業統括本部長 手島 主税様
日本HPは、ソフトバンク C&Sの「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」開設を心から歓迎いたします。今後、本センターを両社協業の基軸として、お客さま・販売パートナーさまに対するサーバーの提案機会の増加、および仮想化ビジネスの拡大を推進し、日本のお客さまのビジネスリスクの低減や、ビジネス機会の獲得を支援して参ります。
APPZERO SOFTWARE, INC. President & CEO グレッグ・オコナー様
「ソフトバンク C&S サーバー マイグレーションセンター」のソリューションに当社のアプリケーション移行ソフトを加えていただき大変うれしく思います。Microsoft推奨のAppZero製品を備えることで、「Windows® Server 2003」上で稼働中のアプリケーションの「Windows® Server 2012 R2」や「Windows® Azure」などの新しい環境への移行作業にもたらす利点は計り知れないものがあるはずです。

ソフトバンク C&Sは、今後も「Windows® Server 2003」ユーザーのスムーズなサーバー移行を支援していきます。

「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」の特長

  • 移行に関する問い合わせ窓口の一元化(ソフトウエア、ハードウエア、セキュリティーなど)
  • アプリケーション事前動作検証環境「Enterprise Hardware Laboratory(EHL)」の提供
  • 移行の際に必要となる新たなソフトウエア、ハードウエアの導入作業
  • ソフトバンク C&Sがこれまで培ってきた豊富なノウハウを生かしたコンサルティングサービス
  • ワークスタイルの変革を実現する仮想化ソリューションの提案やクラウドサービス型オフィスソリューション、モバイルソリューションの提案など

Enterprise Hardware Laboratory(EHL)について

Enterprise Hardware Laboratory(EHL)では、サーバー移行の際に必要となるアプリケーションの事前検証環境を提供します。サーバーOS移行の際に課題となるのは、稼働するアプリケーションの対応の可否です。移行の台数は少ないながらも、アプリケーションの重要性はクライアントPCとは比較になりません。サーバー検証センターでは、ユーザーのサーバーアプリケーション移行の支援を目的に、検証/テスト環境の提供を行います。

「ソフトバンク C&S サーバーマイグレーションセンター」URL

お問い合わせ先

  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。